経営と保険」カテゴリーアーカイブ

知らなければ損するがん保険の解約返戻金減額。

がん保険の給付金受取りで解約返戻金の減額。 法人契約のがん保険で給付金を受け取ると解約返戻金が減額されるという場合があります。これはさすがにhokenfpとしてもまさかの落とし穴でした。 がん保険の給付金とは診断給付金・ … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

法人契約のがん保険、給付金請求。

法人のがん保険、給付金請求の手順と難しさ。 法人で契約するがん保険については下記のページに詳しく書きました。 個人で加入するがん保険と法人が節税目的(国税庁の通達によりもはや全損も半損もできません。)で加入するがん保険と … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

法人契約のがん保険は保険金請求が難しい。

法人契約のがん保険は保険金請求が難しい人間模様。  この手の情報は検索にあまりかかりません。どこにでもありそうな問題ですが、表面化しにくいのではないかと思います。 国税庁のパブリックコメントが公示され保険業界は新たな道を … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

経営者ならわかる全損保険と簿外資金の真価。

全額損金保険で簿外資金をためて会社を守る。  法人契約の生命保険では保険料が費用として損金で落とせるかどうかが重要な判断基準になります。 昨年から全額損金保険のラストチャンスと言われていますが、多額の利益を継続的に計上で … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

生命保険と遺産分割の経済合理性。

生命保険と遺産分割に経済合理性はあるか!? 税理士さんと話をしているとよく経済合理性という言葉が出てきます。最初はピンとこないのですが少しずつわかり始めてきます。 平たくいうとソロバンにあうかどうか、経済的なもうけの理屈 … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

ガンになったら保険料免除、0円で名義変更はやり過ぎ!!

ガンになったら保険料免除、0円で名義変更はやり過ぎの法人ガン保険。 一般の保険感覚からすれば、法人契約のガン保険は理解しがたいところです。会社は法人といっても人ではないので倒産はしますが、ガンになるわけではないのです。 … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

役員退職金が否認される理由。

役員退職金が否認される理由を課税当局の立場から解説します。 貴重な話を聞く機会がありました。何事も専門家、しかし本当の専門家はわずかしかいません。 なかでもOB税理士は知識がかたよってはいますが、課税当局の内情や判断基準 … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

節税保険、解約逸機の恐怖。

法人保険の節税保険は解約時期を逸すると一大事です。 このところの全額損金保険ラッシュは以下に詳しく書きました。保険会社各社ともに販売合戦をやりすぎて、国税庁の規制の噂が飛び交っています。 ■国税庁、網がかかるか全損保険。 … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

全損保険で決算企業攻略。

全損保険で決算企業攻略テクニックを買う側で伝授。 全損保険乱売時代突入とは下記のページで書きました。 ■全額損金の返戻率ではネオファースト生命。 ここで言う全損とは自動車保険の全損ではなく全額損金の略です。 保険料をすべ … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

経営力向上計画と法人保険の出口対策。

経営力向上計画と法人保険の出口対策、うまい組み合わせです。 法人契約の保険には利益を繰り延べる効果がありますが、それだけでは節税になっていません。 確かに緊急予備備金の役割はありますが、いずれ解約せざるを得ないのですから … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

法人保険を制するものは企業財務を制す。

法人保険を制するものは企業財務を制す。 法人保険の真の目的を理解するには経営の泥縄を理解しなければならないと言えます。 ◆ 中小企業経営は泥縄 中小企業の財務などと言うものは荒海の小舟のようなもの、儲かるときもあれば厳し … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

経営者のガン保険はムダか!?

経営者が法人で加入するガン保険は無駄か!? ガン保険は個人で加入することが普通ですが、中小企業では法人契約のガン保険と言うものがあります。 契約者が法人ですから保険金も法人受取が原則です。被保険者としては、経営者も社員も … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

役員退職金否認、最新判例。

中小企業オーナー経営者の退職金、否認の最新判例。 中小企業のオーナー経営者が後継者に会社の経営権を譲り退職するということは一般人が想像するよりはるかに大変なことです。 口では引退を宣言し、形式的に退職としても、なかなか周 … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

逓増定期の名義変更が安全な根拠をOB税理士に確認。

逓増定期保険の名義変更プランのメリットとリスクを本気で調べました。 逓増定期保険の名義変更一時所得のスキームは単なる節税効果だけでなく後継者に資金を集中することが可能になるため事業承継に使える法人保険のウルトラスキームと … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

外貨建て生命保険の為替リスクは半端ない。

外貨建て生命保険のリスクとメリットについて考えました。 こういう場合世間では「半端ない。」というそうです。 正確に言えば半端ではないという意味です。 半端ではないということはかなり大きなリスクがあると言い換えることが出来 … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

役員退職金の損金限度は平均功績倍率のなんと1.5倍。

役員退職金の損金限度は平均功績倍率のなんと1.5倍 役員退職金は長年、経営者を務めていると巨額になることがあります。 中小企業の経営者としては事業承継のめどが立ち、後継者の相続税の納税原資が確保できていれば別段役員退職金 … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

役員退職金をOB税理士に相談すると!

役員退職金をOB税理士に相談するとどうなるか、事例です。 ◆OB税理士とは何者か。 OB税理士とは税理士と言いながら税務署のOBです。 税理士試験に合格した方ではなく長年税務署に勤務すると自動的に税理士を名乗ることが許さ … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

ウルトラ医療保険は解約返戻金が少ない。

ウルトラ医療保険は解約返戻金が少なくても意味があります。 一般的に生命保険や医療保険では貯蓄性ということが評価の判断基準に入っていることがあります。 人生山あり谷ありですから、事情で解約することになった場合の解約返戻金は … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

法人で医療保険を契約する理由。

法人で医療保険を契約する理由、法人と言えば会社です。 会社は経営が悪化することがありますが、人のように肉体があるわけではないので病気にはなりません。 病気にならない会社が経営者を被保険者として医療保険をかけるのです。 契 … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

相続税の節税養子は戸籍が汚れる。

相続税の節税養子は戸籍が汚れるだけではない。 相続税節税のための養子縁組みは問題が多いのです。 何度も相続税の節税対策として養子縁組みの手法を紹介しておきながら、いまさらデメリットを申し上げるのは少々気が引けるのですが、 … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

養子縁組みで相続人不和に!

養子縁組みで相続人不和に、節税対策も要注意。 相続税対策で生命保険の契約だけでは足りないとき使われる手が養子縁組みです。 被相続人と養子縁組みをすれば相続人が一人増加し基礎控除が600万と生命保険の死亡保険金控除が500 … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

生命保険、全損商品のお値打ち比較.

生命保険、全損商品のお値打ち比較を直近で論じると。 一時期生命保険の全損商品が壊滅状態になった時期がありましたが、生命保険会社各社の開発努力で新たなスタイルの全損商品が注目を集めています。     & … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

ドル建終身保険のメリットとデメリット比較。

ドル建終身保険のメリットとデメリット比較を案内します。 今や円建ての生命保険は投資対象としてのメリットはほとんど見いだせなくなりました。 それぐらい予定利率が地に落ちてしまったということです。 予定利率が1%以下は当たり … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

法人保険の解約返戻金とキャッシュフロー経営が会社を救う。

法人保険の解約返戻金とキャッシュフロー経営が会社を救う。 中小企業の実情をつぶさに見ていますから抱えている問題はよくわかります。特にキャッシュフローという概念が未熟です。 利益とキャッシュフローは別のこと、重視すべきはキ … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

生命保険でクリアできる引退間際のオーナー経営者の本音。

生命保険でクリアできる引退間際のオーナー経営者の本音について経験則を申し上げます。 オーナー経営者の本音部分と法人保険との相性はとっても良いのです。切り口はオーナー経営者の悩みと本音ですが解説には保険が絡みます。 60歳 … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

人生には生命保険であがなうことができない悲劇がある。

人生には生命保険であがなうことができない悲劇があります。 生命保険と言うものは本質的に人生の悲劇の前には無力です。 生命保険は不幸にして起こった悲劇そのものに対しては救いもしなければ助けもしません。生きている以上、人は必 … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

生命保険管理は財務責任者に任せて失敗する理由。

生命保険管理は財務責任者に任せて失敗する理由についての考察です。 中小企業の経営者はどこまで行っても代表取締役社長であると同時にトップセールスです。うまいことを言った人がありました。確かに代表取締役営業部長が会社の顔にな … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

生命保険より先に経営者の品格を見直す。

生命保険より先に経営者の品格を見直すことが会社を良くすることにつながります。 長年社長を続けていると何度言っても自分の指示が守られないし、言ったことが実行されないと思うようになります。 その結果どこかの品のない経営者の公 … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

生命保険で家族と社員を幸福にできるかについて。

自分の家族を幸せにできない経営者に社員を幸せにすることはできないと言います。 仕事をするのはあくまでもお金を得ることで家族を幸せにできるからだとすれば会社を経営するのは利益をあげることで社員とその家族を幸せにすることでだ … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

経営は泥縄、法人保険は命綱、体験を側近が語ると。

経営は泥縄、法人保険は命綱、体験を側近が語るとどうなるでしょうか。 中小企業の経営者にとって会社は我が子のようなもの、自分のものです。社員をいくら指導してみても経営者の思いを理解することはありません。 経営は何があるか予 … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

社長の最後の仕事。

「社長の最後の大仕事・・・」という本がありましたがそのパクリではありません。亀甲さんんの本にも社長の最後の仕事というくだりがあります。 最後最後と言いながら中小企業の場合は延々と最後の仕事が続き、なかなか切りが付くもので … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

経営はモグラたたき生命保険は身を助けるハンディ。

経営はモグラたたき生命保険の解約返戻金はハンディ。 中小企業はもちろんのこと大手企業でも経営は思い通りと言うことはまずありません。 多かれ少なかれ問題やらトラブルやらの連続であり闘いです。 もともと経営に安定などというこ … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

養子縁組の難しさは当事者になるとわかる。

相続税の節税目的で養子縁組をするケースがあります。相続税に関係なくても養子縁組をするケースもあります。 目的は異なりますが養子縁組は何かと難しい問題をはらみます。兄弟姉妹がいれば養子縁組をすれば相続人が一人増え相続の分け … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

生命保険に正解はないが経営も正解はない。

生命保険に正解はないが経営も正解はない、わかったようなことを申し上げて僭越ではありますが、人生において長い目で見てこれが正解だと言えることはまずありません。 良いことには必ず反面性があり落とし穴があります。悪いことはそこ … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

オーナー経営者にとって会社も個人も同じこと、法人保険活用の肝。

オーナー経営者にとって会社も個人も同じこと、中小企業企業の経営というものは多くの場合オーナー経営者がすべての実権を握っており金融機関も経営者個人としての信用で貸し付けていたりします。 ゆえに経営者万が一の法人保険の重要性 … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

保険料は保険積立でもキャッシュアウト法人保険もほどほどに。

保険料は保険積立でもキャッシュアウト、法人保険もほどほどに。 法人保険の節税効果や簿外資産の積立効果を身にしみて感じる時期があります。 これまで順調に増収増益であっても為替の動きや世の中の潮目が変わり売り上げ不振に続き利 … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

損保は万全・生保は手薄、リスク評価すれば大きな間違い。

損保は万全・生保は手薄、リスク評価では救いがたい間違いです。 損保とは損害保険です。自動車保険から火災保険、PL保険なども損保の分野になります。 自動車保険や火災保険に加入していない企業はさすがにないと思います。思いがけ … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

法人保険で会社の損益をコントロールする裏ワザ

法人保険で会社の損益をコントロールする裏ワザ、裏ワザ と書きましたが怪しい処理ではなく合法的な事務処理で会社の損益をある程度コントロールすることが可能です。 このやり方は本業の収益が安定しない会社にはありがたいスキームで … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

オーナー経営者の生命保険に加入する理由を4つあげると

オーナー経営者の生命保険に加入する理由を4つあげると、どうも法人保険は節税のイメージが強くて本来の目的を忘れがちになります。 ましてお付き合いで加入するなど論外ではありますがその手の本末転倒は珍しくありません。オーナー経 … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

中小企業のオーナー経営者にこそ保険が有効な理由

中小企業のオーナー経営者にこそ保険が有効な理由。 法人保険は企業規模や経営トップの事情により需要や有効性が変わります。上場していたり短期間に経営の成果を求められる立場の経営者では長期的に簿外に積み立てるというわけにもいき … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

生命保険の有り難さはそのときになるまでわからない理由。

生命保険の有り難さはそのときになるまでわからない理由、保険を扱っていて保険金を自分が受け取る機会はそれほど多くはありません。 売る側も買う側も口で言うほどリスクを実際に感じて契約することはないというのが実態でしょう。 知 … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

引退間際の経営者の本音は、やめたくはない。

引退間際の経営者の本音は、格好だけでやめたくはないのです。 ホラ吹き3兄弟といわれるカリスマ経営者である孫正義・永守重信・柳井正の3氏は引退など頭の中に実はないのです。 オーナー経営者はみな同じ、本音で引退したいとは思っ … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

OB税理士さんそれでは節税になってまへんが!

OB税理士さんそれでは節税になってまへんが、元税務署税理士さんという資格があります。   れっきとした税理士の先生には違いないのですが普通の税理士試験に合格した正規の税理士さんとは違い税務署を資格を満たして定年 … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

保険相談の注意点を3つあげると.

保険相談の注意点を3つあげると、今流行りの保険ショップは一種の乗合代理店として複数社の保険商品の比較購買ができます。 これは顧客にとって有利になるはずですが車選びのようにブランドや性能を見てそのまま比較することはとても難 … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

経営権の委譲と後継者の嫁リスクを踏み込んで考えると。

経営権と後継者の嫁、保険から閑話休題になりますがオーナー経営者は我々が思いも寄らない心配をします。 息子を後継者にする以外選択肢はないのですが、なかなか事業承継・相続設計が進まないケースがあります。 さっさと対策して株を … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

経営権の兄弟争いはお宝保険も解約しかない。

経営権の兄弟争い、泣く泣くのお宝保険解約、昔から兄弟で経営に関わると争いの元になります。 全部が全部そういうわけではないですが三分の二は袂を分かつことが多いようです。 特に子供がある程度大きくなり会社を継ぐとなったとき最 … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

生命保険の話ではないですが、とんだ期末融資のお付き合い。

期末融資のお付き合い、生命保険会社ではないですが銀行も無理を言ってきます。 夜討ち朝駆けで上司二段階構えでお願い攻勢です。 銀行の場合、生命保険の売り込みは相も変わらず腰が引けていますが、遺言信託とかは本気で攻めてきます … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

生老病死を目の当たりにすれば生命保険の真価は私情抜き。

生老病死目の当たり、生命保険は常に人の生死や病気に関わります。 健康なうちはよいですがすべからく人は一人の例外もなく死にゆくものです。   あっさり死ねれば儲けものというくらい死ぬことは大事業です。 寿命が尽き … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

オーナーにとって保険の解約返戻金は会社のものであり社長のものでもある。

中小企業の経営者にとって法人契約の生命保険の解約返戻金は自分のものです。 中小企業のオーナーは私物欲が強くなくてはなれません。私が面接した人に転職理由を聞いたら「社長が恫喝するのです。」と言う方がおられました。恫喝でもし … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

社長以下平社員はオーナー企業の現実。

社長以下平社員、中小企業では社長がすべての実権を握っています それは戦国時代の大名のようなもので社長に弓引くものは生き残るすべがありません。 生活の糧をすべて失い家族離散、流浪の旅人となるほかありません。それくらい中小企 … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

後継者に足りないものは生命保険。

後継者に足りないものは経験とお金です。 経験は仕方がありません。試行錯誤しつつ積み上げていくより方法はないですね。 でもお金なら何とか手段があります。相続で渡すのではなく生前に移行することが節税になります。 その手段に生 … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

法人保険の売りっぱなしに正義をと言っても無責任。

売りっぱなし生命保険に正義を、買う側からの異論です。 事業保障を目的とする保険は保険事故が起こるまで放っておいても大きな問題は起こりません。 保険金請求には一応の時効がありますが、ほとんどの保険会社は少々の時効の経過にか … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

目先の小金と生命保険の大金

目先の小金と生命保険の大金、人は誰でも目先の小金には渋いが見えない大金にはうといもの。 生命保険はたいていの場合大きなお金が関わります。法人契約ならなおのこと巨額になることが多いのですが、保険証券を見てもその価値が札束の … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする