ガン保険、上皮内がんはあきらめなさい。

ガン保険、上皮内ガンはあきらめなさい、生きることをあきらめなさいと言っているのではなく、保険金を手にすることをあきらめなさいと申しあげています。

ガン保険の多くは昔から上皮内ガンを免責としています。

最近は上皮内ガンでも保障するものがありますがその分保険料はお高くなるのです。ガンではあるがほとんどの場合、完治するため命に関わることがないので免責になっているわけです。CIMG2089

まるで体内のエイリアンのようないやな言い方ですが上皮内がんは上皮内新生物とも言います。同じく新生物ではありますが、これとは違い悪性新生物は完全なガンとなります。

上皮内新生物は保険金が出ないくせに新規契約で告知しようものなら入れる保険はありません。5年経過後医師の診断書付きで入れる保険がある時代にはなりましたが、大腸ポリープでさえ完治の診断書を求めてきますから保険とガンはどうしても相容れない関係にあります

上皮内ガンと悪性新生物を区別できるのは医者だけです。保険を契約するときにこの区別をしっかり理解している方などほとんどいらっしゃいません。真剣に調べるのは自分が当事者になってからです。人間ドックで精密検査をすすめられて医者へいきます。この時はまだ高をくくっているのですが組織を採取して病理検査に出しましょうとなるともうインターネットかぶりつき、本屋の医学関係で立ち読み、人の話に聞き耳を立てるようになります。

検査の結果ガンということがわかり目の前と人生が一気に真っ暗になります。人に動揺を悟られまいと必死になります。家族のこと子供の将来、マンションのローンまで考えて団体信用保険を思い出すというお決まりのパターンです。世の中の色彩が変わったようにすら感じられるのです。

でもよく聞くと上皮内ガンで早期発見なので内視鏡で切除でき再発の可能性も低いことがわかると不安な気持ちは消えませんが気持ちが落ち着いてきます。

実はそこで自分の契約している保険のことが気になりだします。ガン保険はどんな契約だったか、入院給付金はいくらだったか、そうそうガンの診断給付金が出るはずだ、などと思います。

契約して日が浅いと90日免責もありますから約款と提案書を引っ張り出して真剣に読み漁ります。

そして見つけるのが上皮内ガンの免責という条件です。

かくして上皮内ガンという医学的にはガンなのに保険的には免責という理解しがたい現象が起こります。本人にしてみればすっかりガンの気分を味わっていますからこれで免責といわれると引っ込みがつきません。CIMG2018

同じ道筋をたどり保険嫌いになるひとと保険にとことん詳しくなる人がいます。いわゆる後者が、かくいう私のことでもあります。

 

 

これは上皮内ガンが悪いわけではなくきちんと大きな文字で説明できない保険会社に責任があると言えるのではないかと思います。都合の悪いことは老眼鏡か虫眼鏡で見なければわからないように書くパターンは決して顧客視点ではありません。保険も顧客の立場でタバコのようにリスクを明示することが求められる時代だろうと考えています。

Pocket

カテゴリー: 保険余話 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA