税理士の先生も生命保険は利益相反。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

税理士の先生も生命保険は、昨今士業の先生方は資格はとれど飯食えずの方も多いと聞きます。

世間には税理士の先生も増えました。

結局資格より営業力でありプレゼン能力が収入の道を分けるようです。

積極的に生命保険提案をする先生と保険契約に関わることを良しとしない先生がいらっしゃいます。また保険契約は知り合いの代理店に振ってしまって関わらないようにされる先生もおられます。

原因は大きく二つあるでしょう。一つはコミッションの問題、代理店との共同募集になっていると割合にもよりますがかなりの一時的な収入が見込めます。

ここに利益相反という意識が生まれ積極的に売り込むことを厭う気持ちが生まれます。

今一つの要因は保険契約にかかるリスクと保守の手間でしょうか。自分がすすめたという意識が責任感につながり財務的な結果として現れます。生命保険は状況が時期とともに変わって行くものですから今は良くても何年後かには問題化したり見解の相違で当局に指摘されるリスクがあります。

税理士の立場では適正納税でありグレーゾーンに手を出したくない気持ちは理解できます。有資格者としてのプライドとして生命保険のコミッションを当てにするようなコンサルテーションはできないといったところでしょうか。

その結果法人保険のツボを押さえることができる税理士の先生は少ないし、ましてや保守を含めて抜かりなく対応できる先生はまだ出会ったことがありません。私の実感からすると税理士の先生は生命保険のプロにはなり得ないという結論になります。もう一つ付け加えると税理士法人と組んでいる保険代理店は一歩引けていてどうも対応能力として親身でなく信用なりません。

Pocket

カテゴリー: 保険余話 パーマリンク

税理士の先生も生命保険は利益相反。 への0件のフィードバック

  1. ピンバック: FPが独立すると利益相反で困る理由 | 保険は相談するな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA