節税保険」カテゴリーアーカイブ

節税できない法人保険、当期利益の落とし方。

節税できない法人保険、当期利益の落とし方を考えると。 中小企業の財務責任者にとれば、打つ手が限られてしまいやっかいなことになりました。 というのは、ご承知のように節税保険が国税庁の通達によりほぼ完全に封じられてから保険会 … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

バレンタインショック後遺症に苦しむ保険業界の再編。

バレンタインショック後遺症に苦しむ保険業界の再編。 保険契約は個人と保険会社が契約する場合と法人(会社)が契約者となって保険契約する場合があります。後者を法人保険あるいは経営者保険とか役員保険とか言うこともあります。 今 … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

バレンタイン定期は節税メリット無し。

バレンタインショック後に発売された定期保険の節税効果。 せっかくまとめ記事を書いて次の展開を考えていたのですが、まだまだ話題提供は続いていくようです。しばらく保険代理店や保険会社の営業からアプローチが少ない状態が続いてい … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

節税保険、バレンタインショックまとめ。

節税保険の全盛から壊滅まで、バレンタインショックをまとめました。 昨年に話題になり始め、10社程度の保険会社が「傷害保障重点期間設定型長期定期保険」なるものを競って販売を始めました。呼び名はさまざまですが、契約成立から数 … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

国税庁のトドメ通達で節税保険ついに全滅か。

国税庁の法人契約保険に関する法人税基本通達が発遣されました。 過激なタイトルで失礼しました。 トドメの通達ではありますが、法人契約の保険が全滅するわけではありません。節税効果が期待できる法人契約保険が壊滅したという意味で … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

週間ダイヤモンドとバレンタインショック。

週間ダイヤモンドが節税保険の内幕特集。 週間ダイヤモンドが怒濤の74ページと銘打って節税保険の特集を組みました。サブタイトルが「どうなる節税どうする見直し」と法人保険だけではない範囲を押さえ読者を確保しようとする意図が見 … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

生き残るか逓増定期の名義変更。

バレンタインショックの生き残りになるか逓増定期。  来る来る保険営業マンや保険代理店がバレンタインショックなどと言い出しています。バレンタインショックはhokenfpの造語だと思っていたら、それ以前にバレンタインショック … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

バレンタインショック、通達が出るまでの駆け込みがん保険。

国税庁の通達が出るまでの駆け込みがん保険のお値打ち。 前々回に書いた下記の記事の続報です。まだ国税庁の通達は出ていませんが、保険業界は最後のあがきをしているような有様です。 打つ手なしの状況からどのようによみがえるか、法 … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

短期払医療保険がバレンタインショックの道連れか。

短期払い医療保険に怪しい噂、バレンタインショックの道連れか。 はじめに未確認情報であることをお断りしておきます。また今回の情報をご理解いただくためには2月14日から始まった節税保険バレンタインショックについての経緯をご承 … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

節税保険の実質返戻率から見える保険業界の末路。

節税保険の実質返戻率から見える保険業界の末路。 保険業界の末路などと怪しい表現を使いましたが、今回の国税庁のパブリックコメン トに示された制約条件を実際の返戻率にあてはめて実質返戻率を計算すると100%を こえるためには … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

節税保険、国税庁のパブコメでトドメか?

節税保険、国税庁のパブリックコメントでトドメか? ついにと言うか、ようやくにして4月11日、国税庁から節税保険に関するパブリックコメントが公示されました。 節税保険販売停止のバレンタインショックからほぼ2ヶ月、保険業界の … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

節税保険販売停止の無策、国税庁の暴走!

節税保険販売停止で混乱する保険業界。  2月14日のバレンタインショックから始まった節税保険全面的販売停止は、3月決算が締まろうとする現時点で国税庁から何の音沙汰もありません。 販売停止は自粛という名目ですが、実際は保険 … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

節税保険、バレンタインショックの行く末!?

節税保険の終わりと保険業界の行き詰りについて。 全額損金処理できる法人契約の生命保険に対して2月13日の夕方、国税庁が新たな方針を示し、生命保険会社各社は強硬な国税庁の圧力に対し14日以降続々と販売自粛あるいは販売停止を … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

節税保険、自粛か、販売停止か、売り放題か。

節税保険の混迷と出口を買う側で見ると。 日本経済新聞の2月14日の「節税保険」の販売停止という記事から始まった生命保険会社各社のドタバタ劇場は、まだ先が見通せないばかりか収束する気配がありません。 買う側にいると代理店や … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

全損節税保険の駆け込みラストチャンス。

全損保険の駆け込みラストチャンスを逃すな。 全額損金で処理できる保険が多数発売されて過当競争になっていることは下記に書きました。 ■国税庁、網がかかるか全損保険。 損金処理できると言うことはあくまでも法人契約で保険料を費 … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

国税庁、網がかかるか全損保険。

国税庁、いよいよ網がかかるか全損保険の怪しい噂。 法人保険は、会社が契約者となり経営者や役員、社員を被保険者として生命保険を契約します。 従って契約者である会社が保険料を負担します。法人で契約する生命保険の保険料は保険の … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

全額損金の返戻率ではネオファースト生命。

全額損金の解約返戻率ではネオファースト生命 生保業界が激しい動きをしています。 低金利・長寿時代のサバイバル競争の様相です。 低金利は金融機関の運用成績を押し下げ収益源を圧迫します。その結果金融機関関連の保険代理店攻勢が … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

逓増定期保険が全損でかけられる条件を整理すると。

逓増定期保険が全損でかけられる条件を整理すると。 全損でかけることができる逓増定期保険の条件と注意事項を整理しました。利益が出ることがわかっていて30歳前後の後継者や役員がいらっしゃる中小企業には使える保険です。もちろん … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

逓増定期保険の解約時に困る未経過保険料の怪。

逓増定期保険の解約時に困る未経過保険料についての報告です。 平成22年4月から保険法が変わり年払いの生命保険でも解約時期に応じて未経過保険料を返却することが示されました。 金融庁の一見妥当な判断のようですが、全く契約者に … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

逓増定期保険の名義変更に係る最新情報。

逓増定期保険の名義変更に係る最新情報です。 逓増定期保険の名義変更は税務調査で問題が発生しているケースはありません。取締役会議事録は確認されるそうですが問題なしと判断されているようです。 優良申告法人に対してはとくに踏み … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

中退共はあきまへんで、社長!

中退共はあきまへんで社長、という理由についての一考です。 「あきまへんで」は「だめですよ」という関西弁です。念のため。 略して中退共、正しくは厚生労働省管轄の独立行政法人勤労者退職金共済機構が運営する中小企業退職金共済で … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

法人保険の損金は課税の繰延に過ぎないに反論。

法人保険の損金は課税の繰延に過ぎないに反論すると、法人保険では損金で保険料を費用化できるもの、あるいは半分を費用化できるもの等、結構多彩です。 損金で落として税金という見返りのないコストを抑制し簿外に資金を蓄積します。 … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

小狡い経営者は法人保険の裏技でこっそり節税。

小狡い経営者は法人保険の裏技でこっそり節税。 いやな言い方ですが経営とは社会的制約との知恵比べという側面があります。 バカ正直に率先して社会正義に貢献してみても会社がたちゆかなければ意味がありません。 税金は社会正義であ … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

法人保険で損出し節税、益出しすれば赤字が黒字に。

法人保険で損出し節税、益出しすれば赤字が黒字に、簡単に利益が調整できます。 法人で契約している保険は事業保障ばかりが目的ではありません。 財務的な調整弁としてとても有効です。 損金で簿外に資産を積み立てているケースでは解 … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

20年の全損定期保険は十分価値がある本当の理由。

20年の全損定期保険は十分価値がある。 定期保険とは一定の期間死亡保障をつける保険です。期間が終われば保障も終わり解約返戻金や満期金はありません。いわゆる掛け捨てと言われる保険です。 事業保障を低コストで確保するには適切 … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

逓増定期保険の名義変更で落ちると怖い落とし穴を経験者が語ると。

逓増定期保険の名義変更には落ちると怖い落とし穴があります。誰も教えてくれない買う側の注意事項を経験者が語ります。 逓増定期保険とは損金効果を利用して利益の繰り延べ効果だけでなく名義変更すれば利益を個人に付け替えることがで … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

法人保険で節税するメリットデメリットを整理しました。

法人保険で節税するメリットデメリットを整理しました。 法人で契約する保険と個人で契約する保険は目的が異なります。法人保険とは 契約者=法人 被保険者=経営者・役員・従業員 受取人=法人 という形態で成り立ちます。多くの場 … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

法人保険は出口戦略が成否を分ける。

法人保険は出口戦略が成否を分けると言えると思います。 わかっているようで抜けている視点であり予定通りに行かないのが保険の出口戦略です。 節税保険の加入動機は利益がでたから税金という見返りのないコストを抑制する手段としてと … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

OB税理士の先生、有税で節税保険はかけまへんで。

OB税理士の先生、有税で節税保険はかけまへんで! OB税理士さんのことは前回書きました。 税務署上がりのOB税理士の先生です。よくある話ですがガン保険を既得権で抱えている企業は退職慰労金の支給時期までなるべく解約したくな … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

逓増定期の名義変更による雑損失はおいしい仕組み

逓増定期保険の名義変更による雑損失はおいしい仕組みです。 利益のでている企業にとって雑損失の項目は中身にもよりますがありがたいこともあります。 なぜなら雑損失で落とした分は税金を払わなくてよい、つまり税金というコストがか … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

養老保険 | 逆タックスの終焉。

逆タックスの終焉、P社が売り止めを決めて他社も追随する形です。 直近では近く社名が変わるI社も同様の対応となりました。 養老保険を売り止めにするのではなく満期保険金を被保険者が受け取る契約形態が売り止めというわけです。 … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

法人保険で節税する基本的な考え方は全損から返戻率へ変わる。

法人保険で節税する基本的な考え方、法人保険は各社とも全損商品がなくなり設計が難しくなりました。 一部の会社には全損商品がありますが使い勝手が悪いし被保険者の被齢が高いと返戻率がかなり悪くなってしまいます。 保険で節税する … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

一時所得の税率より特別控除が毎年できない理由が重大。

一時所得の特別控除が毎年できない理由、一時所得は特別控除の50万を引いて残りの半分に所得税がかかります。 一時所得の税率から言えばの半分は非課税ということです。 これはホントに利用価値があります。逓増定期保険の名義変更で … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

逓増定期の名義変更一時所得は収入の第四ルート。

逓増定期保険の名義変更一時所得は収入の第四ルート。 かってはいろんなスキームがあり生命保険の 世界もあの手この手で節税できました。 ここ10年くらいでほとんどのスキームに 網がかかり保険代理店にとって一括千金の夢はますま … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

生命保険で簿外積立の効果。

法人契約の生命保険で簿外積立の効果、解約返戻金が期待できる保険に加入すると保険積み立てではなく簿外に資金を蓄積することができます。 一旦費用で落としているにも関わらず解約すれば雑収入が発生します。全損商品は簿外積立て効果 … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

生命保険|全損保険の限界について専門的見解。

全損保険の限界について専門的に見解を述べたいと思います。 逓増定期とガン保険が1/2損金になり節税目的の保険設計が行き詰まる中、各社知恵を絞り全損保険を売り出しています。 死亡保障だけでは保険料が稼げないので三大疾病だの … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

ガン保険入院日額12万円は異常でしょ

ガン保険入院日額12万円は異常でしょ。 どうしても落としたい利益があればガン保険の保険料も過大になります。ガン保険はだいたい入院日額で大きさを決めるようになっています。 入院日額が大きければ保険料も当然大きくなります。 … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

簿外に役員退職金10億は十分可能です。

簿外に役員退職慰労金、10億、さてどうするか悩ましいのです。 後継者に事業承継資金2億を移動、これだけできれば大抵の中小企業のオーナーは事業承継で道が見えてきます。 これより規模の大きいケースは生命保険以外の手法を組み合 … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

税務署の行政指導を放置するか申告するか迷うところです。

税務署は税務調査ばかりかと思いきや行政指導と言うのもあるそうです。 税務署OBの税理士の先生から、かくかくしかじかの保険契約があると思うが個人の一時所得を修正申告していただけませんかと言うわけです。 むむっ!ついに来たか … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

一時所得は美味しい|生命保険で徹底活用。

一時所得は美味しい。生命保険で徹底的に活用することが節税になります。 露骨な言い方ですが他の税制から比べると「何で?」というくらいおいしいのです。 まず50万円までの一時所得は非課税、それ以上の分には一時所得の半分に対し … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

保険はボロ儲けの商品、名義変更して4000万の一時所得が可能。

初期低解約返戻金型逓増定期の名義変更解約で4000万の一時所得は実際可能です。 ちょっと詳しい人なら 退職金と一時所得の税制は他の所得税や資産税に比べて1/2課税になりますから、ずいぶん有利であることは先刻ご 承知の通り … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする