やりすぎ相続税対策が招く3つの罪。

CIMG1952やりすぎ相続税対策が招く3つの罪について掘り下げます。

生命保険以外の相続税対策は納税キャッシュを確保してからでないと相続人が困ることになります。

基礎控除を越えて相続税がかかるからといってアパート経営に手を出したりするとやけどする元になります。

やりすぎ相続税対策が招く罪を3項目に要約すると

1)相続税の納税資金が足りなくなる。

2)相続財産の分割が難しくなる。

3)相続対策がおろそかになる。

一つ目説明をすると相続税対策として不動産投資をする場合、アパートを建て賃貸すると大きな評価源が見込めます。でもそれは換金性が下がり実勢の価値が下がったからにほかなりません。駅前の一等地なら換金性も高く入居者もあるでしょうがそうでない土地に皮算用で投資しても将来的に採算割れや入居者不足となり借りた金も返せなくなることがあります。

今や改正により物納も難しい時代ですから熟慮が必要です。また不動産投資を相続税対策に利用すると相続財産の分割が円滑にできないことが考えられます。

現金や生命保険ではそれはありません。3番目の懸念は相続対策がおろそかになるケースがあります。

相続税対策と相続対策は別のことです。

争族にならないよう相続対策が必要ですが、コツコツ積み上げて行う生前贈与や保険加入による相続対策が手薄になります。

不動産投資などの相続税対策の話に乗ると一気呵成にやってしましまいますから後先が見えなくなり、細かい部分が抜け落ちた気配りできない相続対策になやすいのです。やりすぎ相続税対策が招く3つの罪は決して軽くないのです。困るのは後に残された相続人ですからね。

Pocket

カテゴリー: 相続と保険 パーマリンク

やりすぎ相続税対策が招く3つの罪。 への0件のフィードバック

  1. ピンバック: 相続対策を弁護士に相談する間違い。 | 保険は相談するな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA