セルフメディケーション税制の注意事項。

セルフメディケーション税制は注意点がいくつもあります。

これまで医療費控除の確定申告で恩恵を受けてきた身には、今回のセルフメディケーション税制は手間がかかる割には見返りが少ないと感じています。

サイト記載内容に誤りがありましたので削除し、変わりにエクセルでセルフメディケーション税制の明細書を作成しました。あまり必要がないのかと思っていましたが、要望がありましたので急遽作成しました。

◆ セルフメディケーション税制の明細書です

エクセルデータのダウンロードはこちらです。

セルフメディケーション税制の明細書

(印刷すると記号などでズレが発生します。込み入ったセル結合をしていますので、調整しながらご利用ください。本データをダウンロードされる場合、自己責任でお願いします。)

◆ セルフメディケーション税制ではドラッグストアのレシートを集めて5年間保管。

医療費の領収書は病院や処方箋薬局ごとに、また治療を受けた人ごとのにすっきりしていて他の要素が入らないのでわかりやすいのです。薬と水

ところがセルフメディケーション税制で集める薬局やドラッグストアの領収書は細かくて見にくいし、無関係の要素が多いのでわかりにくいところが難点です。ドラッグストアでも毎週通うとレシートはすごい枚数になり、多くの場合、感熱紙に印字されていますから、時間の経過とともに印字があせてきます。安い商品を求めてドラッグストアのはしごをするセルフメディケーション税制の節約派はさらに大変です。

◆ セルフメディケーション税制は時限立法。

セルフメディケーション税制は2017年1月1日~2021年12月31日までの期限付き医療費控除の特例となっています。もう2017年は終わっていますので、セルフメディケーション税制をこれから活用される方は後4年間、毎年せっせと領収書を集めて確定申告をして下さい。念のため申し上げておきますと、領収書さえ残っていれば還付申告は5年遡って可能です。

レシートの山のイラスト

とは言え5年間の領収書保管とは、実際とても面倒なことです。買い物をするのは町のドラッグストアですから、対象の医薬品が日用品などと混在するので集計が大変です。セルフメディケーション税制はまだまだ知らない人が多いので、ほとんどの人は領収書を捨てているでしょうからはっきり言ってセルフメディケーション税制の本格活用は来年からですね。

◆ セルフメディケーション税制は手間の割に還付される金額が小さいし勘違いが多い。

医療費控除もセルフメディケーション税制も医療費がまるまる戻るわけではないのです。基本的に源泉徴収された所得税の還付と翌年の住民税の減税です。税率によっても還付金は異なります。また住宅ローン減税を利用していると減税が目一杯で所得税は払っていない場合申告しても当然還付はありません。

◆ セルフメディケーション税制のスイッチOTC医薬品とは。

セルフメディケーション税制で指定している対象医薬品、いわゆるスイッチOTC医薬品とは要するに処方箋医薬品から転じた市販薬です。

カプセル薬のイラスト

現在1676品目以上あるそうです。著名な医薬品メーカーの風邪薬や胃薬、花粉症の点鼻薬など普通に売られているお薬です。OTCとはオーバーザカウンターの英語の略です。売り場で買える家庭薬ですね。

念のため、健康食品は見た目には薬に見えますが、医薬品ではないのでいくら高額でもセルフメディケーション税制の対象品には該当しません。ドラッグストアの売り場でこれまで意識してこなかったと思いますが、パッケージに下記のようなマークが印刷されています。

共通識別マーク

よく見るとレシートにも目印が印字されてます。

◆ 医療費控除でもスイッチOTC医薬品が使えます。

これまで知らなかったことは医療費控除でもスイッチOTC医薬品が含まれることです。これまで知らなかたのは自己責任ですが、かなり損をした感じです。スイッチOTC医薬品はセルフメディケーション税制だけのものではなかったのです。

控除されるのは実際に払った価格とその分の消費税です。割引があれば割引後の価格です。インターネットでも医薬品が一部売られてますが、自分でプリントアウトした領収書は認められません。

◆ セルフメディケーション税制では、健康診断などの申告のための資格要件の証明が必要です。。

セルフメディケーション税制の資格要件として健康診断や予防接種などの証明が必要となります。普通のサラリーマンなら会社で健康診断があるでしょうし、インフルエンザの予防接種もされているでしょうから、証明書に困る事はありません。健康診断の領収書はないと思いますので、診断結果のやばいところだけ黒塗りでコピーを提出してもOKです。

セルフメディケーション税制の証明資料となる健康診断や予防接種などの費用は対象外です。

だいたい月1,000円以上で年間12,000円になりますから、控除額に達する可能性は結構あります。少額で面倒ですが、ここは細かく領収書を集めて保管しておいてください。

医療費の領収書は受診者の名前が明記されますから制限があります。妙なアドバイスになりますが、セルフメディケーション税制では拾った領収書でも区別がつきません。

◆ セルフメディケーション税制、共稼ぎの裏ワザ。

かわいい注射器のイラスト

医療費控除とセルフメディケーション税制は選択制とはいいますが、家族の中に収入があり所得税を払っている人が他にいればそれはそれで適用可能です。共稼ぎでご主人は医療費控除、奥さんはセルフメディケーション税制でも使えます。実は裏ワザでもってなんでありません。国税庁のQAに差し支えありませんと明記してあります。

厚生労働省セルフメディケーション税制Q&A
Q5 同一世帯の中に、従来の医療費控除により申告する人と、この税制により
申告する人がいて構いませんか。
A それぞれが所得控除を申告することができます。

◆ 私がやっている、簡易な申告手順。

e-taxは便利ですが、ハードルが高いのが実情です。ICカードリーダーを用意してマイナンバーカードを読み込ませないとできません。

またe-Taxの開始届出書を提出し利用者識別番号を入手しないとe-taxは使えません。下手をすると還付金よりコストと手間がかかります。サラリーマンなどの確定申告初心者には全く向いていません。医療費控除もセルフメディケーション税制もなるべく手間をかけないことが重要です。

医療費控除もセルフメディケーション税制の申告もe-taxを使用しない方が間違いなく便利で早いです。

必要な書類をあげておきます。

マイナンバー通知書(マイナンバー通知書には顔写真がついていませんがマイナンバーカードを取得すると写真入りの身分証明となります。)しかなくてICカードリーダーも持ち合わせていないなら申告書をプリントアウトして郵送することです。

(郵送の場合本人確認ため免許証とマイナンバー通知書のコピー添付が必要ですが、実際手軽にできます。税務署には休日投函用のポストがありますから、お近くなら郵送料もかかりませんし投函しておく方が確実です。)

セルフメディケーション税制をうまく活用されて、少しでも払いすぎた税金が還付されるようお祈りいたします。

医療費控除で保険金がマイナスされる本当の理由。

医療費控除では保険金をマイナスする理由があります。

医療費控除で納得できないことの一つに、支払った医療費から受け取った保険金を差し引かなくてはならないことです。

CIMG3073普通に健康な家族が風邪をひいたり歯科医にかかるぐらいでは10万円の医療費にはならないものです。

しかし家族の誰かが入院するとかガンにかかって手術を受けるような、いわゆる大病をすると10万円の医療費はすぐに越えてしまいます。

当然医療費の増加は家計を圧迫しますから医療費控除という仕組みはよくできた税制です。ところが自分で保険料を払い契約している医療保険から保険金が出ると、何故かその保険金分を医療費控除から差し引くルールになっています。

高額療養費などの社会保険から補填される分を差し引くのは当然としても、自分の意思でかけてきた保険から支払われる保険金を医療費控除から差し引くとは、素直に納得できない方もいらっしゃると思います。

◆ しかし課税当局にはそれなりの理屈があるのです。

被保険者が受け取る医療保険金(診断給付金、手術給付金、入院給付金などの生前保険金)は死亡保険金や満期保険金と異なり基本的に非課税で受け取れます。保険金といえども所得に違いないのですが、所得として確定申告する必要はありません。

(※死亡保険金や満期保険金は受取人が受取り、契約形態により所得税、相続税、贈与税の対象となります。)

実はここで一度非課税の特典があるので、その二重の非課税を避けるために医療費控除から保険金は差し引いてくださいねと言う趣旨なのです。

これは、課税当局にすれば納税者の公平を図るという意図があります。引っかかりのある方あまたいらっしゃるでしょうが、しぶしぶ納得されましたでしょうか。

◆ 保険金についていくつか注意事項があります。

受け取った保険金はその補填の対象とされる医療費ごとに控除することとなっています。補填対象以外の医療費から差し引く必要はないのです。

わかりやすく言うと妻が病気で医療費が8万かかり保険金が20万出たとしてもそれは妻の医療費に対する補填なので他の家族の医療費からは差し引く必要はないのです。

保険で補填される妻の医療費を除く他の家族の医療費合計が10万を越えていれば医療費控除の対象となります。

要するに保険金は家族合計からマイナスするのではなく対象となる医療費だけから差し引くのです。

◆ 保険金の受取を翌年にずらしても差し引きを免れません。

少しばかり知恵が回ると、保険金請求に関して言えばあわてる必要はないので、医療費が少なくなる翌年の医療費控除に回せば都合がよいのではと考えてしまします。でもそれほど甘くはできていません。

実際は受け取る保険金等の額を見積もって、その見積額を支払った医療費から控除することが正しい処理です。保険金の支払い対象となった医療費と結び付けて判断されますから、浅知恵では誤魔化せないようになっています。

もし後日、その保険金等の確定額が、見積額と異なることとなったときは、遡ってその年分の医療費控除額を訂正することになります。誠にめんどくさいですが。

◆ 税務署は保険金支払いを知りえるのでしょうか。

保険金が支払われると支払調書が発行されます。支払調書の発行基準がH30.1.1
より変わりましたが、基本は同じです。

1回の支払金額が100万円を超える死亡保険金、満期保険金、解約返戻金等が支払われた場合、税務署に支払調書が行きますが、逆を言えばそれ以下なら支払調書が発行されないということでもあります。

がん保険の診断給付金などがある場合、100万を越えることはあると思います。普通、保険会社から税務署に支払調書が発行されることになりますので、ここは保険金のマイナスをしていないとバレてしまします。

100万以下なら支払調書が発行されないからバレ心配はないのでしょうか。ところがそうも言えないのです。保険の知識と税務署の調査権限を知っていると侮れない部分があるのです。

ただスピード違反の取り締まりのようなもので運が悪ければ網にかかるということです。

これもOB税理士に聞いた話ですが、人手不足で全部調べるなどとてもできないので、医療費の申告金額が大きなものをピックアップして照会をかけるそうです。

確かに金額が大きい場合は大病をして保険金を受け取っている可能性が高くなります。医療費の領収書の金額が大きくてこれは怪しいと睨んだら、銀行に照会をかけることで、申告者の家族のお金の動きが筒抜けになり、保険金が入金していれば保険会社がわかります。

保険会社は税務署からの照会には洗いざらい報告します。庶民の想像以上に税務署の調査権限は強力なのです。プライバシーも何もありません。

◆ ガンになると医療費控除は強力な味方です。

ガンになると医療費控除はありがたい仕組みであることを実感します。

がんは急性期より再発を抑制するための通院費の負担がとても大きく、医療費の不安が毎年大きくのしかかるのです。この期間はガンにもよりますが10年続くと思って下さい。

誰しも高齢になるとガンのリスクが高まります。ガンに限らず体のどこかに不調をきたし医療費がかさむようになります。かといって医者通いを我慢するというわけにもいかないのです。

医療費をやむなしの必要経費と考えて医療費控除を最大限活用し、少しでも税金の還付を受けることが、生活の助けになります。

◆ まとめ

シンプルに医療費控除における私の結論をまとめました。

・医療費控除は賢く使う。
・姑息なことは考えない。

正しいルールを知り、早めの医療費控除の確定申告をお願いします。

また新しく始まったセルフメディケーション税制の方でも医療費控除との選択制ですが、保険金を差し引くという記述が見られます。普通に考えれば、セルフメディケーションに対応する症状が保険金補填の対象となることはあまりないでしょうし、金額的にも少額(12、000円以上から88,000円まで)ですから問題にならないと思います。

国税庁の確定申告のバナーです。こちらから申告手続きをどうぞ。

追記3/1:◆ 確定申告1カ月延長、4月16日(木)まで。e-Taxが便利で安全、郵送でも感染リスクなしです。

link

おひとりさま相続とおふたりさま相続。

おひとりさまとおふたりさま相続の行く末。

生涯結婚しない人の割合が増加しています。おひとりさま相続の行く末は下記のページで考察しました。争族にはならないもののたった一人で迎える人生の終末についてあれこれ考えると相続にかぎらず一抹の不安感がよぎります。

相続420億国庫へ┃お一人様相続の行く末。

ところがおひとりさまだけでなく、結婚しても子どもがいないおふたりさまというケースでも、同じようなことが起こります。いずれはおひとりさまというわけです。

CIMG3071人間は誰でも、たとえ一人になっても、病気になっても、認知症になっても、体力が衰え車いすになってもとりあえず死ぬまでは生きていかなくてはなりません。

老後を心豊かに過ごすことは皆様が望むことではありますが、なかなか未経験ゾーンですから、適切なアドバイスの言葉が見つかりません。

このサイトではおひとりさまおふたりさまの相続で考えておくべきことを整理しました。せめて悩みの一つくらいは解消できれば甲斐があるというものです。

◆ 独身ならおひとりさま相続、子どもがいなければおふたりさま相続。

独身のおひとりさまは、体力があり元気なうちは勝手気ままに暮らすことができますから煩わしいことはあまりないと思います。でも先のことを考えると気が滅入ることもあるのが普通の心理でしょう。

年を積み重ねるにつれて介護の心配、遺産の心配が重くなってきます。遺産は多くても少なくても心配の種になります。最後は一人という覚悟はできていると思いますが、心のどこかに弱気の虫が頭をもたげます。

財産はそんなに多くなくてもそれなりの遺産は誰にでもあると思います。死後のことはもはや関係ないとはいうものの、遺産の処分については遺言書で指定することで憂いのいくばくかは消える可能性があります。

親族がいれば兄弟姉妹や甥姪に相続権がありますが、それもいなければおひとりさまの遺産は国庫に入ります。それがいやなら世話になった第三者や団体に寄付するときは遺言書で指定することができます。

◆ おふたりさま相続の落とし穴。

子どもがなくておふたりさまになると遺産相続では注意が必要です。配偶者がなくなったときに相続人としての子どもがいないと親兄弟が相続人として登場するのです。

CIMG3072これは遺言書などでしっかり対応しておかないと、残されたおひとりさま配偶者が泣きを見る落とし穴です。

配偶者の急死などによる遺産相続上のもめ事も実際多いのです。

普通の子どもがいる場合の相続では祖父母兄弟姉妹に相続権はなく、当然遺留分はないのです。

ところがおふたりさまの相続の場合には妙な相続人が登場するのです。

子どもという相続人がいないばかりに、もともと相続に関係がない親族に相続権が発生します。

おふたりさまの場合、連れ合いが亡くなったとき遺言書で指定していなければ無情にも法定相続となり、財産すべてを受け継ぐことができなくなるのです。

場合によれば遺産相続協議になり、住む家を手放して他の相続人に分割する必要も出てきます。

・子がなくて配偶者だけの時、親も相続人になり、配偶者が2/3、1/3が親の権利になります。
・子がなくて親がいない場合兄弟姉妹が登場します。配偶者が3/4、1/4が兄弟姉妹の取り分になります。

親族であろうとも、日ごろ懇意にしていようとも、お金の前には人が変わるということを胆に銘じておいてください。正規の遺言書さえあれば口出しできないのですから、くれぐれも抜けのないようにと申し上げておきます。

◆ おひとりさまとおふたりさまの生命保険

おひとりさまに必要な保険は死亡保険ではなく生前給付の医療保険ということになります。医療保険に入るべきと申し上げているわけではなく余力があれば医療費の積立くらいのつもりで加入することです。

無理をして加入しても、長期的な損得から言えば得になる事はまずありません。がん保険なら多少は意味があるかもしれませんが。

おふたりさまの場合は、死亡保険金が助けになる事があります。配偶者の生活が維持できる程度の生命保険をかけておくのが安全です。

あまり老いてからは生命保険の被保険者としては適任ではないですし、保険料もお高くなりますから早いうちに老後を見据えた生命保険を考えておく必要があります。

おひとりさまで、もし自分の死後に残るかわいいペットがいれば、面倒を見てもらう信用できる人に遺言書で指定しておいてください。

おひとりさまの場合、甥姪は兄弟姉妹がいれば相続人にはなれないので、甥姪に相続させたい場合は生前贈与か遺言書で指定してください。

◆  まとめ

おひとりさまもおふたりさまもこれからの時代はどんどん増加します。自分がおひとりさまかおふたりさまかを自覚し起こるべき相続問題に早めに対処しておくことが何より肝要です。日常では思いもしないリスクが相続には隠れています。また人間の本性がむき出しになるのが相続です。もちろん生命保険の見直しも含めてということがこのサイトの趣旨ではありますが。

医療費控除の明細書|エクセルダウンロード。

医療費控除の明細書|ダウンロードエクセルで。

追記3/1:◆ 確定申告1カ月延長、4月16日(木)まで。e-Taxが便利で安全、郵送でも感染リスクなしです。

2019/12/26追記、医療費控除の確定申告とe-Tax簡便化に至る手順は下記の記事にまとめました。簡単そうで奥が深い医療費控除に関する情報はほぼ漏れなく揃えたという自負があります。

ここ数年で医療費控除の手順や仕組みは大きく変わりました。今年初めて医療費控除の確定申告にチャレンジされる方には以下が参考になるものと思います。

■医療費控除はe-Tax、簡便化からスマホまで、まとめ。

CIMG3070医療費控除を毎年申告している者として、今回の医療費控除で一番困ったことは「医療費控除の明細書」なるものが新たに登場して、そのフォームがPDFでしか公開されていない点です。

なんで明細書がエクセルでダウンロードできないの?とは、誰しも思うところです。

2019/2/9追記します。国税庁のサイトで医療費控除の明細書エクセルバージョンがアップされています。きれいにできていますのでこちらをご利用されるほうがおすすめです。医療費の項目が多い方のために2枚目3枚目以降もあります。

■ 国税庁 平成30年分確定申告特集 医療費控除の明細書の書き方など

医療費控除の明細書様式「Excel版」はこちら【Excel/2097KB】

ここから以下の内容で医療費控除の明細書エクセルダウンロードの部分は自分のエクセルにこだわる方はご利用いただけますが、若干時代遅れかもしれません。

 

今年から登場した「医療費控除の明細書」は、毎年作成している医療費の明細書と似ていますが、内容的には異なります。

困ったことですが、内容を理解し対応するほかありません。どうしても医療費控除は年とともに必須の仕組みになりつつあります。年を取れば夫婦ともども医療費がかさんでくるのはやむを得ないところです。

念のため前もって区別すべきところを申し上げて置きますが「医療費の明細書」「医療費控除の明細書」似ていますが違うものです。新しい制度では「医療費控除の明細書」となっています。残念ながらぴったりダウンロードできる明細書は見当たりません。

・従来の医療費の明細書フォーム

医療費の明細書

では自分で作ればよさそうなものですが、国税庁からのフォームをそっくりエクセルで再現するのは、誠に骨の折れることです。まるで手書きで提出せよと言わんばかりです。

検索ではいろいろなフォームが提供されてはいますが、どうもわかりにくいのと、性格的に国税庁指定のフォームにこだわる気持ちがやはりどこかにあります。医療費控除の明細書のフォームがエクセルでダウンロードできればすんなり納得できるものを、そうはなっていないのです。

平成30年分の確定申告の提出期限は2019年2月18日(月)~3月15日(金)までとなっていますが、還付請求である医療費控除は1月でも受け付けてくれます。協会けんぽからの医療費の通知書は一向に届きませんが。

◆ 医療費控除の明細書のフォームを作成しました。

そこで、同じ困りごとの方もいらっしゃるのではないかと思い、エイヤッ!でエクセルで医療費控除の明細書のフォームを作成しました。これならダウンロードすれば手間が省けます。

下記サンプル画像で出来栄えをご確認の上、お役に立ちそうでしたらエクセルのフォームをダウンロードしてご活用下さい。

◆ 医療費控除の改正点

医療費控除の手順や注意事項等の詳細は、他のサイトにお譲りしますが、実際に医療費控除の確定申告をする立場で感じたことと注意事項をいくつかお話しさせていただきます。

作製した医療費控除の明細書確認用

医療費の明細書フォーマット

作製した医療費控除の明細書エクセルデータ

医療費控除の明細書フォーム

読者からの依頼で2ページバージョンを追加しました。

医療費控除の明細書フォーム(2ページ用)

(印刷すると記号などでズレが発生します。込み入ったセル結合をしていますので、調整しながらご利用ください。本データをダウンロードされる場合、自己責任でお願いします。)

(追伸:一部文字間違いと計算式を修正しました。チェックボックスを入れました。文字入力ではテキストボックス等が邪魔をする場合があります。ご注意ください。またダウンロード後は編集を有効にしないと入力できませんので念のため。)

追伸2:指摘により欠字修正しました。またなにかあればご指摘をお願いします。

・便利になったところと不便になったところ

実は便利になったところを考えてみたのですが、あまり見当たらないのです。

医療費の領収書の提出が不要になったということですが、支出した医療費を整理し集計するためには、領収書を集めて医療機関ごとに集計しなくてはなりませんから、手間としては変わらないのです。

むしろ医療費の領収書が手元に残り、保管義務が5年間とは厄介な話です。それこそなんぼでも溜まります。

もし無理やりでもメリットをあげるとすれば、領収書をきちんと整理保管してこなかった方には都合が良いかもしれません。なぜなら領収書を添付する代わりに健康保険組合などが発行する「医療費通知」添付すればよくなったからです。

ただ、医療費通知に記載されていない医療費や医療関連費用もありますからこの辺は整理しておく必要があります。

困ることは、せっかく早くから申告可能なのに「医療費の通知書」2月に入ってからで、なかなか届かないので、せっかちな私は待ちきれないのです。

◆ 医療費控除申告の改正についてOB税理士の見解

今回の改正の背景は税務署が大量の医療費領収書の保管に困った結果ではないかとのことです。実際、家で邪魔になるものは税務署でも邪魔になるそうです。人員不足の税務署のコスト削減策ともいえるのではないかと思います。

◆ 注意すべきことは保険金等で補填される金額

CIMG3069医療費控除では保険金等で保険される金額は申告する医療費から差し引かなくてはなりません。

社会保険で支給される高額療養費などは医療費から差し引くことはやむを得ないところですが、医療費控除では個人で加入している生命保険から保険金が出たとしたら、その分も医療費から差し引くことになっています。

理解に苦しむところですが、生命保険には医療特約や医療保険があります。ガン保険なら診断給付金、手術給付金、入院給付金、通院給付金などが出ます。

自分で保険をかけておいたばかりに医療費控除が使えなくなるというあほらしいことも実際よくあります。

保険に入っていない人のほうが医療費控除では得をするようになっています。

決してそういう人のためというわけではないですが、医療費控除の明細書のダウンロードが可能なように手間をかけました。

◆ まとめ

実は今回の医療費控除の改正は猶予期間があります。

国税庁によると
(注1) 経過措置として、平成29年分から平成31年分までの確定申告について
は、明細書を確定申告書に添付せず、領収書を確定申告書に添付するか、確定申
告書を提出する際に提示することによることもできます。

ゆえに今年度は様々な理由から例年通り医療費の領収書を取りまとめ「医療費の
明細書」を作成し、医療費の通知を待たずに早々と確定申告を済ませてしまいま
した。自作の「医療費控除の明細書」のフォームが完成したので、来年からは新し
い仕組みで申告しようと思っています。

◆ 2018/11/03追記

医療費控除に関する最新情報をまとめました。

医療費控除はe-Taxが便利?変更点まとめ。