資金準備には法人保険が一番である理由が3つ。

資金準備には法人保険が一番である理由が3つあります。

企業が長期に渡り存続するためには資金を確保することが重要です。毎月の運転資金の他に様々なケースで一時的な資金需要が発生します。

例えば新たな設備投資、事故や災害、退職金等の資金も用意する必要があります。

銀行の当座の口座に巨額の資金を寝かせておいても運用効果は見込めませんから利益が出ている企業は余裕資金を少しでも運用しようと考えるのが普通です。できれば法人税を圧縮しながら運用できれば資金効率が高まります。CIMG2056

資金の運用は例えば銀行に預けたとしても法人税の圧縮効果はありませんし、スズメの涙ほどの預金利回りでは全くメリットは見いだせないところです。かといって証券会社のおすすめに乗っかって資金の運用をするのも長期的に見れば当たりはずれがあるでしょう。

とくに退職金原資の積上げには不向きと言わざるをえません。

そういう点では地価が上がりつつある現状ですが不動産投資よりはやはり緊急予備資金や退職金を意識するならやはり法人保険が安全確実有利です。

そのうえでさらに余裕があるなら証券投資や不動産投資を検討することです。

法人保険の最大のメリットは契約であり保険金も解約返戻金も途中で減額でもしない限り
契約時点で確定しているという安心感があります。

これは他の資産運用との大きな違いです。また法人保険は一度契約すれば毎年保険料を決まった時期に払い続けるだけのシンプルな手軽さが魅力になります。

もう一つのメリットは保険の種類によりますが長期平準定期などでは半損の処理が認められており法人税の圧縮効果も大きなメリットと言えるでしょう。

①保険金、解約返戻金が確定している。
②処理がシンプル、手間いらず。
③法人税の圧縮効果が高い。

法人保険にはそのほかにもさまざまなメリットがあります。それは余禄と考えてよいと思います。基本的には上記の3つがメインの価値と言えるでしょう。法人保険は確実、シンプル、節税効果です。

中小企業の経営者にとって法人保険活用は力強い味方になります。

保険という商品の持つ特性を他の金融商品と比較し理解したうえで、正しい知識と適切なアドバイザーがいれば鬼に金棒と言えるのです。

単にリスクをヘッジする掛け捨てのものが法人保険だと考えてしまいますとコストだけが見えてしましますが、保険には種類と組み合わせにより解約返戻金という簿外の積立を確定キャッシュとして取り戻す仕組みがあります。

この法人保険の価値は他の金融商品にはまねができない真骨頂というべきところなのです。

Pocket

カテゴリー: 法人保険 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA