お墓は死ぬ前に買う方がお得な理由.

お墓は死ぬ前に買う方がお得な理由があります。

相続税には非課税になるものがあります。

葬儀費用やお墓やお仏壇は課税対象の財産から外れます。

これが意外と高額です。お墓だけでも墓地を含めて何百万もかかります。

ちょっと体裁の良いお仏壇なら100万以上するものです。

CIMG2598無理に買うこともないですが、便利の良いところにお寺さんの墓地分譲があったりすれば、移転ついでにお墓の新調をする事もあります。

お仏壇もたびたび買い換えるものではないですが、新築を機に家のサイズに合う
お仏壇を買うこともあります。

 

もちろん財産あっての話ですが、相続税を払うくらいならお墓やお仏壇をきちんと整える方がご先祖様も喜ぶと言うものです。

大事なことは生前に買っておくと言うことです。

相続が発生したときは、もはやご自身では購入できませんから当然といえば当然ですが、遺言書で墓の購入を言い残しておいても相続税の節税にはなりません。

被相続人が亡くなった後に相続人が買うと相続したお金で買ったことになりますから節税としての意味がありません。

まずそんなことはないと思いますがローンで買っても代金未払いの分は相続税の節税になりません。

お墓やお仏壇を買うときはなるべき生前の即金を心がけてください。

言っときますけどお墓やお仏壇が相続税の非課税だからといって高価な純金の仏
像のようなものは否認されますからご注意を。

といっても骨董品は税務署には価値がわかりませんからいろいろ方法はありそうですがね。

現金はあまりなくて生命保険や証券、不動産が主な財産であれば出来るものは現
金化してお墓や仏壇に変えると言うこともあります。

少々裏ワザチックになりますが、生命保険は解約すると資産価値が半減しますか
契約者貸付でお墓を新調するという手も有効でしょう。

相続が発生すれば保険金と契約者貸付を相殺して残りの保険金が相続財産になり
ます。

もしお墓やお仏壇を新調されるご予定がおありなら、相続税が得になりますから
お早めにと申し上げておきます。

Pocket

カテゴリー: 相続と保険 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA