ガン保険無用論は取り消します。

いきなりですが、ガン保険無用論は取り消します。

ガン保険も進化し医療の実態に即した保障を提案しています。その辺を最近入手したA社の資料で分析してみました。医療保険のうちでもガン保険の進化は見るべきものがありました。

■ 医療保険は採算割れ、選ぶ方も割り切りが必要です。

ガン保険を始めとする医療保険は実体から見るとき採算割れになることが多いので[hokenfp]としてはあまりお勧めしないというより、生命保険として評価するとき否定的なスタンスをとってきました。

保険という特性を考えると、採算を考えて加入することはもともと少ないのが現実です。生命保険
で儲けたとか採算がとれるようならそれは決して喜ばしい事態ではないからです。

CIMG2500多くの医療保険は採算的にはマイナスになると考えて間違いありませんが、保険は万が一のリスクをカバーするものですから、保険の価値は考え方次第と言うことでもあります。

社会的な保険制度もありますから、普通の医療保険はその分の保険料を貯金しておけば事足りるのですが、それが容易に出来ないところに医療保険の存在価値があるような気がします。

損得を考えずに掛け捨て保険として割り切って付き合うことです。

■ ガン保険の進化は時代に沿いそれなりのものがあります。

ところがガン保険となると医療保険ではありますが少し意味合いが違ってきます。

ガンと診断されてもよほど悪性か進行していないと早期発見早期治療で治る時代になりました。運悪く手遅れになり、あっさりこの世を去ることになればガン保険は診断給付金手術給付金入院給付金ぐらいが出て保険料の支払期間にもよりますが、まずはプラスマイナスゼロのようなことになります。

生存給付型の保険金を死後に請求するようなことになれば、旅立つ本人には何の恩恵もありません。

しかしガンも治るとなれば再発防止治療が10年近くに及ぶ長期戦となり、治療にかかる費用も半端ではなくなります。年金生活をしていればなおのこと再発防止のための通院による治療費は家計に大きくのしかかります。しかし再発防止の治療と経過観察は、たとえ水を飲んで暮らしてもやめるわけにはいかないのです。

以前のガン保険は診断給付金や入院給付金に重きがありましたが、今はガンは治る病気となり入院期間は大幅短縮化され再発防止のための治療期間が長くなりました。また上皮内ガンの保障は遅れていましたが、今は普通に軽度な保障で納得できる商品が多くなっています。

■ 法人専門のD社がA社のガン保険を取扱開始!?意味不明です。

情報をもらっておきながら意義を唱えるのはいささか気が引けます。法人契約を主体にしているD社が取り扱う保険としては、個人対象のガン保険はいかほどの意味があるか定かではありませんが、社名入りのパンフレットも作成し説明にきました。

CIMG2499持ってきたのは保険金支払いではそれほど評判がよいとは言えないA社のガン保険ですが、内容を分析すると、これがなかなかよくできています。実はこのガン保険を分析し、自分が加入している古いタイプの更新型ガン保険と比較することでいろいろガン保険の進化が見えてきました。

とにかくわかりにくいのが難ですが(説明するD社職員はもっとわかっていませんが)時代に相応したガン保険に近いものになっています。解約返戻金のあるものと無いものがありますが、この運用難の時代にガン保険の解約返戻金にそれほど意味があろうはずもありませんから、ご検討されるなら解約返戻金なしタイプで十分かと思います。

解約返戻金無しは85歳まで、有は70歳まで契約可能になっています。ガンの発症率は70歳を越えたあたりから男女とも急激に高くなりますから保険料は割高にはなりますが商品的には一考の余地があります。

■ A社商品の特色を箇条書きにしました。(かなり進化しています。)

・死亡保険金がないこと
・上皮内ガンが診断給付金の1割保障されること
・通院給付金に重きをおいていること
・放射線治療給付金と抗がん剤治療給付金があること
・抗がん剤治療給付金と先進医療給付金が10年更新であること
・保険として仕組みが複雑すぎて容易に理解できないこと

見るべきところは通院給付金の支給に重きがあり、長期にわたる再発予防治療の通院をカバーしています。ま、そうは言ってもこれまでの死亡保険金とがん診断給付金の高額な部分を小分けして通院給付とガン治療の給付金に充てているだけではあるのですが、見た目のスタイルがよくなった感じがします。

それやこれや考えると、ちゃんと理解して契約する分には使い勝手の良いガン保険といえると思います。どうもあのCMは好きになれませんがね。

注意事項として【!「告知」および「第1回保険料振替」がともに完了した日から3か月の待ち期間
(保障されない期間)があります。】とあります。いわゆるガン保険の90日免責条項ですね。これ
はご注意下さいと申し上げてもどうにかなるものでもない運命ですが・・

法人保険の解約返戻金とキャッシュフロー経営が会社を救う。

法人保険の解約返戻金とキャッシュフロー経営が会社を救う。

中小企業の実情をつぶさに見ていますから抱えている問題はよくわかります。特にキャッシュフローという概念が未熟です。

利益とキャッシュフローは別のこと、重視すべきはキャッシュフローなのですが、ピンとこない経営者が多いのです。大企業にはキャッシュフロー計算書が義務付けられましたが、この辺は中小企業こそ必要なのではないかと思います。

◆ 中小企業の危うさ、試算表ではキャッシュフローが見えない。


在庫や為替の影響は財務に大きな影響を与えます。中小企業の経営者はキャシュフローを重視して資金の流動性に神経をとがらせていなくてはなりません。

CIMG2497キャッシュフローと一口に言っても売掛金や在庫のようにまだキャッシュインになっていない流動資産もありますし、反対に買掛金のようにキャッシュアウトになっていない流動負債もあります。本業では儲かってもいないのに為替の変動で在庫評価が上がったり、製造部が生産性を重視して製品を大量に作り在庫に持ったりすると見せかけの利益が出たように見えます。

これでは真実のキャッシュフローが見えないばかりか、資金繰りは少しもよくなりません。

中小企業の会計報告会は指導力のない税理士によって経営の真実が見えないケースが実際あるのです。税理士の先生にこのやり方ではおかしいと指摘すると「現在の在庫評価はこうなっている。これを今売却すればそれだけの価値になるからこれで正しい。」というのです。

決算時の報告会計ならそれでよいでしょうが、月次の財務分析には意味がないどころか判断を誤る危険すら伴います。キャッシュフロー経営を志向するなら月次の分析手法も進化する必要があります。

◆ 経営は安定的ではない、営業キャッシュフローも安定的ではない


中小企業は吹けば飛ぶような存在、景気変動の荒波にもまれ、時代の潮目に流されて先行きのことは誰にもわからないのです。

為替変動、株の乱高下、市場の変質、顧客志向の変化、価格競争の激化、いつでも倒産の危機は足音もなくやってきます。万が一に備える資金は別枠で用意しなくては枕を高くして眠ることはできないのが経営者です。

少しばかり景気の波に乗って儲けがあっても2~3年も営業利益がマイナスになれば、たちどころにピンチが訪れます。経営というのはもともと安定とは縁遠いもの、特に中小企業は荒海の小舟のようなものです。いつの時代も思うように利益が出ることなど期待する方が無理というものです。

営業キャッシュフローは同じく安定的なものではなく「日々売り上げを伸ばし、コストを削減し、回収サイトを短縮化し。支払いサイトはできる限り長くする。」ことに尽きるのです。キャッシュベースでどれだけ儲かるか考え続けることでキャッシュフローは改善するようになります。

◆ 経営者の思いと保身税理士の腹積もり。


税務署の手先のような納税おすすめ税理士は経営者の気持ちがわからないと言えるでしょう。

経営者にとれば税金は一円でも安いほうがよいし、利益が出ても何とか費用で落としたいと思うのがごく普通の感覚です。できれば利益は来期に繰り延べて少しでも納税を遅らせたい。あわよくば別の費用で落としたいと考えるものです。

CIMG2498納税は社会貢献であり義務であるという大義名分はありますが、所詮、経営という視点から見れば自己満足のマスターベーションに過ぎません。銀行にいくらお金を預けても、また税務署にいくら多額の納税し貢献しても見返りはありません。

長年率先して納税して納税協会の行事にも100%出席して責任を果たしても五年おきに表敬状が一枚もらえるだけなのです。納税をまじめに行ったからといって相続税を負けてくれることはないのです。

経営者は一円でも汗水たらして稼いだ利益を会社に残し、一円でも納税は先送りしたいのが本音です。そのための知恵を借りたいのですが、保身税理士はリスクのあるアドバイスはしません。

◆ 経営者が最も恐れるものは資金ショート。


中小企業というのは吹けば飛ぶような存在です。営業キャッシュフローが出てもいないのに在庫が膨らんで黒字に見えたりします。

キャッシュフローが枯渇しているのに利益が出ているような勘違いが起こります。銀行は利口で狡いですから財務分析は正確です。本業で儲かっていないのに黒字だという企業に金を貸すのは渋ります。

キャッシュフローは企業の血流です。途切れれば資金ショートになります。これは経営するものとして最悪のケースと言えるでしょう。

生活習慣病で肥大した中小企業が、いくら体重が重いからといって金を貸してくれるところはありませんし。血流が止まれば死ぬほかありません。

例え決算が赤字でも営業キャッシュフローが回っていて利益が出ていれば心配はいらないとしたものです。営業キャッシュフローのマイナスが続くようなら事業構造に問題があります。

法人契約の生命保険は簿外のキャシュフロー。


法人契約の生命保険で簿外のキャッシュフローを手厚くすることをお勧めするのは経営における自衛手段です。

利益が出たからといって言われるままに納税するのではなく、たとえわずかずつでも利益の繰り延べをしておき、万が一の折のキャッシュフローに解約返戻金をあてるのです。

今はよくても先のことはわからないのです。運よくもっと儲かればその時に納税すればよいのです。

中小企業が儲かったとき、業績の良い時は企業自身が知恵を絞り工夫して将来的に安定的なキャシュフローを確保できるように法人契約の生命保険で緊急予備資金を準備することが何より大事です。

金融機関を当てにしてよいのは利益が出ているときだけ、本当にキャッシュフローが必要な時には自己責任が基本です。いつも節税するほど利益が出るとは限らないのですから、泣いても笑っても、いかに利益を繰り延べるかが経営のツボというわけです。

ガン保険と急死の損得勘定┃生きてこその意味。

元横綱千代の富士関の訃報にガン保険の損得勘定を考えてみました。

元横綱千代の富士関が先日急死との報道に「えっ!」と驚いた方も多かったことと思います。同年代の急死は原因に興味が集まります。

ニュース速報で事故死ならそのように報道されますから、今回のケースは病死、しかもお若いですから可能性が高いのはガンと思っていたらその後のニュースで膵臓ガンだったとのことです。

膵臓がんの事例と治療困難

膵臓ガンは治療が難しく場所によっては手術も出来ない場合があります。知り合いには二人膵臓ガンの人がいました。50代のデザイナーで黄疸症状がでて入院後一ヶ月で帰らぬ人となりました。本人には知らせずです。

もう一人は60代の教科書販売会社の社長さんでしたが、体調不良で黄疸症状がでて緊急入院、一週間で亡くなりました。脅かすわけではないですが、膵臓ガンは治療困難、急死というイメージがあります。

お二人ともガン保険に入っていたという話は聞いていません。結局手術なしではありますが、明らかなガン死亡ですから、通常のガン保険ならガン診断給付金とわずかな死亡保険金、それと短いながら入院給付金も出るでしょう。

ガン保険の採算

医療保険はハナから採算割れとしたものですが、ガン保険は保険として意味がある時があります。というのはガンという病気はそのまま亡くなればガン保険も診断給付金や手術給付金でプラスになる場合があるからです。

経過観察と再発予防が大きなコストに

しかしガンの初期で予後が比較的よい種類のガンで治療に成功するとその後の費用はガン保険でまかなえる範囲を大幅に越えてしまします。ガンという病気は再発リスクがありそのための経過観察と再発予防にかかる費用が長期にわたり、それも大きな額になります。

毎月通院し、ホルモン注射を受けて定期的に検査を受けると年間30万から50万もかかることが普通にあります。

ガン患者とその家族にとって負担は計り知れませんが、再発リスクには替えられません。確定申告時に出す医療費控除も大きな額になりますから、還付される額も家族旅行に行けるくらいあります。

ガン保険の通院保障の限界

A社がガン保険を扱えるようになりましたとB社の資料を持参しました。ガン保険としてはトラブルの多かった上皮内ガンの保障を明確にしていてとてもよく見えますが、肝心の経過観察と再発予防の通院保証はがよく見えません。

退院後の通院は一年以内なら無制限とありますが、これは当たり前です。三大治療(手術・放射線・抗がん剤)のための通院は無制限とあります。経過観察で抗がん剤を使用しないと対象外となるように読み取れます。どうもよくわからない仕組みです。

再発予防5年では完全ではないのです。7年から場合によっては10年の長期にわたります。

負担が一番大きい部分はガン保険では担保されない可能性もあります。無理もないです。これだけガンが多くなり再発リスクも高ければ治療が長期にわたり、費用がかさむわけですから保険会社としても、とても保障していられないのでしょう。この辺お詳しい方の情報をお願いします。

生きてこその意味。

CIMG2489医療保険の内でも、ないよりましのガン保険です。最近のガン保険は普通に上皮内ガンも保障の対象(保険金は雀の涙ほどですが・・)です。

生きてこそではありますが、ガンになって生き残る時のコストは家族に大きな負担を強います。

千代の富士関の膵臓がんによる急死は、若すぎる故に残念ではありますが、ガン保険に入っていれば医療コストではプラスになると言えるでしょう。

もちろん千代の富士関が元気で長生きできれば、ガン保険のコストどころではない実入りがあるでしょうから、この世では何はともあれ長生きをよしとすべきかもしれないところです。

千代の富士関の訃報に接して、生命保険にかかわるものとしての感慨は、生きるということは存外難しいといわざるを得ません。

生命保険の比較購買は誤解であるという理由。

生命保険の比較購買について、そんなに簡単ではない理由があります。

CIMG2488生命保険の比較購買が業界の特性として難しいということは下記のブログに書きました。実際の場面ではよくて2社から3社も比較できればよいほうです。もちろんベストはあきらめてベターな選択をしているだけです。

 

 

 

◆同じ保障で保険料に差がでるのに生命保険の比較購買のハードルは高い。

生命保険に限らず、売るべき商品に特殊な強みや優位性がない限り機械的に価格競争をすれば完全競争となり利益は限りなく0に近づくはずです。

逆に言えば生命保険の完全な比較購買ができれば、生き残る生命保険会社は一社になるはずです。同じ保障で一円でも安い方、解約返戻金が一円でも多いほうがよいのに決まっているからです。解約返戻金を各社比較しランキングを提供してくれる会社もあります。

◆生命保険の比較購買なら唯一の仕組み、亀甲さんのトータくん

●しかし実際の生命保険販売でも他の商売でもそうはなりません。

商いは人と人がするもの、好きか嫌いかがすべてを決めるからです。

CIMG2405営業力というか人間力、人の縁があり決して人は価格だけでは選ばないのです。特に生命保険のような形のない商品、結果のわからない商品は商品力より売り込む人間の営業力というか人間性が大きくものを言います。

比較して、人情を排して、ベストを選択したつもりでも多くの場合、選択が先で理由が後付けになります。それが完全競争にならない理由です。

付加価値というのは売る人の人間的価値でもあります。商品としての付加価値に営業としての付加価値がオン出来れば鬼に金棒となります。

生命保険も同じこと、比較購買を目指しても好き嫌いが優先するのは仕方のないところです。そこに生命保険業界の優績者が生まれる理由があります。

●比較購買が必要でありながら実は価格競争ではないのです。

生命保険の比較購買を標榜しながらこんなことを言うのは不謹慎ですが、実際の現場では売り込む営業を好きか嫌いか、プラスGNP(義理・人情・プレゼント)が選択の基準になるのです。

そんなアホな!とお思いでしょうがどれだけ生命保険を理解して正しい比較購買をしている人がいるでしょうか。ご自身は、自分はよりよい商品を選択したと信じていることでしょうが、それは思い込みにすぎないと言えます。

生命保険の売る側と買う側との双方に属した経験と、徹底的に比較購買に徹してガム一枚拒否してきたからこそわかる生命保険購買の真実です。

だから予定利率が下がっても生命保険業界は相変わらず生き延びていくのです。