生前贈与、止めときゃよかった親の不安。

生前贈与、止めときゃよかった親の不安、老後用心。

生前贈与、親の不安と心配の種は尽きないとしたものです。

その結果、生前贈与、止めときゃよかった親の後悔などと言う笑うに笑えない老後貧乏が待っています。

確かに財産家に取れば、相続税の節税の基本は生前贈与です。

生前贈与の手法については以下にまとめました。

◆生前贈与を非課税に|何から始めてよいかわからない方へ。

◆生前贈与でもめずに節税できるはずがない。

生前に贈与できれば親の意志を明確に反映でき、争族も少なくなるでしょう。

しかしそこには相続税を上回る高い税率の贈与税が立ちはだかります。

その贈与税をできるだけ抑制できる制度を活用しつつ資産を移動することが生前贈与です。

生前贈与は上手く活用すれば相続税の節税になります。しかし実際の場面ではすんなりいかないことも多いのです。

何億もお持ちの方は比較的スムーズに事が運びます。節税意識も高く知識も豊富です。事前準備も専門家に依頼して怠りなく進めておられます。

一方では生前贈与に波風が立つことがあります。

相続税の基礎控除が減額され小金持ち家持ちの相続財産5000万位が課税対象に躍り出てきました。うちは関係ないと思って何の対策も準備も事前情報も十分でない層が広がっています。

相続税の改正は平成27年1月1日以降に発生する相続に適用されます。

老後というのは思いがけないお金がかかることがあります。

CIMG2692この見込みを誤って節税に走り生前贈与のし過ぎで老後のお金に困るなどというのはまさに本末転倒です。

老後は病気にお金がかかるます。家の改修が必要になった、持ち株が思いがけず下がった、保証人をしていた親族が破産した、痴呆症になり施設に入所する費用がかかったなどなどきりがないほど入り用があるものです。

老後の波乱は予測できませんが、順調にいくとは限りません。投資の失敗から老後破産もあとを絶ちません。

リスクの高い資産運用に手出しをしてはいけないのが老後の資金運用です。</h3>
破産したくなかったら、許容範囲は生命保険レベルと心得てください。生命保険は換金性が高く比較的安全な投資であるばかりではなく、相続税を節税するあらゆるテクニックに有用です。

暦年贈与による生命保険契約は生前贈を活用したはポピュラーな節税対策です。

孫かわいさにかっこつけて教育資金の一括贈与や結婚・子育て資金の一括贈与などは特にご注意下さい。5000万クラスの小金持ちの相続税節税対策ではないと心得て下さい。

老後の資金は手厚く、相続税などは後に残る子どもらが考えればよいこと。先走らず慎重に、金の切れ目が縁の切れ目と言います。悲しいかな現実は、お金あっての親子であり親孝行でもあります。

Pocket

カテゴリー: 贈与と保険 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA