ウルトラ医療保険は解約返戻金が少ない。

ウルトラ医療保険は解約返戻金が少なくても意味があります。

CIMG2909一般的に生命保険や医療保険では貯蓄性ということが評価の判断基準に入っていることがあります。

人生山あり谷ありですから、事情で解約することになった場合の解約返戻金は多い方が助けになることは明らかです。

 

解約返戻金がない、もしくは少ないと言うことは普通デメリット一つになりますが、契約のパターンや目的によっては解約返戻金が少ないことは悪いことばかりではありません。

◆ 法人契約の医療保険を個人に付け替える。

保険の名義を法人から個人へ変更するような場合は解約返戻金は少ない方がお得になります。

何百万も支払った高価な医療保険が破格で入手できるのですから、保険を買い取る経営者にとればうまい話です。ただし利益がでていて資金的な余裕がないとこれは出来ない相談です。

事例として被保険者=男性35歳の場合

●A社医療保険

通院ありプラン 60日型 2年保険料払済タイプ

保険期間=終身
入院給付金 20,000円/日
通院給付金 10,000円/日
手術給付金 重大手術 80万 20万/入院 10万/外来

保険料 2,229,410円(年払で2回の短期支払)
合計保険料 4,458,820円
解約返戻金 200,000円(わずか4.49%)

●B社医療保険

保険期間=終身
入院給付金 20,000円/日
通院給付金 10,000円/日
手術給付金 20万/入院 10万/外来
要介護2以上 一時金2,000万 /年金年額500万(終身)

保険料 3,771,173円(年払で5年の短期払)
合計保険料 18,855,865円
解約返戻金 200,000円(わずか1.06%)

いずれも短期払いの医療保険です。解約返戻金は極端に押さえてあります。解約せざるを得なくなれば大損です。

普通はこのようは解約リスクのある保険をお勧めすることはありません。A社2回払いで223万の保険料を支払い、終身の医療保障が手に入ります。

しかし解約返戻金は払込保険料の10分の一にも満たないわずか20万ポッキリです。

B社も同様に解約返戻金だけを見れば個人ではとても契約する気にはなりません。入院するような病気をしなければほとんど丸損ということになります。5回保険料を支払えば、1885万にもなります。社会保険制度の充実している日本でこのような巨大な医療費を支払うようなことはまずありません。

しかし保険料を法人で支払い終わり、個人に名義変更(契約者変更譲渡)すれば入院給付金2万円だけでなく要介護2以上になれば大きな一時金と終身年金500万が保証されます。この医療保険をわずか20万で法人から買い取ることができます。

◆ 一生涯の医療保障が格安で。

この手順は、被保険者=経営者として会社で医療保険を契約し保険料を払います。利益が出ているそこそこの会社が医療保険を受け取っても雑収入になり税金で持っていかれるだけですから、適当な時期に経営者が解約返戻金相当額で買い取ります。

A社の例では、わずか20万で223万もの医療保険が経営者のものになり一生涯の医療保障が手に入ります。B社に至っては1885万の介護年金付き医療保険が20万で買い取り可能です。

とても美味しいですね。なんだかしっくりいかない一般庶民の気持ちはわかりますが、解約しても20万位にしかならない医療保険契約ですから税務署としても税金の取りようがありません。

ウルトラ医療保険と申し上げたのは、使い道を間違えなければウルトラ級のメリットがある医療保険だとうことを申し上げたかったわけです。

こういうことが可能なのはやはり利益が出て、儲かっている中小のオーナー企業です。

Pocket

カテゴリー: 経営と保険 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA