生命保険の解約返戻金はいざという時会社を助けるキャッシュフロー

法人契約の生命保険の解約返戻金はいざという時会社を助けるキャッシュフロー。

中小企業は景気に左右され波間に浮かぶ小舟のようなもので、世の中の風向きが変わるとあっという間に利益がでなくなりキャッシュフローに窮します。

為替の影響でも一気に経営が悪化します。円安倒産も実際かなりの勢いで増加しています。

経営というものはもともと安定はあり得ないものとして解約返戻金で万が一の備えをどこまで手厚くするかということになりますCIMG1981

利益がでているときに多額の税金を払っても景気が悪化したからといってお金が返ってくるわけではないのです。

生命保険に投資しておけばいざという時、解約返戻金というキャッシュが会社を助けることになります。本業の営業利益は赤字になりますが営業外収益の項目に解約返戻金が入ることで経常利益をプラスにすることができます。

銀行からは質問がきます。詳しく言う必要はないので非経常的な利益ですとでも回答しておきます。

生命保険の解約返戻金で数年は体裁ができるでしょうが、経営体質を利益がでる構造に改革しない限り早晩枯渇するキャッシュです。

経営の立て直しまでのつなぎの時間的余裕は生命保険の解約返戻金で作れると言うことです。

時代の潮目は見極められないものです。いざという時の解約返戻金は本当に助かります。

経営者万が一の時だけでなく景気変動による経営悪化にも法人保険は解約返戻金という形で一役買うことができます。生命保険の解約返戻金は景気に左右されません。

Pocket

カテゴリー: 法人保険 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA