相続で保険証券が見つからないとどうなるか、結論です。

相続で保険証券が見つからないとどうなるか、結論的に言えば何とかなります。

誰しも生命保険契約は何本かあると思います。相続税対策が必要な方は特に契約本数も多く内容も複雑になっていることが考えられます。よほど整理上手な方でも保険証券をわかりやすく整理できている方は見かけません。

何もかも一緒くたにファイルに入れてあればまだましな方です。ご契約のお知らせやら関係ない提案資料やらが混じり込んで整理は大変ですが何とかなります。

しかし保険証券が分散しているとこれはわかりにくいことになります。よくあるのが会社の金庫に名義変更したまま保管していたり、大事にしすぎて貸金庫に入れてあったり最近
では保険証券を発行しない国内生保があったりとケースは様々です。

■ 保険契約はエクセルで一覧表にする。

時期を見てエクセルで一覧表を作成しておくとわかりやすくて便利です。整理するためにはある程度生命保険の基礎知識が必要です。下記をご参照いただければ大体の見当がつくと思います。
■ 生命保険の棚卸しのコツをプロが伝授すると。

何事もそうですがマス割りをして縦横の項目を揃えたマトリックスにしてエクセルシート一枚にしてしまいます。これで漏れなく管理することが可能になります。

保険証券の所在がわからないと整理はできませんが、契約者として被相続人が生きているうちならたどることも出来ますから元気なうちに一覧にしてしまいます。思い立ったら直近に送られてくるご契約内容のお知らせを捨てないことです。

保険会社としても忘れられると困るのです。しかるべき手続きを取っていただき、支払うべき保険金をきちっと支払いたいのです。

エクセルはどうもと言うなら棚卸のコツを参考に手書きの紙でもよいので縦横を項目毎に揃えてお書きください。これだけのことで保険契約は手の内に入ります。

■ 結論です。

cimg2509ということで申し上げる結論は、保険証券は見つからなければ保険契約のお知らせがあれば十分です。保険証券は分厚い立派な紙に印字してありますがそれほど重要に考える必要はありません。保険契約の存在を相続人にわかるようにしておけば事足ります。

保険金を受け取るとか解約返戻金を受け取る時には実印と印鑑証明、本人確認を求められますが、それさえあれば保険証券がなくても問題にはなりません。保険証券が見つからなくても契約の存在を知りえる資料があれば保険会社に問い合わせればすぐにわかります。

ただ保険証券がなくても大丈夫とは申し上げましたが、生命保険契約の整理する上ではやはり保険契約を明確にする生命保険証券と初期の提案書をインデックス付きでファイリンスすることが賢明です。

Pocket

カテゴリー: 相続と保険 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA