気安く贈与する失敗が招く家庭不和。

CIMG1825

気安く贈与する失敗、贈与税がかかるかからないに関わらず贈与すれば何も考えていない子等が相続財産を意識するようになります。

親の方がまだ十分に財産を把握していないうちに子供は相続関係の本を購入して勉強を始めあれこれ言ってくる訳です。

にわかコンサルタントになり節税の妙案を提案するようになります。親の金目当てほど露骨ではないにしろ親切そうにアドバイスをします。

子に贈与したり遺産を渡すのは仕方がないですがどのように渡すのかどのように分けるのかは親の権利です。

のらりくらり「いくらあるかわからんなあ。」とか相続税がかかるほども財産はないとか言い逃れをして先送りしますが病気でもすると考えがぐらつき子等も矢の催促をするようになります。

親切心が本音に変わり金欲しやのアドバイスに変わっていきます。陰にはやりくり苦労の配偶者がいるとしたものです。この辺から家庭不和の原因になります。

遠慮がなくなると思いやりもなくなります。

気安く贈与するのも失敗

につながりやすいですが、のらりくらりを続けすぎると恨みを買います。

贈与は時機を見て本当に困っているときに助けてあげること、または小金でこまめにあげることのどちらかですね。

贈与、贈る気持ちともらう側の腹積もりが複雑怪奇。

Pocket

カテゴリー: 贈与と保険 パーマリンク

気安く贈与する失敗が招く家庭不和。 への0件のフィードバック

  1. ピンバック: 贈与税の税率は高くないが贈与は親子の縁をを軋ませる本音の理由。 | 保険は相談するな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA