お墓は死ぬ前に買う方がお得な理由.

お墓は死ぬ前に買う方がお得な理由があります。

相続税には非課税になるものがあります。

葬儀費用やお墓やお仏壇は課税対象の財産から外れます。

これが意外と高額です。お墓だけでも墓地を含めて何百万もかかります。

ちょっと体裁の良いお仏壇なら100万以上するものです。

CIMG2598無理に買うこともないですが、便利の良いところにお寺さんの墓地分譲があったりすれば、移転ついでにお墓の新調をする事もあります。

お仏壇もたびたび買い換えるものではないですが、新築を機に家のサイズに合う
お仏壇を買うこともあります。

 

もちろん財産あっての話ですが、相続税を払うくらいならお墓やお仏壇をきちんと整える方がご先祖様も喜ぶと言うものです。

大事なことは生前に買っておくと言うことです。

相続が発生したときは、もはやご自身では購入できませんから当然といえば当然ですが、遺言書で墓の購入を言い残しておいても相続税の節税にはなりません。

被相続人が亡くなった後に相続人が買うと相続したお金で買ったことになりますから節税としての意味がありません。

まずそんなことはないと思いますがローンで買っても代金未払いの分は相続税の節税になりません。

お墓やお仏壇を買うときはなるべき生前の即金を心がけてください。

言っときますけどお墓やお仏壇が相続税の非課税だからといって高価な純金の仏
像のようなものは否認されますからご注意を。

といっても骨董品は税務署には価値がわかりませんからいろいろ方法はありそうですがね。

現金はあまりなくて生命保険や証券、不動産が主な財産であれば出来るものは現
金化してお墓や仏壇に変えると言うこともあります。

少々裏ワザチックになりますが、生命保険は解約すると資産価値が半減しますか
契約者貸付でお墓を新調するという手も有効でしょう。

相続が発生すれば保険金と契約者貸付を相殺して残りの保険金が相続財産になり
ます。

もしお墓やお仏壇を新調されるご予定がおありなら、相続税が得になりますから
お早めにと申し上げておきます。

縄伸びは相続時の得か損か!

縄伸びは相続時の得か損か!

土地を売買するときは公簿取引実測取引するかということがよくあります。

相続でも財産評価基本通達8「地籍は課税時期による実際の面積による」と定められています。

かかわった土地の売買では公簿の面積と実測の面積は実測がかなり大きくなりした。大きな農地などではかなりの違いになります。

そういうことがあるので、相続時には実測での面積を要求されるのだと思います。

CIMG2631面積が増えれば素直に喜べばよさそうなものですが、実際は相続税が増えたり、測量の費用が余分にかかったりと、決して良いことばかりでもありません。

まためったにありませんが縄縮みにでもなれば測量損になります。

 

昔のお百姓さんが、年貢を少しでも減らすために測量の縄の結び目を長めにとって田んぼの面積を小さく見せた気持ちと同じものがあります。

ただ課税当局もすべての相続する土地を測量せよとは言えないのです。なぜなら測量のための手間暇と費用が掛かります。

相続後売買のため実測したら縄伸びが判明したというような場合、課税当局は見逃すことはありませんから修正申告なり更正の手続きが必要になるでしょう。

これから相続をお迎えになる土地持ちの方には実測をお勧めしたいところです。

相続税がかかるなら土地の測量は生前に行うことで相続税の節税になります。相続後では相続税を支払った後のお金で測量することになりますから、ずいぶんと無駄な話です。

また昔から土地や山林などは境界が不明確なケースが多く、これまでかかわってきた被相続人でないと経緯や境界の目印、図面の所在などわからないことが多くなり、余計に大変になります。

生命保険は保険金も解約返戻金も縄伸びも縄縮みもしませんから安心です。

行方不明者がいる場合の遺産分割|生命保険。

行方不明者がいる場合の遺産分割と生命保の扱い。

CIMG2733相続人の中には何かの事情があって行方不明という場合があります。行方不明とは長らく所在不明で連絡不通(どこかで生きているかもしれないが)になっているものを言います。

生死不明の場合を消息不明といいますが同様の意味合いで使われることが多いようです。

 

行方不明は相続でも生命保険でも困ったことになります。生命保険も相続手続きも厳格ですから、行方不明で一人欠ければ手続き上は何もできないことになります。

1)失踪宣言の制度を利用する。

行方不明者が一人でも欠けると遺産分割協議は成り立ちません。生命保険でも被保険者が行方不明ではどうしようもないので、同じよう家庭裁判所に対して失踪宣言の制度を申し立てる必要があります。

失踪宣言の要件としては行方不明の期間が7年以上という条件がついてきます。7年は長いです。3年前から行方不明の兄弟がいることもあります。

7年まで待てる話ではあません。失踪宣言は7年以上前から行方不明の場合に限り適用できる制度です。

2)生命保険は振替貸付。

生命保険では行方不明者が契約者であれば、死亡保険金を受け取るためにはこの7年間代わりに保険料を払い続けなければなりません。

多くのケースで被保険者=契約者でしょうから責任準備金からの自動振替貸付けに依存することになるでしょうが、それが切れれば失効となります。

さりとて契約者が行方不明の場合には解約することもできないという救いがたい状況になります。

CIMG2689実際知り合いで行方不明になった例がありました。噂では富士山麓の樹海に消えたという気の毒な話でもあります。

奥様が涙ながらに関係者に聞き歩いているのですが手掛かりはなかったようです。失踪から2年ほどで生命保険も打つ手がない状態でした。

3)最後の手段は不在者財産管理人の選任。

行方不明者について、家庭裁判所に不在者財産管理人選任を申し立て、不在者財産管理人が行方不明者の代わりに遺産分割協議に参加し、遺産を分割します。

生命保険でも契約者以外の人が解約をする場合は、契約者本人から解約についての代理権を与えられていなければなりません。委任状が必要になりますが、行方不明の人にお願いしてもどうにもなりません。

生命保険契約を解約しなければならない特殊な事情がない限り財産管理人と言えども契約者の生命保険を勝手に解約したり、お金を勝手に処分することはできません。

行方不明者の借金があるだとか、事情がある場合にかぎり財産管理人は、家庭裁判所から権限外行為の許可を得て、財産を処分(例えば解約)することができます。

もし行方不明の本人がひょっこり出てきたら解約返戻金や生命保険金は保険会社に返金しなくてはならなくなりますが・・・

4)行方不明の確認。

行方不明でも警察に届けているのか、探していないだけの音信不通ということもあります。住所や居所が分からず連絡が取れない場合や、戸籍の附票から現在の住所をたどってみます。

案外元気で暮らしていたりします。

人にはつながりがあり、縁を切ったつもりでもそうはいかない節目があります。本当の行方不明はあるでしょうが、自分の意思で失踪しているケースも多いでしょう。

後で後悔しないように信用できる人には居場所だけは連絡しておくのがよろしいようです。

遺言書が書けない本当の理由。

遺言書が書けない本当の理由。

やる気が出ない本当の理由からのパクリですが、物事に取り組むにはそれから得られる見返りとしてのメリットがなくては行動が生起しません。行動の原理から言うと遺言書に取りかかるという行為は被相続人にとってそこから得られるメリットが直接的でなく、茫漠としているのです。

1)遺言書にメリットを見いだせない経営者。

遺言書がなかなか書き始められない経営者がいらっしゃいます。ハナから書く気のない方もいらっしゃいます。

CIMG2705個人なら身内のもめ事で他人様に迷惑を及ぼすこともありませんが、こと中小企業のオーナー経営者ともなると事業承継・相続設計がうまくいかないとステークホルダーでも特に従業員とその家族に多大な迷惑が及びます。

 

 

それでも遺言書が書けないのは、自分が築いた財産を相続人に渡したくないからでしょうか、遺言書に効力がないと考えているのでしょうか、いいえ違います。

遺言書を書くことにより得られるメリットより、遺言を書くことによるデメリットが大きいと感じているからに他なりません。自覚はしていませんがね。

2)遺言書を書くことによるメリットは60秒以内に生起しない。

行動分析ではその行動のあと60秒以内にメリットを受ける行動は強化されるとしています。動物である人間の行動の原理の本質です。

例えばお酒を飲んだ時は60秒以内に美味しいと感じるメリットが発生し行動は強化されますが、翌日の二日酔いは時間が経過しているので、お酒を飲むという行為が二日酔いというデメリットにより弱化されません。その結果、飲酒は繰り返されるというわけです。

遺言書を書くことによる被相続人への直接のメリットはあるとすれば会社を守り家族仲良くということでしょうが、自分の死後ですから遺言書の結果に関知することが元々できないという宿命的な側面があります。

3)遺言書を書くことのデメリットは。

遺言書を書くことは自分の死亡を前提にしています。ある程度弱ってきて諦めがつくまでは、あまり考えたくない恐ろしいことでもあります。

また自分が刻苦してひそかに貯めてきた財産を整理して披露しなくてはならないということも心理的な抵抗につながります。知られたくないことも一つや二つあるやもしれません。

他にも相続人たる子供の格付けをしなくてはなりません。会社を継いでくれる子、嫁いだ娘、孫の数、仲のよくない次男などに対して相続財産を分けるという行為で格付けしなくてはなりません。

どの子もかわいいが、やはり微妙な差があるのが親心、また子らの配偶者の顔やら孫の顔が判断を曇らせます。これらの悩み苦しみは遺言書を書くことのデメリットと言えるでしょう。

◆遺言書、書き損じればただの遺書|それでも解らない経営者へ

4)遺言者を書くメリットを強化する。

CIMG2696遺言書を書くことにメリットはないのでしょうか。いいえそうではありません。もしメリットがないのであれば、行動の原理からすれば世の中に遺言書という仕組みが機能するはずがありません。

 

 

遺言書に取りかかるには時期があるということです。遺言書を書きあげて腹を決めることで、ほっとしてメリットを得ることができるまで、その行動は生起しません。

腹を決める時期はやはり体力と健康に相談することになりましょうか。自分自身の体に自信があるうちはデメリットが勝っていますが、年とともに弱り始めると精神的にも弱気が出てきます。相続のことも会社のことも大きな心配事になります。

遺言書を書くことで一件落着のような安ど感が得られれば、それはメリットとなりえると思います。

5)まとめ

行動分析的理屈はそうですが、万が一ということもあります。人間年を取るにつれて万が一のリスクが高まります。だから生命保険料も高くなるのです。

経営者にかかわらず、財産のあるなしにかかわらず、ある程度のお年になれば財産を整理して目録を作成してください。財産目録ができれば遺言書に取りかかりやすくなります。

生命保険の受取人変更とともに遺言書は頭の明晰なうちに仕上げることが、やがてこの世を去るものの務めと言えるでしょう。