生命保険の選び方カモにされない付き合い方あれこれ。

生命保険の選び方のポイントを買う側の専門家としてアドバイスします。

おかげさまで売る側の事情も背景も商品事情も手に取るように分かるようになりました。

生命保険業界は熾烈極まりない成果報酬型かつ締切ゲームオーバー型の世界です。内勤の職員や管理職は一定の固定給ですが直接営業に携わる職員は契約が取れなければクビになるほかないのです。

生命保険の代理店も保険会社の営業職員と同じことで契約が取れなければ、ランクが下がりその日から飯の食い上げです。CIMG1663

保険の営業では競争こそありますが誰も助けてはくれませんから、生き残るためには自分の営業力をつけるしかありません。

できない営業は顧客の立場でセールストークをしているつもりでも足元が見えてしまいます。それはそれで仕方がないのです。情けにすがろうが親戚に疎まれようが一件は一件の契約です。

保険ショップも乗合代理店もこの辺の事情においては大差ないのです。複数の保険会社を扱っているから比較購買ができるなどというのは誤解の始まりです。

どこも自分が売りたい商品が手の内にあるのです。それをよく見せるために他社の保険を引き合いに出したりしていると考えて間違いありません。

その点一社専属の保険営業のほうが他社商品を知りませんから買う側から見れば誠実に見えます。乗合代理店でも売りたい保険会社はできる限り一社に絞りたいのです。ま、その辺の事情は保険相談の前提として頭に入れておいていただければと思います。

保険は生命保険でも損害保険でも選択するときはフェアな情報が大事です。

生命保険は買う側にこそフェアーな情報が集まると思います。生命保険を売る側は乗合代理店だろうが税理士さんだろうがファイナンシャルプランナーだろうが、基本的に営利目的の営業活動ですから取扱保険とおすすめの保険は手前味噌になるのは前項で申し上げた通りの事情であり当然といえば当然なのです。CIMG2010

競争しているお隣のお店の商品をすすめる店員はいません。自分の店の商品をよりよく説明するのは当たり前です。

それを理解せずに専門家のフェアな視点でのおすすめ保険商品と解釈するのは鴨がネギをしょって鍋と出し汁を持ってきたようなもので、愚かとまでは言いませんが、お人好しという他はありません。

生命保険を扱う営業からはガム一枚、飴玉一つもらわないというコンセプトをお話ししたことがありますが、本気で比較購買するなら相手に情が移るようなことは一切避けなければいけません。

先日も誕生祝に花を持参した保険会社がありましたが持ち帰りいただきました。持ち帰ったところで困るのは目に見えていますし顔には「そんなあ!?」と非難が書いてありましたが、ここで譲歩をすれば知らず知らず負い目が生まれ判断を曇らせることになります。

生命保険は大きな買い物です。とことん慎重にです。腹を決めて各社から自分の希望に合う提案を出してもらい比較することが大事です。

生命保険の提案を出した営業からは矢の催促が来ますが、さらりと受け流してください。断る時もきっぱりとです。期待を残すような言い方は禁物ですね。そこまでしないとフェアな情報は集まらないし生命保険の比較購買はできないということです。

生命保険の比較購買の重要性は法人でも個人でも同じです。

保障性の商品でも解約返戻率は大事ですからきちんと比較をしないといけません。個人でも法人でも解約返戻率を甘く考えるのは賛成しません。人生山あり谷ありです。見直しができない生命保険は困ります。

必要な時に必要な額のキャッシュに変わらない保険は特に法人では敬遠しなければなりません。その情報を堂々と比較し選んでいけばよいのです。売る方も堂々と売ればよいし買う方も堂々と比較すればよいのです。CIMG1917

ただどこを見ればよいのか、何を比較すればよいのかは保険の目的により異なります。その辺の知識はネットで調べたり本を読んだり、保険会社の説明を受けたりしながら総合的に判断します。

最終的には生命保険に対する価値観の問題になりますから税理士さんに相談したからといって正解が得られるものでもないところが保険の難しいところでもあります。そこまで踏み込んで生命保険を自分なりに理解しておくことが後々の役に立つのです。

Pocket

カテゴリー: 保険余話 パーマリンク

生命保険の選び方カモにされない付き合い方あれこれ。 への2件のフィードバック

  1. 田中 義裕 のコメント:

    保険の比較が難しい。

    • 89sn のコメント:

      田中様

      hokenfpです。保険は相談するな!にお越しいただきありがとうございます。

      >保険の比較が難しい。

      ご指摘の通り保険の比較は難しいと思います。
      よい保険わるい保険ではなく、合う保険、合わない保険なのかもしれません。
      保険のランキングを見ても価値観が異なれば順位も異なります。

      保険に加入する目的がはっきりしていれば保険商品を絞り込みやすくなります。
      保険の目的はライフプランの設計があると見えてきます。

      そこまで踏み込まなくても何を守りたいかが明確であれば、
      保険料と確保できる保障の大きさの相談になります。

      ご参考になればうれしく思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA