月別アーカイブ: 2015年9月

贈与税の税率話法には大きな嘘がある。

贈与税の税率は高いと思い込んでいませんか? 贈与税の税率話法には大きな嘘があるものです。保険を買う側としてはいろいろなセミナーやプロのアドバイスを聞きます。関係の書籍も読み漁ります。正しい判断をするためにネットをフル活用 … 続きを読む

カテゴリー: 贈与と保険 | コメントする

逓増定期保険の名義変更に係る最新情報。

逓増定期保険の名義変更に係る最新情報です。 逓増定期保険の名義変更は税務調査で問題が発生しているケースはありません。取締役会議事録は確認されるそうですが問題なしと判断されているようです。 優良申告法人に対してはとくに踏み … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

資金準備には法人保険が一番である理由が3つ。

資金準備には法人保険が一番である理由が3つあります。 企業が長期に渡り存続するためには資金を確保することが重要です。毎月の運転資金の他に様々なケースで一時的な資金需要が発生します。 例えば新たな設備投資、事故や災害、退職 … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

生命保険より先に経営者の品格を見直す。

生命保険より先に経営者の品格を見直すことが会社を良くすることにつながります。 長年社長を続けていると何度言っても自分の指示が守られないし、言ったことが実行されないと思うようになります。 その結果どこかの品のない経営者の公 … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

生命保険で家族と社員を幸福にできるかについて。

自分の家族を幸せにできない経営者に社員を幸せにすることはできないと言います。 仕事をするのはあくまでもお金を得ることで家族を幸せにできるからだとすれば会社を経営するのは利益をあげることで社員とその家族を幸せにすることでだ … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

経営は泥縄、法人保険は命綱、体験を側近が語ると。

経営は泥縄、法人保険は命綱、体験を側近が語るとどうなるでしょうか。 中小企業の経営者にとって会社は我が子のようなもの、自分のものです。社員をいくら指導してみても経営者の思いを理解することはありません。 経営は何があるか予 … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

生命保険契約は長いが保険営業は短い。

生命保険契約は長いが保険営業は短い、担当者は変わるのが当たり前ということをお伝えしたいと思います。 法人保険の出口戦略が大事なことは何度も書きました。ただその時期はたいてい何年か先、あるいは何十年か先になります。 生命保 … 続きを読む

カテゴリー: 保険余話 | コメントする

中退共はあきまへんで、社長!

中退共はあきまへんで社長、という理由についての一考です。 「あきまへんで」は「だめですよ」という関西弁です。念のため。 略して中退共、正しくは厚生労働省管轄の独立行政法人勤労者退職金共済機構が運営する中小企業退職金共済で … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

養老保険ハーフタックスプランの功罪。

養老保険ハーフタックスプランの功罪について、デメリットより本質メリットを見るべきです。 このスキームはずいぶん昔から活用されてきた養老保険の半分損金プランです。 全損のがん保険がなくなった今となっては人気復活というのもう … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

役員退職金を否認されない極意。

役員退職金を否認されない極意について若干のアドバイスです。 必死の思いで保険料を払い続け、やっとこさで資金を貯めて相続税の納税資金や老後資金に充て自分への褒美のつもりで役員退職金を支給します。 その結果、税務調査で役員退 … 続きを読む

カテゴリー: 事業承継 | コメントする

法人保険はテクニックに頼ると失敗する理由。

法人保険はテクニックに頼ると失敗する 保険料を支払ったばかりに解約返戻金がガタ減りになり解約すれば大損、そのまま継続しても満期がくれば保障はなくなり解約返戻金も0のダブル0になります。 自殺でもしないと元が取れないような … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

消滅時効にかかる解約返戻金の請求権の真実に迫る。

消滅時効にかかる解約返戻金の請求権の真実に迫ると失効のリスクが見えてきます。 解約返戻率のピーク時が限られている逓増定期保などは退職慰労金に充てるつもりでも引退時期が諸般の事情でずれてしまう場合は保険料の支払いをストップ … 続きを読む

カテゴリー: 保険余話 | コメントする

役員退職金は法人保険の全損か半損かの迷いに決着。

役員退職金は法人保険の全損か半損かで財務戦略が違ってきます。 中小企業のオーナーのようなケースは長年経営者として会社を引っ張ってきていますから役員在籍年数が長くなり20年30年はざら、中には40年超というような長期社長在 … 続きを読む

カテゴリー: 事業承継 | コメントする

生命保険金受取人が死亡後、受取人を変更しないと難儀になる理由。

生命保険金受取人が死亡後、保険金受取人を変更しないと難儀になる理由について説明すると。 契約者は自分の死亡保険金ですからもっとも身近な人、配偶者や子を保険金受取人にします。保険金受取人は2親等内の血族に限るのが一般的です … 続きを読む

カテゴリー: 相続と保険 | コメントする

生命保険受取人をテキトーに書く大間違い。

生命保険受取人をテキトーに書く大間違いについて一言申し上げます。 保険契約は保険料を支払った人のものです。 よって生命保険金の受取人を指定する権利は契約者にあります。というか契約者が受取人欄に自筆で記入する事で指定できま … 続きを読む

カテゴリー: 相続と保険 | コメントする

贈与税の税率は高くない何度も言うが贈与税は高くない。

贈与税の税率は高くない何度も言うが贈与税は高くない。 贈与税は相続税の補完的な役割があります。贈与税がなければ相続税は成り立ちません。 なぜなら生前に財産すべてをあげてしまえば相続税は意味がなくなりますからね。 相続税を … 続きを読む

カテゴリー: 贈与と保険 | コメントする

相続税の税率は高くない何度も言うが相続税は高くない。

相続税の税率は高くない何度も言うが相続税は高くないと言う根拠を説明すると若干ややこしくなりますが、お読みください。 相続税の勘違いの最たるものに税率の勘違いがあります。 相続税対策セミナーで節税対策のカモになるのがこのタ … 続きを読む

カテゴリー: 相続と保険 | コメントする

法人保険の減額と失効は使える手ではあるが要注意。

法人保険の減額と失効は使える手ではあるが保険のメンテナンステクニックがわかっていないと失敗することがあります。 失効と言ってもただ放置すればよいというものでもありません。 保険料はたいてい口座振替になっているでしょうから … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

税理士の先生は保険嫌いでは困ります。

税理士の先生は保険嫌いでは困ります。 石を投げれば税理士に当たると言うくらい税理士の先生は多くなりました。顧客獲得競争も厳しいものがあります。 独立したものの顧客なし資金なしで税理士法人の下請け専門のような税理士もいます … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

生命保険200ブログに到達して思うこと。

生命保険200ブログに到達して思うことあれこれを備忘録として書き連ねました。 その一番目は、あらゆる無限のネタも精神的に尽きることがあることを自覚したと言えるでしょうか。 四六時中そのことを意識のどこかに置くようになりネ … 続きを読む

カテゴリー: 保険余話 | コメントする

社長の最後の仕事。

「社長の最後の大仕事・・・」という本がありましたがそのパクリではありません。亀甲さんんの本にも社長の最後の仕事というくだりがあります。 最後最後と言いながら中小企業の場合は延々と最後の仕事が続き、なかなか切りが付くもので … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

究極の医療保険にデメリットがあった。

究極の医療保険にデメリットがあった、医療保険にもいろいろあります。 短期払いで終身の医療保障は望むところですが保険料はバカ高くなります。 もともと医療保険で元を取ることはできないと思って間違いありません。ただ医療保険にも … 続きを読む

カテゴリー: 保険余話 | コメントする

経営はモグラたたき生命保険は身を助けるハンディ。

経営はモグラたたき生命保険の解約返戻金はハンディ。 中小企業はもちろんのこと大手企業でも経営は思い通りと言うことはまずありません。 多かれ少なかれ問題やらトラブルやらの連続であり闘いです。 もともと経営に安定などというこ … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

法人保険の損金は課税の繰延に過ぎないに反論。

法人保険の損金は課税の繰延に過ぎないに反論すると、法人保険では損金で保険料を費用化できるもの、あるいは半分を費用化できるもの等、結構多彩です。 損金で落として税金という見返りのないコストを抑制し簿外に資金を蓄積します。 … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする