生命保険は失効するのもテクニック。

CIMG1831

生命保険は失効するのもテクニックです。

個人ではあまり失効テクニックを使うことはないと思います。例えば保険料が払えなくなった結果、意図せずに失効してしまった場合でも3年以内にそれまでの保険料をまとめれ払えば復活できるということは知識として知っておいても損はないでしょう。

生命保険が一度失効すると復活するためには一定の診査が必要になります。診査で引っかかるようなことがなければ復活ができるということになります。

法人では期ごとの利益を調整したい場面では、生命保険の失効は結構使えるテクニックです。

逓増定期などで解約返戻率がピークをむかえるが今年度に解約すると雑収入が出すぎて具合が悪いという場合です。失効させておいて解約返戻金の受け取りを繰り延べすると費用と雑収入が釣り合うことで税金というコストが削減できます。

具体的なケースで申し上げると、費用のかかる年度に解約を延期するというような場合として様々なケースが想定されます。来期に工場建設を予定していたり、役員の退職慰労金支給予定があるような場合です。

生命保険を失効させるための注意事項は銀行の口座振替にしていた場合は払込方法の変更をしておく必要があります。

また生命保険が失効した場合、保障はなくなりますが解約返戻金はそのまま固定されます。

当然のことながら失効期間中解約返戻金が増えることはないですが、没収されたり減額されるようなこともありません。但し固いことを言えばそのまま失効後3年以上放置すると権利を失うようなことが約款には記載されています。いわゆる消滅時効です。生命保険会社も客商売ですから契約者のお金に手を付けるようなことはしませんが、目的を達成したら速やかに解約し憂いをなくしておくことが重要です。

生命保険の失効は使えるテクニックですがやりすぎないことです。

Pocket

カテゴリー: 法人保険 パーマリンク

生命保険は失効するのもテクニック。 への0件のフィードバック

  1. ピンバック: 法人保険を失効させたければ口座振替はやめなさい | 保険は相談するな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA