法人保険」カテゴリーアーカイブ

保険の間違いやすい経理処理、注意点まとめ。

保険の間違いやすい経理処理と注意点をまとめました。  法人で保険を契約すると支払った保険料の経理処理に迷うことがあります。 損金処理(費用として落とす)ことができるのか、保険積立金(資産として税金を払う)として計上すべき … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

全損ガン保険が狙われる理由。

全額損金のガン保険が課税当局に狙われる。 ドキッとする法人保険の担当者がいらっしゃると思います。今から6年前に法人契約の全額損金ガン保険による節税策が通達により封じられ、新規の契約は半損の経理処理を求められました。 ガン … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

法人保険、後継者へ譲渡のウラ技。

退職金支給ではない法人保険の後継者への有償譲渡。 特に法人保険の譲渡はウラ技とか裏ワザというレベルのものではなく、普通に役員退職金の現物支給として行われています。 しかし法人保険を活用するにはいろんな選択肢があり企業の状 … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

法人保険の解約管理は破綻している。

法人保険の解約管理は機能していない。 法人保険は契約者が会社ですから会社の経理部門が管理します。会社の資金を生命保険に投資している訳ですから間違いのない管理が求められます。 法人保険は契約している保険の種類や時期により経 … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

保険は後継者に譲渡するのが一番お得。

法人保険は後継者に譲渡するのが一番お得です。 法人保険は役員保険とも言われますが、会社が契約者で受取人も会社という形態が法人契約の基本的なパターンです。 経営者や役員を被保険者として万が一の時、会社に保険金が入ることによ … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

実質返戻率を理解できる人はいない|法人保険の真価について。

実質返戻率を理解できなくても、法人保険の真価は理解できます。 生命保険の解約返戻金を見るとき単純返戻率と実質返戻率とがあります。多くの方が判断材料にはなってもその意味を理解している訳ではないと思います。 できるだけわかり … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

終身保険を法人契約する価値はあるのか!?

終身保険を法人で契約することの価値についてまとめてみました。 ・終身保険とは読んで字のごとく一生涯に渡り死亡保障が継続する保険です。 保険料の払い方は歳満了(さいまんりょう)、終身払い、短期払い、一時払いといろいろありま … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

忘れてもよい保険、忘れてはいけない保険。

忘れてもよい保険と忘れてはいけない保険があります。 保険の分類にも色々ありますが法人保険でも個人の保険でも忘れてもよい保険と忘れてはいけない保険があります。 別の言い方をすると長期的に管理すればよい保険と短期的に管理すべ … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

生命保険とは言え変額保険にだまされない方法。

変額保険にだまされない方法とは言いましたが、変額保険が悪い商品だと言っているわけではありません。 変額保険は生命保険とは言いながら投資型の金融商品に分類すべきところです。変額保険には大きく分けて養老保険のように満期がある … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

法人保険のメインの役割は緊急予備資金。

企業にとって法人保険の役割の中で最重要なものは緊急予備資金です。 経営者にとって企業の継続は社会的責任です。いざというときの隠れた キャッシュフローとして法人保険の解約返戻金が会社を助けます。 1)企業の責任はゴーイング … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

生命保険の受取人変更12の実務ポイントをどこよりも詳説。

生命保険の受取人変更にかかる実務ポイントをどこよりも詳しく解説しました。 生命保険は死亡事故が発生すると生命保険受取人に保険金が支払われます。もちろん受取人が保険会社に請求することにより生命保険金の支払いが発生します。 … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

法人税率20%台へ引き下げ、保険業界大予測。

安部首相の肝いりで法人税の20%台への引き下げが実現しそうです。 自民党税制調査会の幹部会合で法人税の実効税率を来年度から29.97%まで引き下げることが決定しました。毎年年末に出る平成28年度税制改正大綱で詳細は明らか … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

資産運用型保険の事例を集めました。

資産運用型保険というものがひそかに資産家に売られているのです。 前回、普通の保険とは違うルートで資産運用型の有利な保険商品が販売されているということを申し上げました。各社の情報を整理しつつまとめたサイトを探していたら下記 … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

驚きの生命保険で得する資産運用を紹介。

保険はある一面で言えば資産運用です。資産運用なら損掛けしてはいけないのです。 外貨建て生命保険の中には国内生保では考えられない意外な美味しさがあります。その保険は通常の保険ルートでは販売されていませんから、言うなればあな … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

生命保険の払済が一般的ではない実態を報告。

生命保険の払済が一般的ではない実態を報告します。 生命保険の勉強を始めると払済保険と延長保険は保険の基本として学びます。国内生保のある会社では払済(はらいずみ)は終身保険としたものですが、買う側でいくつかの保険会社と付き … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

生命保険|払える保険料と必要な保障のギャップをどうまとめるか。

生命保険では払える保険料と必要な保障を考えると見えてくることがあります。 生命保険の善し悪しをまことしやかに解説した書籍やWebサイトは数ありますが、生命保険と言うものは人それぞれにより嗜好も異なれば必要とする環境や価値 … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

生命保険を買う側の事情がわかる強みは他にない。

生命保険を買う側の事情がわかる強みは他にないと申し上げて間違いないと思います。 生命保険はわかりにくく難しいという通り相場があり、残念なことにそれが生命保険の敷居を高くしていると言えるでしょう。 生命保険は売る側と買う側 … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

資金準備には法人保険が一番である理由が3つ。

資金準備には法人保険が一番である理由が3つあります。 企業が長期に渡り存続するためには資金を確保することが重要です。毎月の運転資金の他に様々なケースで一時的な資金需要が発生します。 例えば新たな設備投資、事故や災害、退職 … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

養老保険ハーフタックスプランの功罪。

養老保険ハーフタックスプランの功罪について、デメリットより本質メリットを見るべきです。 このスキームはずいぶん昔から活用されてきた養老保険の半分損金プランです。 全損のがん保険がなくなった今となっては人気復活というのもう … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

法人保険はテクニックに頼ると失敗する理由。

法人保険はテクニックに頼ると失敗する 保険料を支払ったばかりに解約返戻金がガタ減りになり解約すれば大損、そのまま継続しても満期がくれば保障はなくなり解約返戻金も0のダブル0になります。 自殺でもしないと元が取れないような … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

法人保険の減額と失効は使える手ではあるが要注意。

法人保険の減額と失効は使える手ではあるが保険のメンテナンステクニックがわかっていないと失敗することがあります。 失効と言ってもただ放置すればよいというものでもありません。 保険料はたいてい口座振替になっているでしょうから … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

税理士の先生は保険嫌いでは困ります。

税理士の先生は保険嫌いでは困ります。 石を投げれば税理士に当たると言うくらい税理士の先生は多くなりました。顧客獲得競争も厳しいものがあります。 独立したものの顧客なし資金なしで税理士法人の下請け専門のような税理士もいます … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

外貨建終身保険の甘い汁を吸うテクニック。

外貨建終身保険の甘い汁を吸うテクニックがあります。 M社の外貨建終身保険は率的に良いとされています。 要するに一時払の終身保険ですが、ドル建てですから予定利率が3.25%です。気をつけなくてはいけないのは予定利率金利連動 … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

生命保険は一人の専門家よりセカンドオピニオン。

生命保険は1人の専門家に任せないでセカンドオピニオンです。 保険も不動産も大きな買い物です。 一生のうちにそんなにたびたび売り買いすることもありません。 よほど資産家で手慣れた人でないと損をしない判断は難しいと思われます … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

法人保険の機能は保障、節税、財務コントロールの3つに集約。

法人保険の機能は保障、節税、財務コントロールの3つに集約できます。 機能を分類して法人保険の目的を考えると求めるものが明確になってきます。 それぞれの機能を兼ねることもありますから合わせて考える必要があります。また契約に … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

法人保険では保険料が多い方がよい理由。

法人保険では保険料が多い方がよい理由を説明すると。 個人の保険では保険料はできるだけ少ないのを良しとします。 必要な保障を確保できるなら保険料は一円でもやすい方がよいのは誰にでもわかります。 ところが法人保険では保険料が … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

過大な生命保険は同族会社の行為計算の否認に当たるか。

ガン保険も逓増定期保険も全額損金で会計処理できた時代がありました。既得権で全額損金処理をして簿外に資金を積み立てていくことができている法人はラッキーですが、新たな契約としては全額損金にはできません。 法人契約の生命保険は … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

法人保険は預金より投資回収に強い金融商品。

法人保険は預金より投資回収に強い金融商品です。 法人保険の契約は加入の目的を明らかにせよと申し上げてきました。 法人保険には大きく分けて保障機能と貯蓄機能があります。貯蓄とは言い換えれば金融投資です。 保障機能は企業のリ … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

生命保険の棚卸しのコツをプロが伝授すると。

生命保険の棚卸しのコツをプロが伝授すると、 生命保険契約は法人でも個人でも一定期間毎に棚卸しをする必要があります。 契約したときは理解し納得していた内容もおぼろげになっているのが普通です。 年に一回程度保険会社から「ご契 … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

がん保険の死亡保険金を会社が受け取る奇々怪々。

法人契約のがん保険で従業員のがん死亡保険金を会社が受け取る奇々怪々。 法人契約のがん保険にもいろいろ矛盾があります。死亡保険金の受け取り方が難しいのです。 役員なら委任契約ですからがん生命保険の被保険者になるかどうかは自 … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

法人に資産を積み上げる間違いを指摘すると。

法人に資産を積み上げる間違いを法人保険で解消することができます。 中小法人で継続的に利益がでていると自己資本比率は高まります。 会社としては結構なことでしょうが長期にわたり利益が積みあがると事業承継的には自社株評価が高く … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

ガン保険の名義変更を突き詰めると見えてくるツボについて。

ガン保険の名義変更を突き詰めると見えてくるツボについて、うますぎる仕組みです。 ガン保険を法人から個人へ、個人から法人へ名義変更しながら個人の保険料を会社負担で費用化するスキームがよく紹介されています。 人間ドックの前に … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

生命保険名義変更のツボは入口法人・出口は個人で決まり。

生命保険名義変更のツボは入口法人・出口は個人で決まります。 法人契約のガン保険の名義変更で入口と出口の差を法人と個人で厳密に比較すると見えてくるのが大きなコストの差です。 入口とは保険料を支払うとき、会社が保険料を負担す … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

生命保険の解約返戻金は自由に使えるがガン保険の保険金は。

生命保険の解約返戻金は自由に使う、緊急予備資金以外に計画的に。 法人契約の生命保険は福利厚生として加入する養老保険のハーフタックス以外は死亡保険金も解約返戻金も会社受け取りです。 法人契約のガン保険は付保規定を作成し福利 … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

知らないと絶対損する長期平準定期保険の美味しさ

知らないと絶対損する長期平準定期保険の美味しさ、 実のところこういうタイトルは本意ではありません。しかしながら世の保険嫌いの方にお伝えしたい価値があるが故に言い回しがくどくなりました。 長期平準定期保険を活用しお金を残す … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

保険積立金はなかなか複雑、さてどう処理するか。

保険積立金はなかなか複雑、法人で契約する生命保険は保険料を費用化できるものと保険積立金として資産計上するものがあります。 資産計上すれば決算書には報告事項として掲載されますが、P/Lには出てきません。キャッシュフローとし … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

法人保険で頼れるアドバイザー見つけることはできるか。

今やネット時代ですが法人保険だけはそういうわけにいきません。法人保険の選択や管理は税務や法律、経営上の問題や事業承継・相続設計まで一定の知識を必要としますから社内のブレーンだけで判断するのは現実的とは言えません。 法人保 … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

法人保険の事務手数料は3%の値引きと同じ意外と大きい

法人契約の生命保険の事務手数料は3%の値引きと同じ、意外と大きい。 法人保険は生命保険会社によりますが、団体契約とすることができます。 もちろん団体契約するためには社員を被保険者とした福利厚生目的の保険が条件になります。 … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

保険料の振込は払込猶予がどこまであるか。

保険料の振込は払込猶予がどこまであるか知っておく必要があります。 法人契約の保険料は保険会社にもよりますが契約応答月の月末に口座振替で引き落とされるかもしくは振込むかします。 口座振替は自動で処理されますから払込猶予も関 … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

生命保険を失効させたければ口座振替はやめなさい。

口座振替は保険料の支払いが自動的に適用される制度ですが、 生命保険を失効させたければ口座振替はやめなさいと申しあげます。 そんなことはわかっていると言いつつも生命保険を意図的に失効することでメリットがあるのは法人契約の生 … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

法人保険の解約と管理のポイントをまとめました。

法人保険の解約返戻金の詐取は可能かどうか経営者の立場で検証すると、 保険金詐欺はよくありますが解約返戻金詐取はあまり聞きません 保険金詐欺は保険会社が被害者となる犯罪ですが、解約返戻金の詐取の場合は保険会社は直接関係があ … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

低解約返戻金型保険につきまとう不安の正体を看破。

低解約返戻金型保険につきまとう不安の正体を明らかにします。 終身保険でも逓増定期保険でも初期低解約型保険が見栄えが良いので人気があるようです。 逓増定期保険なら5~10年でピークを迎えます。終身保険の低解約返戻金型は契約 … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

生命保険の契約者貸付は先取りキャッシュの甘い罠。

生命保険の契約者貸付はなかなか罪深く先取りキャッシュの甘い罠というべきです。 保険には時期に応じて解約返戻金があります。緊急に資金が必要なとき解約返戻金の7割から9割の範囲(保険会社によって異なります。)で契約者貸付を受 … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

生命保険の解約返戻金はいざという時会社を助けるキャッシュフロー

法人契約の生命保険の解約返戻金はいざという時会社を助けるキャッシュフロー。 中小企業は景気に左右され波間に浮かぶ小舟のようなもので、世の中の風向きが変わるとあっという間に利益がでなくなりキャッシュフローに窮します。 為替 … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

定期付き終身保険の誤解と保障が切れる払込満了について。

定期付き終身保険の誤解、正確に言うと定期保険特約付き終身保険となります。 国内生保がメインに販売していた組み合わせ型の保険商品です。主契約が終身保険であり一生涯の保障があります。これに定期保険が特約としてついています。 … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

外貨建て一時払終身保険の使い道。

外貨建て一時払終身保険の使い道は意外に多彩です。  金融機関の保険提案には外貨建てのものが多いですね。見栄えがよくて運用効率も高いので円建ての保険と比べるととてもよく見えます。 基本的には保険金も解約返戻金も一時払いの保 … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

同じ保障で保険料に差がでるのに生命保険の比較購買のハードルは高い。

同じ保障で保険料に差がでるわけ、保険会社によって同じ保険料でも保障内容が違うことがあります。というより同じ保障内容でも保険料は各社まちまちというのが実態です。 容易に保険料の比較購買ができないのにそりゃないわ、と普通は思 … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

生命保険の解約返戻金の不一致を説明すると。

生命保険の解約返戻金の不一致を説明すると意外な事実が見えてきます。 法人契約の保険は節税目的もありますから年払いになることが多いようです。このため解約返戻金は保険料を払い込んでから一年間は不変でした。「でした」と過去形で … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

生命保険の解約はサポートか代理店を通すか。

生命保険の解約はサポートか代理店を通すかどうか悩ましいところです。 国内生保だと担当職員がいますからサポートを通じて解約することはありません。 外資系ではサポートに電話するか代理店に依頼するか迷うことがあります。 法人契 … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

生命保険の解約返戻金は即キャッシュ、入金までの各社比較を事例で紹介。

生命保険の解約返戻金は即キャッシュです。それを確認するために保険会社各社の事例で実際に確かめました。   節税目的でかけている生命保険は解約するとそれなりの率で解約返戻金が戻ってきます。 自社の実効法人税率を3 … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

生命保険の解約手順の落とし穴、生存証明なんか出せるわけがない。

生命保険の解約手順の落とし穴、法人保険を取り扱っていると保険の解約はたびたび起こります。   退社した社員のガン保険を解約するなど保険のメンテナンスにかかる解約が多いですが、保険会社によっては一筋縄ではいかない … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

養老保険のハーフタックスは退職者注意。

養老保険のハーフタックスは退職者注意です。 会社の福利厚生として養老保険を社員全員にかけるケースがあります。養老保険ですから満期には払込保険料以上に戻ってきますから当然資産計します。これを 契約者:会社 被保険者:社員 … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | 2件のコメント

退職社員の解約はいつすればよいか、悩ましい問題でもあります。

退職社員の解約はいつすればよいか、保険契約の管理を担当すると退職社員の保険の解約時期が問題になります。 一般的にがん保険で考えると最初の数年は解約返戻率が低いためできれば引っ張りたいところです。 でも心配なのは税務調査で … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

生命保険は失効するのもテクニック。

生命保険は失効するのもテクニックです。 個人ではあまり失効テクニックを使うことはないと思います。例えば保険料が払えなくなった結果、意図せずに失効してしまった場合でも3年以内にそれまでの保険料をまとめれ払えば復活できるとい … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

生命保険は減額の賢いやり方が使える技になります。

生命保険は減額の賢いやり方が使える技になります。 生命保険には減額というテクニックがありますがついつい忘れがちになります。 保険料が払えなくなって減額ではなく法人の場合は解約返戻金を分割で受け取り一気に雑収入がでることを … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

生命保険の残高証明は出せるわけがない。

生命保険の残高証明は銀行預金の残高とは違います。 生命保険の残高証明は出せないのです。生命保険はその種類に応じて経理処理が変わります。費用で落とせないものは資産計上します。終身保険や養老保険では全額資産計上ですが長期平準 … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

保険証券のなくなる時代に保険金の請求漏れをなくす法をまとめると。

保険証券のなくなる時代に保険金の請求漏れをなくすには、注意すべき視点をまとめました。 覚えておくことはできないから請求漏れがでるということになりますが、一通り理解しておくといざという時思い出しやすくなることは実際あります … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

保険証券を気安く見せない、情報は小出しに、手の内は明かさない。

保険を買う側は手の内を明かさないこと、情報は相手を値踏みしながら小出しにする必要があります。 保険営業では保険証券拝見というアプローチがあります。 確かに保険証券に記載されている情報は保険の提案書よりはるかに情報が少ない … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

法人保険の目的の第一は事業保障という当たり前を噛み砕くと。

法人保険の目的は事業保障、保険設計で考えるべきことはまず事業保障ありきです。 法人保険の設計をしているとその実態は節税保険が中心になります。 ガン保険にしても逓増定期にしても事業継続のリスクをカバーする事業保障の役割はあ … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

生命保険の基本は4つだけ、ここを押さえれば保険はわかる。

生命保険の基本は4つだけ、保険の基本形は4つあります。 一つは終身保険、死亡保険金が確定していて一生涯の保障があります。 二つ目は定期保険、一定期間の死亡保障を確保するものです。 三つ目は養老保険、一定期間の死亡保障と満 … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

生命保険相談のツボを買う側の専門家が指南。

生命保険相談のツボを買う側の専門家が指南。 保険は相談するな!と大見得を切っておきながら保険相談のツボを解説しようと言うのは矛盾があるようですが、この切り口こそ言いたいところです。 生命保険相談において基本は情報収集はす … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

生命保険の比較購買なら唯一の仕組み、亀甲さんのトータくん

亀甲さんの経営される株式会社トータス・ウィンズという会社があります。ここでは生命保険の比較購買が簡単にできます。 主な保険会社のデータを入力して比較提案書が作れます。年齢、性別、生命保険のタイプが異なれば解約返戻金のデー … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

法人保険は単純返戻率で見ないと保険営業に甘く見られます。

法人保険は単純返戻率で見る。 保険の営業が提案書を持参して説明するときは実効法人税率を勘案して払わなくてよくなる税金分を戻りと考えます。 実質返戻率というまやかしマジックに惑わされ 120%戻りますのような丸儲けの錯覚を … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

終身保険の終身払いの罪。

終身払いの罪、保険料の支払方法は終身払いと歳満了があります。 終身払いは死ぬまで保険料を払い続ける払い方であり最終的にいくら払うかは被保険者の寿命次第です。 歳満了は例えば65歳払い込満了のように払い込み金額が見通せます … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険, 相続と保険 | コメントする

中小企業は複数の生命保険代理店と取引。

中小企業は複数の生命保険代理店と取引が必要です。 生命保険は買う側がそれなりに理解し情報を収集しないと良い買い物はできません。   うまい話は必ず裏をとることです。生命保険のうまい話にはリスクが伴い反対の見解が … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

法人契約のガン保険、保険金請求するかしないか苦悩は深い。

不思議なガン保険、ガン保険も様々です。個人で加入するタイプ、法人が加入する節税タイプ、どちらもガン保険としての仕組みは同じです。 でも似て非なるガン保険です。 法人が加入するガン保険というのは解約返戻金を目的とし簿外に資 … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

生命保険はスリリングでなければシビアな設計、的確な選択はできない。

生命保険はスリリングです。 法人保険の窓口をしているとギリギリの案件が多くなります。決算の着地具合との兼ね合いになるからです。 基本的に節税を意図した生命保険は決算前に集中します。最終の利益がある程度見えないとエイ・ヤー … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする