生命保険でクリアできる引退間際のオーナー経営者の本音。

生命保険でクリアできる引退間際のオーナー経営者の本音について経験則を申し上げます。

オーナー経営者の本音部分と法人保険との相性はとっても良いのです。切り口はオーナー経営者の悩みと本音ですが解説には保険が絡みます。

60歳から70歳ぐらいのお年になると事業承継セミナーなどに参加され頭の中に「引退」の文字が浮かび始めます。このお年頃になると「功成り名遂げて身退くは天の道なり」とは申しますが、実情はいくら資産があっても引退間際になるとオーナー経営者の悩みは尽きません。CIMG1819

後継者に会社を任せるとは言ったものの何もわかっていない経験不足の後継者に不安は募る一方です。口は出さないと宣言したものの大人しく見ていられない苛立ちが渦巻いています。

できれば自分が指導したいが口を出すと反発があるので、できることは万が一の備えとして保険でカバーしておくより選択肢がないというわけです。

① 後継者に会社を任せるのはまだまだ心配。

何かと自分とは違う新しいことをやりたがる後継者、リスクをとれば利益は見込めるかも知れないが継続企業という視点からハイリスクです。万が一の緊急予備資金としてまた事業保障として法人保険は有効な手段です。

② 自分が心血注いだ会社は残して欲しい。

M&Aの道もあったが社員や関係者の生活を考えて会社をどうにか守ってきたという自負があります。自分一代でここまで育ててきた会社、自分の人生であり分身でもある会社を人手にわたすようなリスクは避けたいと思うのは当然の心情でしょう。

③ 世の中のルールなど穴だらけ、馬鹿正直が損をする。

経営では教科書や手順書があるわけでなし、法律も世間常識もコンサルタントのアドバイスすら当てにできないもの。信じられるのは自分だけであり世の中の決まり事を杓子定規に守っていては会社守れない。世の中のルールより生命保険の解約返戻金の方がよほど確実で信用できると言うのも無理からぬところです。

④ 税務署も労基も公務員は身の保身第一。

敵に回してはいけないが仲良くしすぎてもいけないのが公務員。強気に出れば引っ込むし下手に出ればつけあがるのでつきあい加減が難しい。しかし公務員のさじ加減はやたら大きいので経営においては駆け引きも大事です。CIMG2062

⑤ 経営は日々泥縄辛抱と始末が大事。

どんな企業も内輪は問題山積、一つ間違えると一大事をだましだまし乗りこえるのが経営。諦めず用心深く、お金は始末が第一です。入るを量りて出ずるを制すればすなわち残るものが儲けです。経営でケチ精神は何より大事な心掛けと言えるでしょう。

⑥ 人を動かす力は金と権力。

社員も家族も関係者は基本的に面従腹背、金と権力が人を動かします。これは人間社会の法則です。金の切れ目が縁の切れ目とならないようリスクに備えた法人保険こそいざというときのキャッシュであり強い味方です。

⑦ 相続税ほどばからしいものはない。

払いたくない税金の中でも相続税ほどばからしいものはありません。中小企業はまともに相続税を払っていたら存続できません。あの手この手で相続税の節税を図ります。中でも法人保険のテクニックを活用して相続税をできる限り安くすませることが事業承継を乗りきる有効な手立てとなります。(具体的な手法は各ブログに散在しますのでここでは触れません。)

⑧ 贈与をすれば無駄遣いが心配。

贈与を活用すれば節税できるのはわかっているが後継者に現金を渡せば無駄使いが心配。保険にして名義変更しておけばその時は感謝されないけどひとまず安心です。緊急事態にはキャッシュに早変わり、ありがたい生命保険の仕組みを活用することが大事です。

⑨ まだまだやれるのに遺言など書きたくない。

自分はまだまだ元気、まだまだ後継者を指導しないと安心できないというのがオーナー経営者の本音です。やいのやいの言われても遺言などまだまだ先でよいと考えてしまいます。資産を整理することは大事だが割り振りをあわてて決めることはない、自分はまだまだ長生きするはずであると思うのも体が動くうちはそう考えて当然です。でも体が弱ると遺言のことを考えるのが億劫になるようです。

⑩ 信用できるのは自分だけ最後まで金は離したくない。

金のことに関しては家族といえども言うことを信用してはいけないと思っています。何と言っても信用できるのは自分だけ、相続対策を早くやりすぎて金を手放すと金の切れ目が権力の切れ目となり果ては縁の切れ目にもなる可能性もあります。慌てないことです。

⑪ 裏切らないのはお金と保険だけ。

まさに裏切らないのはお金と生命保険だけです。お金はそのまま相続財産として残すと色がついていないので何かと分割に際しては厄介です。保険なら受取人指定で争いのネタになりません。裏切らないのは唯一保険だけとは厳しい現実ですが、保険会社が第三者として契約を粛々と履行しますから安心できるわけです。

経営者の本音を思いつくままに列挙しました。経営という仕事は決して楽な仕事でもありませんし。時として厳しい決断も求められます。責任も重大ですし気の休まる時もありません。さりとて尊敬されるか、感謝されるかといえば必ずしもそうとは言えない面もあります。

言ってみれば経営とは孤独を覚悟することでもあります。このブログの立場上、せめての助けに法人保険は有効であると申し上げておきます。

生命保険とは言え変額保険にだまされない方法。

変額保険にだまされない方法とは言いましたが、変額保険が悪い商品だと言っているわけではありません。

変額保険は生命保険とは言いながら投資型の金融商品に分類すべきところです。変額保険には大きく分けて養老保険のように満期がある有期型と終身型があります。

先日は証券会社が年金型の変額保険を提案してきましたがいろいろあるにはあります。

法人で変額の終身保険を契約しても完全に塩漬け状態になります。払込満了になっても保険積立金はそのままで放置されており一体いくらの評価になっているのか興味すらわかないのです。CIMG2340

こういう場合は変額保険のリスクは気にする必要もないのです。最低保障された死亡保険金だけを万が一の事業保障と考えておけばよいだけです。変額とはいえ生命保険という頭があれば運用管理をしようとはしなくなるのは法人でも個人でも同じことです。

変額保険も生命保険と思えばそのまま塩漬けになると言うことです。

変額保険はリスクも大きいのですが、主なものは早期解約リスクでしょうか。特に有期型の変額保険の場合、元本割れのリスクは覚悟しなければなりません。資産運用と考えれば解約返戻金は保証されませんからハイリスク・ハイリターンです。

当然ながら運用先は投資信託ですから景気の影響も為替の影響もあります。昨今の株の乱高下や為替の不安定化は運用成績を不安定にします。相続対策としては運用次第で評価減が可能ですから名義変更するときは有利に働きます。しかし相続税の納税資金としてはやはり不適格と言うべきでしょう。運用管理を考えるなら投資の素人には無理があります。

もともと変額保険に加入するときどれだけの人が投資の自覚があるでしょうか

7%の運用実績があると言われれば「絶対値上がりしますよ。」と言われて株を買うのと同じことです。投資ですから損する可能性もあるのです。何事も逆目に振れたら火傷をするようなら手出しをしないことです。

変額保険程度ではかっての為替のオプションのような経営を揺るがすような損失にはなりませんが資産運用と考えるならリスクは侮れません。

かつてのバブル前に予定利率のよい終身保険から欲ボケで変額保険にシフトして泣きを見た方の話は今でも耳にします。あくまでも変額保険は自己責任、一般勘定とは異なり特別勘定で運用されその結果が報告書で届きます。CIMG2166

当然、生命保険契約者保護機構の保障の対象外でもあります。やるならば子を被保険者にして親が契約者、保険金受取人にしてください。若くて健康な被保険者の方リスクが低いですから有利に働くはずです。

変額保険を販売するには変額保険募集人資格が別に必要です。保険代理店にとって変額保険のリスクとデメリットをきちんと説明しフォローできているケースはまれなのではないかと思います。

生命保険会社の募集人は取扱商品のデメリットのついてはほとんどお茶を濁す程度です。

デメリットの説明もしますがメリットの強調に時間を割くのはビジネスですから仕方ありません。ただ金融商品取引法に規制される説明責任を果たすことは必須です。

投資のど素人に対してどこまで真摯に説明責任を果たす気があるかと言うことは問われて当然です。今後老後資金を活用する目的で変額保険という選択肢も出てくるでしょうが、どうも一抹の危惧を感じているのは私だけでしょうか。

カタカナ生命保険会社がカタカナ名前で変額保険を扱っていたりしますが、資産運用がお得意でなければ、変額終身保険の死亡保障を買うつもり以外はおすすめしません。

人生には生命保険であがなうことができない悲劇がある。

人生には生命保険であがなうことができない悲劇があります。

生命保険と言うものは本質的に人生の悲劇の前には無力です。

生命保険は不幸にして起こった悲劇そのものに対しては救いもしなければ助けもしません。生きている以上、人は必ず死ぬものですが順番が前後すると悲劇の度合いも大きくなります。

保険時代のお客様に子ども二人を亡くされた方がいます。本人は脳梗塞で20年以上半身不随で車椅子生活をされています。CIMG1832プライドの高い方ですから半身不随になってからは人前にでることを避けてこられました。ご主人ができた方で社会的な付き合いを絶って奥様のお世話を一身にされています。

10年ほど前にその方の次男が東京の大学に通っているときアパートで原因不明の突然死で見つかりました。気の毒と言うほかない葬式でした。子供に先立たれる親の悲劇は子を持って初めてわかります。生命保険金がどうのという話ではないのです。お金などこの種の悲劇の前には意味をなさないのではないかと思うほどです。我が身に置き換えると震えるほどの恐怖を感じさえします。

長男は優秀で一流の国立大を出て東京に家族をもうけていました。田舎の父母のことは気になりつつも孫の顔を見せるのが年に一回二回と、この時代嫁も夫の実家に馴染むことがありません。どこでも見かける核家族化のパターンです。

孫が大きくなり東京の国立大に現役合格して喜んだのもつかの間で程なくして長男が原因不明の出血病で他界してしまいます。もう見ていられない悲劇です。

後に残ったのは老いた夫婦と縁の薄い嫁と孫です。それも遠く離れていますから助け合うどころではありません。それぞれが生きていくだけで精一杯になってしまいます。何の因果でかくまでも不幸に見舞われるのかるのかと思うほどです。

このとき思ったことですが、その時その場では悲劇に生命保険無力であると言うことでした。生命保険金の請求の手続きをしつつもお金など見れば悲しく腹立たしいばかりです。CIMG2359

二人の子に先立たれ老いた半身不随の奥さんにとりご主人がおられる間はまだいいですが、その先に待ち受けている孤独の時間を思うとひとごとながら戦慄する思いです。ひとりで生きていく覚悟もいるでしょうが、どこかの施設にでも入ってお迎えを待つよりないのでしょうか。時代とはいえやりきれないものがあります。

生命保険に限らずお金があれば施設に入居することはできます。

でも当人にしてみればお金があってももはやうれしくもないですが。