生前贈与は内緒が基本、喜ばれてこそ贈与です。

生前贈与は内緒が基本、喜ばれてこそ贈与です。

生前贈与は内緒になってしまいます。

生前贈与するときに他の相続人に贈与の事実を詳しく報告することはあまりないと思います。と言うか実際はなかなか言えないもので、元々公平にはなりえないものだけに、良かれと思い報告しても説明を聞いた子たちも形だけの納得でしっくりこないものがあるはずです。

◆生前贈与は波風が立ちます。

相続税がかかるかからないに関わらず贈与はあげる側にももらう側にも波風が立ちます。これは人間とし如何に聖人君子であろうとも欲得があるから仕方のないことです。どんなに仲がよくてもお金があっても、こと贈与と相続は心中穏やかではないのが相続人です。

生前贈与は贈与のツボを押さえること。

贈与はもらう側にすれば棚ぼたの不労所得です。他の相続人(兄弟)が親からまとまったお金をもらったとすれば心穏やかなはずがありません。

またあげる側にしても贈与のツボを心得ていれば、内緒でお前だけに贈与するが他の相続人には言わないように念押しすることで贈与の効果は倍増します。自分だけ特別扱いをしてもらったことは、もらったお金のうれしさ以上に大きなものがあります。

CIMG2470

生前贈与は喜ばれてこそ価値があります。

少なくとも経済社会においてお金は万能です。異論はあるかもしれませんが生活していく上でお金はいらないという人はいないはずです。ましてや家のローンがあり子供の進学があり、車の買い替えが目の前に迫っていれば喉から手が出るほど欲しいのがお金です。

これまで親に迷惑をかけてこなかった出来の良い子供たちには、親に無心はなかかなかできないもの。嫁にせっつかれて親に身の上相談のような振りをして暗に無心するのが関の山です。

親の方は子の苦境を察してやらねばなりません。そういうときに支援の手を差し伸べると本当に喜ばれます。贈与はタイミングが大事です。本当にお金が必要な時に他の兄弟に内緒で助けてやるのです。生前贈与をするならば相手が言い出す直前を察することです。そうすれば本当に喜ばれて感謝されます。それこそ意味のある生前贈与といえます。感謝の気持ちは長続きはしませんがね。

◆生命保険料の贈与は相続発生後感謝されます。

当座の生活資金やローン返済にはなりませんが、生命保険料の定期的な贈与は価値があります。せっかく現金を贈与しても保険料にもっていかれますからその時はさほど感謝されないのですが、相続が発生した時に親の有り難さと価値がわかります。もらった現金は墓参りするころにはすっかり忘れていますが、受け取った保険金は死ぬまで忘れません。

Pocket

カテゴリー: 贈与と保険 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA