保険相談の注意点を3つあげると.

保険相談の注意点を3つあげると、今流行りの保険ショップは一種の乗合代理店として複数社の保険商品の比較購買ができます。CIMG1979

これは顧客にとって有利になるはずですが車選びのようにブランドや性能を見てそのまま比較することはとても難しいことです。だから説明を聞くという情報収集のスタンスが知らない間に相談に移行します。

専属代理店や保険会社所属の営業職員よりは選択肢の幅が広いのですが、保険ショップの募集人にとって収入を得るためには売りたい商品があるのは仕方のないことです。保険商品を自分なりに選定する手順を説明すると以下の3点になるでしょうか。

第一 自分のリスクを評価すること

自分にはどのようなリスクがあるのか、二つに分けて考えます。家族にとっての自分が万が一の時のリスクそれと自分自身のリスクですね。

前者は一家の柱が死亡したり半身不随になって働けなくなった時のリスクです。後者は自分が病気になった時のリスクですね。家族があれば優先すべきは前者になります。独身の方には後者のリスクになります。

人それぞれの価値観がありますから一概には言えませんが前者のリスクのほうがはるかに深刻で重大ですからここを目をつぶって医療保険や県民共済のような少額保険に入っても本末転倒となってしまいます。

第二 保険の目的を明らかにすること

二つに分けたリスクが明らかになれば、保険の目的はおのずと選定できますね。家族にとって自分が万が一の時のリスクカバーしたいとなれば残された家族が生活していくために必要な資金を計算し保険を選定するということになります。

家族がない独身の方やそれ以外の方はもともとリスクが低いので保険に入る必要性も低いと言えます。おまじないとして終身医療保険や、がん保険に加入する程度でよくなります。

ただ将来的に結婚し家族を持つなら保険料の安いうちにしっかりした保険に加入するということもあります。

第三 払える保険料とリスクヘッジの妥協点を見つけること

保険の目的が明らかになり必要な保障額が見えてくれば保険料との相談になります。現在の生活を切り詰めるのは無理のない範囲で考えるべきですが、払える保険料と必要な保障額とのバランスは取れないものです。

ここに保険会社を比較する理由の一つが出てきます。CIMG1980

保険相談において意識すべきことは上記3点に加えて相談するのではなく情報収集するという一歩離れたスタンスです。

経営権の委譲と後継者の嫁リスクを踏み込んで考えると。

CIMG1679

経営権と後継者の嫁、保険から閑話休題になりますがオーナー経営者は我々が思いも寄らない心配をします。

息子を後継者にする以外選択肢はないのですが、なかなか事業承継・相続設計が進まないケースがあります。

さっさと対策して株を渡せばよいものを何を悩んでいるかと思いきや先行きの心配が半端じゃありません。

息子すなわち後継者の万が一を恐れているのです。後継者がいなくなることをではなく会社の経営権を息子の嫁に取られることを危惧しているのです。

そりゃ後継者万が一の時その配偶者が相続するのは当たり前ですが、それでは現経営者はたまらないというわけです。

会社の株を返してもらうには多額の資金がいります。かといって縁が切れたからといって他に売りさばかれても困るわけです。

だから最後まで評価の高い自社株を過半数以上は手放さなくなるのです。

これが事業承継設計のときに当たる壁です。ある経営者などは息子のつきあっている彼女の一族を興信所で調べ上げて寝てもさめても心配していました。

資産があるということはその分だけ悩みも多く心配も尽きないということです。

人は皆、あることないこと妄想を抱きます。そのほとんどは取り越し苦労に終わるのですが当人は至ってまじめに考え真剣に心配します。経営権の委譲にしてもまだまだ無理だと考えてしまいます。

自分だって何もわからず経営を始めた時期があることを考えれば同じことです。後継者には後継者の運命があります。それについて回ることはできません。会社をつぶすか発展させるか、それはその時のその後継者の人生のなかで巡りくる選択の結果です。他者が介入しえない運命であり、どうすることもできないものなのです。

生命保険の保険と印鑑あれこれ。

保険と印鑑、印鑑の重みがなくなりつつあります。

正しくは印章というそうですが特に保険業界では印鑑不要、サインでOKというのがひとつの潮流です。

一昔前は印鑑はお金がかかるものであり自分の分身のような意味がありました。実印は
金庫奥にしまい込み普段は使わないようにしていたものです。

認印といえどもそれなりにしっかりとした印鑑を使用することが組織での格を表すようになっていたように思います。

上司より立派な印鑑では失礼になりますが、そうかといってあまりちゃっちい印鑑では社会人としての存在価値を低く見られると思ったものでした。

ところが百円均一で印鑑を売り出してから一気に認印は印鑑の価値も意義も地に落ちました。

CIMG1700法人契約では社名はゴム版としたものですから、印鑑はそれなりに重みをもちますし、解約などの金銭が移動するときは実印を求められることが多いと思います。

これまでは保険契約には印鑑は付き物でした。どこの会社の総務も保険の営業も社員や顧客の分だけ100円均一で三文判をそろえていたものです。

こうなると印鑑の意味はなくなりますが、サインだけで済ませられるのはなにか頼りない感じがします。

印鑑の文化圏は日本だけでなく中国、香港、マカオ、台湾、韓国、北朝鮮と東南アジア系の国に特有の文化です。欧米ではサイン(署名)が自己同一性を証明する代表的な手段です。

しかし日本の場合では印鑑の役割と価値は低下したと言えども重要な場面ではやはり主役です。

保険の申し込みに印鑑不要というのはしっくりこないものを感じるのは日本人だからでしょうか。妙なことに印鑑不要を言っているのは国内生保の大手N生命だけで、その他の生保は外資系も含め印鑑は必要ですし、保険証券も発行されています。

今後の流れとして印鑑不要、サイン重視は出てくることかとは思いますが、訂正にもサインで済ませるわけですから、申込書は失敗するとサインだらけでみっともないものになります。

実際の場面で保険金や解約返戻金を請求する場合はN生命と言えども実印と印鑑証明の提出を求めてきます。ま、法人の場合はサインというわけにもいかないのでやむをえませんがね。

 

暦年贈与のおいしい使い方3項目を伝授。

CIMG1770相続税の最もオーソドックスで手堅い節税は暦年贈与でしょうか。

相続税のかからない人には関係ないですが平成27年の1月1日からは相続税の基礎控除が5000万と相続人一人当たり1000万から3000万と一人当たり600万へ下がりましたから相続税におびえる人が増加します。

かと言って早めに旅立つというわけにもいかんでしょうが、ガンの末期で余命一二ヶ月などと言われると家族一同困惑します。

それはさておき暦年贈与は確実に続ける必要があります。贈与税は相続税の補完税ですから相続税よりも税率が高くなっています。

今回の相続税の増税の不満を和らげるかのように贈与税の体系が一般の贈与の場合と、20歳以上の子どもに贈与する場合の税率が変わっています。直系の子どもへの贈与が有利になっています。

暦年贈与で注意することは子どもが小さいときだけです。ただ出来の悪い子どもの場合、贈与するしりから使い込んでしまうこともありますから工夫が必要です。

もともと贈与はあげる、貰うという意志が双方にあれば事足ります。

贈与契約書を作成し公証人役場で日付の証明をもらうことまでアドバイスしていた税理士もいますが、いくら形式的にそろえても名義預金と見なされればおしまいです。

暦年贈与を名義預金と見なされないためにはもらった本人が通帳と印鑑を管理していなくてはなりません。

一番良いのは大目にあげて一部子どもが自分で下して家電製品でも買っとけば間違いないところです。注意事項はすべてに当てはまるわけではないですが

①「通帳を子どもが管理する」②「贈 与したお金は親が被保険者となる終身保険で吸い上げる」③「時々多めに贈与して贈与税の申告をしておく」

といったところでしょうか。念のため納税するのは受贈者です。つまり子どもに贈与税の分もあげておかないと納税できなくなります。

また年間贈与を合算して申告するルールですが現金であげておけば多額でない限りわかり様がありません。でも遊興費に使っておしまいとなりそうですが。

保険相談無料なんて無茶言いなはんな、ホンマ。

CIMG1702保険相談無料、というサイトや保険の窓口、資格者としてFPがいます。

ただほど高いものはないと言いますがそれはその通りです。

相談に対するアドバイス料金、いわゆるフィーが発生してこそフェアーな相談が可能になるのです。

相談無料なんて無茶言いなはんな。

そうでなければ前もってコミッションを明示すべきです。保険販売をボランティアでやっているところは世界広しといえどもに一つもないわけですから必ず収益源はあります。

買う側としては保険を売る側、つまり代理店や営業職員が販売手数料で生活していることは当然理解しています。相談無料などと言わずに堂々としてればよいだけです。

今つきあっている代理店は半端な車で来ません。見かけないようなすごいベンツとこれまた見たことがないようなジープとかで営業にきます。着ているものも持っているペン一つ半端なものはありません。はったりもあるでしょうが相談無料などとは決して言いません。

売れなければ手数料収入はなく持ち出しだけですから営業として当たり前なのです。これは法人の場合ですから個人のケースでは入るかどうかわからない保険に相談料を払う気にもならないのはわかります。相談無料、難しいスタンスですね。

経営権の兄弟争いはお宝保険も解約しかない。

CIMG1774

経営権の兄弟争い、泣く泣くのお宝保険解約、昔から兄弟で経営に関わると争いの元になります。

全部が全部そういうわけではないですが三分の二は袂を分かつことが多いようです。

特に子供がある程度大きくなり会社を継ぐとなったとき最初にじゃまになるのが叔父さんです。

そこに社長であり兄の嫁がからむと我が子かわいさに追放劇も激しさを増します。

このケースは中小企業に関わると多く見られます。追放後嫁に内緒で仲良くする兄弟もありますが、争いがひどいケースでは法事にも年末年始も行かない、完全に縁切りになるような事例もあります。

困るのは会社でかけていた弟さんのお宝保険です。解約するほかないですがもったいない気持ちで置いておくと税務調査でお土産を渡すことになります。

保険事故になっても死亡診断書をもらうことなどできないのですからさっさとキャッシュにすればよいのですが、払込満了の終身保険で昭和時代の契約は何とかならんのかというくらい美味しいですから未練が残ります。でもこれだけはあきらめが肝心です。

生命保険の話ではないですが、とんだ期末融資のお付き合い。

CIMG1753期末融資のお付き合い、生命保険会社ではないですが銀行も無理を言ってきます。

夜討ち朝駆けで上司二段階構えでお願い攻勢です。

銀行の場合、生命保険の売り込みは相も変わらず腰が引けていますが、遺言信託とかは本気で攻めてきます。

一番うっとうしいのは期末融資のお付き合いです。月末に借りて月初に返済します。まったく、なんやねんそれ!

意味がないだけでなく数日でも何万かの利息がつきます。それを菓子折りと支店長の頭一つで受けるのもよく考えればバカな話です。それでも期末決算での融資残高が成績になるのでしょうね。

借りる方も借りてもらう方も徒労の極みです。

もう少し法人保険の知識でも仕入れて取引先に役立つ情報を持って来れば値打もあるんですが、メインバンクがこれではね。

ただ窓口担当者は平静を装いつつも必死です。自分の評価がかかっているし支店の成績もあるでしょうし、支店長の顔もあるのでしょう。大して暑くもないのに汗をハンカチでふいています。あれを脂汗と言うのでしょうか。

こういう展開は生命保険を契約する場面でもよくあります。締切とか期限が有ると無理が無体になります。全く厳しい業界です。

生保の裏口販売、フライパンだの宝石だの実演販売も。

フライパンだの宝石だの裏口から出入り自由な金融機関、生保は保険のおばちゃんと相場が決まっていた時代もありました。

今や当時のやり手の保険のおばちゃんは保険のお婆ちゃんになっているか引退して楽隠居されているかですが結構ご高齢でも保険営業を続けておられるケースもあります。

保険の現場も大らかでした。ほんの10年前でも朝礼でフライパン販売の実演があったりしました。

驚くでしょうが営業職員が帰ってくる4時頃から裏口を通って宝石屋が売り込みにくるのです。生命保険会社の支部の事務所にですよ。

寄ってくるおばちゃん相手に営業部長の机に商売道具を広げて山田洋次監督の映画みたいにあれやこれや面白おかしく説明します。

並み居るベテランのおばちゃんは結構高収入ですから宝石でも毛皮でもバッグでも欲しいものはパッパッと買うことが多いのです。ストレス発散なのでしょうか。

もうそんなおいしい時代でもないし無節操が許される時代でもないですから行商人も食い上げでしょうね。保険会社の支部といえども少なくともセキュリティーの必要な金融機関です。

昔はよかったという話ではなくそういう時代もほんの少し前まであったとうお話です。(今は知りませんが。)

CIMG1773

逓増定期の名義変更一時所得は収入の第四ルート。

CIMG1680

逓増定期保険の名義変更一時所得は収入の第四ルート。

かってはいろんなスキームがあり生命保険の
世界もあの手この手で節税できました。

ここ10年くらいでほとんどのスキームに
網がかかり保険代理店にとって一括千金の夢はますます困難になってきました。
最後に残っているのは逓増定期保険の名義変更ぐらいでしょうか。養老保険の逆タックスの手法もメインの会社が売り止めとなり道が狭くなりました。

今のところ逓増定期保険の名義変更は税務当局の行政指導に従い一時所得として申告すれば合法的になったと言えるのではないでしょうか。

異論のある方もおられるでしょうが経営者の報酬を得る手段に第4ルー トができたことは間違いありません。

もともと経営者が会社から報酬を得るのは「役員報酬」「役員退職慰労金」「配当」の3種類です。もちろん役員退職慰労金というルートは一度きりです。

それ以外に名義変更一時所得という税率の安い美味しいルートができたのですから会社が儲かってさえいればありがたいことです。

名義変更は子や孫にも変更可能ですから柔軟に活用すれば多彩な資金移動が可能です。移動した資金で法人契約している保険を買い取ることが得策になります。なにせ一時所得ですから50万円の控除があり、残る所得の半分にしか所得税がかかりません。

残り半分は所得税が非課税になるのですから、やはりおいしい仕組みです。

とにかく最後の大物スキームですから次に網がかかるまでせっせと活用することです。一つ念押しすると手順がめんどくさいですが逆タックスほどではありません。逓増定期保険自分できっちり管理すること、人任せにしないことが失敗しないコツですね。

保険証券のなくなる時代に保険金の請求漏れをなくす法をまとめると。

CIMG1679保険証券のなくなる時代に保険金の請求漏れをなくすには、注意すべき視点をまとめました。

覚えておくことはできないから請求漏れがでるということになりますが、一通り理解しておくといざという時思い出しやすくなることは実際あります。

脳の中のどこかの部分が覚えていてシグナルを発信してくれるようです。

やっかいなのは契約者が被保険者であり契約者死亡の場合です。

よくある話ですが遺品を整理していたら保険証券を見つけて念のため保険会社に問い合わせたら保険金がおりることになったというケースです。

前もって自分の資産や保険契約を整理して遺族に伝えていればよいですが死亡事故は予告なしで突然やってくる場合も多いですからドラマのようなこともおこります。

昨今は印鑑不要(署名のみ)、保険証券なし(まだ証券を発行する会社はたくさんあります。)という流れになりつつあります。さて遺品の中から保険証券というストーリーは過去のものになり保険金請求漏れは増加するのでしょうか。

実際は保険会社から契約内容のお知らせというものが毎年届きますし、契約時には契約内容を書いた書面を送ってきますから分厚い紙の保険証券ではありませんが覚えは残すことができます。

しかし契約内容のお知らせという郵便物はあまり見向きされないようですし、印鑑不要、保険証券なしというのが顧客サービスに合致しているかどうか今後を待ちたいところです。

CIMG1985

保険契約を整理して生前に遺族に伝えるのがいちばんよいのですが、自分がしっかり理解していないと難しいものです。特に高齢になってから保険契約益々理解しがたくなります。

詳細を伝えることは無理にしても常日頃から保険契約の存在を話題にするような配慮が必要です。そうすれば遺族もそのつもりで遺品を整理するからです。

保険金請求はこちらが申し出ない限り発生しません。契約者宛ての郵便物をしっかり確認することで概ねクリアできるように思います。

 

保険証券を気安く見せない、情報は小出しに、手の内は明かさない。

保険を買う側は手の内を明かさないこと、情報は相手を値踏みしながら小出しにする必要があります。

保険営業では保険証券拝見というアプローチがあります。

確かに保険証券に記載されている情報は保険の提案書よりはるかに情報が少ないので素人さんが見てもわかることは基本的な最低限度だけです。

解約返戻金などもはしょってあるのでなおさらわかりにくいものです。それだけに保険証券を見せて説明を聞きたくなるのも無理もないところです。

保険証券を見せるとなんだかんだといって必ずそれよりよい保険提案と言うものがでてきます。情報を手に入れたら、商売なのですから当然といえば当然です。

そうなれば保険相談と言いつつも相手のペースにはまったことになります。保険証券拝見というからアドバイスかコンサルテーションを期待していても、気がつけばいつの間にやら保険の売込みに話が変わっています。

自分でわからなければ仕方がないですが、保険証券拝見と言われてあっさりと契約内容や財務的な手の内の情報を見せるようなことがあってはならないと思います。CIMG1748

特に法人保険の契約では財務的な情報が入手できなければ保険提案は的外れになる事が往々にしてあります。この辺の見込みのつけ所、情報の出し方に注意する必要があります。

まして保険証券を提示するのは慌ててはいけません。相手の人となり経験・知識の深度・保険に対するスタンスを見極めてからでも遅くありません。情報は小出しに。

 

生命保険契約は敢えてその事を言い出さないと取れない。

CIMG1764その事を言い出さないと契約は取れない、生命保険の営業をしていると本題に入らずに終わることがあります。

お互いわかっていてもその事は言い出せないことがあります。

でも生命保険では敢えてその事を言い出さないと契約は取れません。

言い出して断られたら見込み客を一人失いますからタイミングを見計らうつもりで先送りしてしまうのです。これがクロージングの落とし穴になります。

親しい人や保険以外の付き合いがある人にはなおさらです。保険会社に入ると自分の知り合いをできる限り広範囲にリストアップします。遠い親戚から昔の同級生と浮かぶ限り書き上げて順にアポイントを取っていきます。

そういう手順が土台にありますから、縁ある人にはとくにその事は言い出しにくくなるのです。でも言わないと契約は前に進みません。

うまい営業は診査の段取りを聞いたり念のため申込書を持参していますなどと言葉巧みに決断を迫ります。保険営業では見込にならない顧客を見切ることが時間の浪費を押さえるコツですね。

本当は見込みがあるかないかを見極めて時間を無駄にしないように次の顧客にアプローチすべきなのですが、クロージングを先送りしてそれで仕事をしている気になります。

時間はどんどん経過し締切が近づいてきます。上司はまだかまだかの矢の催促です。背中を押していると言うより、身の保身が見え見えです。

それでぎりぎりの日に直接的で切実なお願いをするような羽目になります。提案している生命保険の善し悪しではなく助けを乞うような情けない話になります。

それで断られれば上司の非難罵倒と自信喪失と薄給破滅が待っています。相手の情にすがって1件できればよみがえったようにホットしますが翌月の苦労の始まりです。

保険営業ではある程度顧客がつかめると先手先手で1件成約を入れて落ち着いた営業をする人もベテランのうちにはありますが、現実は何年やってもその1件に泣くことがあります。

ましてや経験不足の人には厳しいものがあります。

「押してだめなら引いてみな」といいますが、保険営業では引いたら心的リセットがかかりそれで終わりです。しかし押してみない営業はもっとダメというほかありません。その事をタイミング良く言い出せるかどうかが、保険営業の年季の差でもあります。

生命保険の営業に使命感をもって取り組んでいる方には誠に申し訳ない言い方になりました。決して楽な仕事はないということを経験から申しあげたかったということです。どうかご勘弁願います。

保険は相談するな!の真意

CIMG1735保険は相談するな!の真意を申し上げます。

保険を批判的に書くとアクセスが集まります。

ビジネスとして競争に晒される保険業界は顧客サービスが向上する面と競争激化で経営の質も営業職員の質も低下せざるを得ない面があります。

その結果保険会社は叱咤激励を通りこして短期成果を上げるためノルマの追い込みをします。毎月の締めが近づくと土俵を割るか生き残るかの瀬戸際営業が保険相談の質をさらに下げます。

なぜなら自分がお仕舞いなのに見込み客の相談など聞いていられないからです。

残る日数でこれまで提案した少しでも見込みのある顧客に追い込みお願いアプローチしかありません。顔色は平然としていても心の内は火の車だったりします。

これは成果の上がらない営業職員に限ったことではないのです。年に何回も海外旅行に行くようなお金儲けのうまい代理店でも同じなのです。

一度得た資格、収入レベルは生活レベルとして身につきます。それを手放すことは容易ではないのです。かと言ってこれだけ法律が変わったり金融庁の締め付けが強化されると継続して高いレベルで成約をとることはやり手代理店でもすこぶる難事です。

そもそも成果に直結しない保険メンテナンスに手間暇かけられるほど余裕がある世界ではないのです。

保険の世界では見込み客も大事ですが今月の成約、今日の成約が何より必要になります。

すべてがそうだとは言いませんが相談相手としてとても適任だとは思えないのです。ここに情報収集すれど相談せず、自己責任、セカンドオピニオンという考え方がでてきます。保険は相談するな!真意はそんなところです。