月別アーカイブ: 2018年12月

全損ガン保険が狙われる理由。

全額損金のガン保険が課税当局に狙われる。 ドキッとする法人保険の担当者がいらっしゃると思います。今から6年前に法人契約の全額損金ガン保険による節税策が通達により封じられ、新規の契約は半損の経理処理を求められました。 ガン … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

ドル建て保険が相続対策で有利な理由。

ドル建て一時払終身保険が相続対策で有利な理由。 生命保険は被保険者の健康に問題があると保険会社はリスクがあるので契約をお引き受けできません、と言ってきます。 相続税には基礎控除の他に死亡保険金の非課税枠が500万(相続人 … 続きを読む

カテゴリー: 相続と保険 | コメントする

全損節税保険の駆け込みラストチャンス。

全損保険の駆け込みラストチャンスを逃すな。 全額損金で処理できる保険が多数発売されて過当競争になっていることは下記に書きました。 ■国税庁、網がかかるか全損保険。 損金処理できると言うことはあくまでも法人契約で保険料を費 … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

相続贈与の老後貧乏、生前争族の行く末。

相続税対策で生前贈与をしすぎると老後貧乏に 生前争族の行く末は相互不信。 相続対策の基本は生前贈与と言われます。確かに年間110万円までは贈与税の基礎控除の範囲ですから贈与税はかかりませんし申告も不要です。 相続税がかか … 続きを読む

カテゴリー: 贈与と保険 | コメントする