医療保険の致命的なデメリットを3つあげると

CIMG1581

医療保険の致命的なデメリットを3つあげると。

医療保険がはやりです。どうも医療保険は好きになれません。そう言いながら実は個人のガン保険できわどいながらも結局保険金が出て大いに助かったことがあります。

ガン保険は基本的に90日免責です。ガン保険に加入して90日以内にガンの確定診断がでると保険金は支払われません。

ガンの確定診断は医師のさじ加減で微妙な場合があります。しかしガン保険の90日免責があるからといって疑わしい診断がくだっているとき手術を延期する人はいません。

数日のことでガン細胞が転移して再発リスクが高まるかもしれないと思うと居ても立ってもいられないのが普通の心理です。

手術すればその場でガンの判定をして切除する範囲を決めます。つまりその時点でガンであることはわかっていますがガンの種類を病理検査で調べるため確定診断は検査結果が届いてからというケースもあります。

知識があれば診断書を書いてくれる担当医に確定診断の時期を相談することもできます。世の中融通性と知恵比べなのです。

そうそう医療保険のデメリットですね。

普通は掛け捨て払い損です。お金持ちは入ってはいけません。終身保険や養老保険のように最終的には必ず元が取れる保険とは違います。

特にガンは治った後の通院に何年も大きなお金がかかります。うちの場合毎年医療費控除の申告で数万円還付されるくらいです。入院期間も驚くほど短期化しています。

また後期高齢者の医療費負担は公的にかなりカバーされます。医療保険より貯金です。致命的なデメリット3つを要約すれば掛け捨て、入院短期化、後期高齢者は貯金しだい。

要するに元が取れない投資になります。ただ医療費にも事欠く場合、大病の備えとして医療保険は意義があります。でもそのケースでは保険料が捻出できないか。

 

Pocket

カテゴリー: 保険余話 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA