感謝される贈与のやり方をこっそり伝授

CIMG1814 感謝される贈与のやり方をこっそり伝授しましょう。

贈与はもらう側にとってとてもうれしいのです。現金を手渡してくれるのは実感が伴うので感謝の気持ちも倍増です。

でも普通は大事に遣うつもりがしばらくすれば大方なくなって何に遣ったかわからないようなことになります。

それでも10万ずつもらうと実際生活費にあてたとしても気持ちが豊かになり感謝の気持ちがわいてきます。

相続税とか贈与税とかに関係なく非課税の範囲でこまめにあげることが喜ばれる贈与のコツですね。

ただ癖になると今度はもらえるのが当たり前になり、もらえないと口には出さないけど不満がでるものです。

感謝の気持ちというものは長続きしないものなのです。

目的が相続税の節税であれば困っているときにまとまった資金を援助してあげたりローンの返済を肩代わりしてあげると大きく感謝されます。普通の時に贈与するのではなく本当に困っているときの贈与は価値があるということです。せっかくですから感謝させる贈与をよく考えて実行したいものです。

Pocket

「感謝される贈与のやり方をこっそり伝授」への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です