逓増定期保険の解約時に困る未経過保険料の怪。

逓増定期保険の解約時に困る未経過保険料についての報告です。

平成22年4月から保険法が変わり年払いの生命保険でも解約時期に応じて未経過保険料を返却することが示されました。

金融庁の一見妥当な判断のようですが、全く契約者にとっては得にもならないうっとうしい話なのです。CIMG2068

未経過保険料とは読んで字のごとく保険会社はまだ時機が到来していない先払いの保険料は返却しなさいよと言うことです。

年払いや半年払いだと一年分の保険料を前払いしていることになりますから、月払いに直して未経過月の保険料を返却することがルール化されたのです。

至極まともな話ですが解約返戻金と未経過保険料の合計は実際の返ってくるお金で考えると得になるわけではないのです。

保険会社は解約する時期に応じて年払いであろうが半年払いであろうが、月単位で解約返戻金を計算してそれに未経過分の保険料を上乗せして返金してきます。

その結果、解約返戻金として予定していた金額に届かなくなるのです。それっておかしいやん、と思うのは普通の感覚です。

実はがん保険の解約の時にも同じ問題があり下記に詳しいですが、その時はまさか手取りが減るとは思っていなかったのです。未経過保険料が戻るのですからその分保障費用がかからなくなり戻りが増えると考えていました。でも逓増定期保険の解約で確認するとそうじゃなかったのです。

◆解約返戻金の不一致を説明すると。

詳しく述べることはできませんが、保険料を払ってすぐに解約するとその時点の解約返戻金と残り11か月分の保険料の合計が戻ります。

一年後に解約すると未経過保険料は0円となり解約返戻金だけが戻りますが、その差が100万以上になることが普通にあります。一年待った方が儲かるのです。

保険料を払って一年寝かせた時の解約返戻金の方が即解約よりも戻りがかなり多いのです。

しかもその一年間は保障が続きます。とは言ってももともと保障目的ではないですから、さっさと解約して解約返戻金で借りているお金を返済したいところです。CIMG2085

逓増定期保険の名義変更でいえば一時所得の申告も一年ずれることになります。妙に惜しい気持ちと先延ばしになるうっとうしさに悩むことになります。

解約返戻金の一時所得で予定していた次の逓増定期保険も契約できなくなります。金融庁も契約者に不利な改悪をしてどうするのでしょう。ボヤキ節が聞こえてきます。

Pocket

カテゴリー: 節税保険 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA