社員なのに個人事業主|保険業界の通用しない当たり前。

CIMG1565

社員なのに個人事業主、保険業界の前線で生命保険を売る営業は基本的に個人事業主です。

自分で確定申告をする方がほとんどでしょう。しかし社会保険は会社持ち、退職金もありますから見た目は社員です。保険会社によって違うとは思いますが成果報酬型であることに変わりはないでしょう。結果がでなければ赤字決算、資格転落、退職か困窮が待っています。

社員のような縛りは沢山ありますが待遇は個人事業主なのです。

そこに定着率の悪い原因があります。ある程度の基礎的な顧客をつかまないと生きていけないのですが、そんな悠長な余裕は与えられないのが厳しいところ。

結果として営業職員の入れ替わりは激しく質は限りなく低下します。できなければ知り合い親戚一同を回り一巡すれば自爆するしかないのです。

自爆とは自分の給料で保険料を払うようなタコが自分の足を食べるような悲しい仕組みです。それもお金に限界がくればそれでおしまい。もちろん皆がそうとは言いません。念のため。

保険業界に属する人は多いのですが、生保でも損保でも2種類に人間に分かれます。直接顧客に出向き保険契約を成立させて成果報酬としての給料をもらう人と内勤と言う場合もありますが、管理したり事務をこなす固定給の社員がいます。

総じて言えることは営業職員のほうが品質も給料も低いということです。そして固定給の管理職に尻を叩かれながら駈けずり回るのが保険営業の姿です。当然転勤もある内勤社員と営業職員との間には埋めがたい溝があります。

構造的に根が深い対立もあるということですが、あまりにも定着率が低いので問題が表面化することすらないのが現実と言えるでしょう。

Pocket

カテゴリー: 保険余話 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA