税理士の先生は保険嫌いでは困ります。

税理士の先生は保険嫌いでは困ります。

石を投げれば税理士に当たると言うくらい税理士の先生は多くなりました。顧客獲得競争も厳しいものがあります。

独立したものの顧客なし資金なしで税理士法人の下請け専門のような税理士もいます。関与先から頂く顧問料も驚くほど安値のケースを見かけます。CIMG2040

何しろ士業ですから、武士は食わねど高楊枝とか言いますがプライドは捨てるわけにはいきません。

金儲けは資格より営業力でありコンサルタント能力がものを言うようです。

それはさておき概して税理士の先生は保険嫌いというか保険のおすすめを良しとしません。

税理士の先生が積極的に節税保険をすすめれば顧客としてもむげに断れず厄介なことは事実です。法人保険のコミッションは馬鹿に出来ない大きさですから良心的な税理士さんは利益相反というジレンマに陥ります。

節税保険をおすすめしないばかりか、むしろ納税おすすめ隊の隊長のような税務署の片棒を担ぐ税理士もいます。

確かに税理士の仕事は適正納税であり節税ではありません。しかし経営者としてはいかにお金を残して会社の財務を強くするかに腐心しているのにアドバイスが的外れでも困ります。

税理士の先生が保険を売りたくない気持ちはよくわかります。自分で売るくらいなら知り合いの保険代理店を紹介するところです。

しかしながら中小企業の経営において保険は不可欠の金融商品です。節税だけでなく退職慰労金準備、相続・事業承継設計において保険を避けて通ることは考えられないほどです。

親身に顧問先のことを考えるなら税理士の先生といえども法人保険の知識を知らずしてコンサルをすることは片手落ち以上の罪深さです。

税理士という立場で保険の取り扱いを良しとしないならコミッションを公開すればよいのです。保険のアドバイスが的確にできなければ中小企業の財務を指導する立場としては失格というほかありません。

Pocket

カテゴリー: 法人保険 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA