生命保険の約款は保険契約の約束、提案書に誤魔化されない真実がある。

CIMG1552

生命保険の約款、保険は形のない商品です。保険契約と言いますが言わば約束です。

約束の内容は提案書や保険証券に書いてあるとは言いますが、約束の細部は約款という老眼鏡なしでは読めない書類に規定されています。

なかなか専門家でも判断に迷うケースもあります。約款を読んで理解しましたという契約者はいないでしょう。

生命保険契約の内容をはしょっておいしいところだけを並べたものが提案書です。

提案書でも約款のように細かい字で書いてあるところに重要なお知らせが書いてあったりします。読んでも意味が分からないことがよくあります。個人契約でも法人契約でも出たとこ勝負でそのときに考えるしかないという面があります。

それでも生命保険契約の約款を読んでおくことをお勧めします。

手順前後ということがあります。ちょっとの工夫や知識が保険金を受け取れるかどうかに関わるときがあります。ここから先は保険の専門家の領域でしょうか。それでも約款、されど約款、一度熟読しておく価値はあります。

生命保険の約款はやはり入院してから読むものではなく、契約する時点で読んでおかなくてはなりません。例え意味がわからなくても気にしなくてよいのです。約款を読むことで生命保険契約の奥深さがわかります。例え解約を前提としていても、それでも生命保険の約款は読む価値があります。提案書だけでは情報に偏りが出ます。ここは注意のところです。

Pocket

カテゴリー: 保険余話 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA