電子帳簿保存法の狙い、恐怖の質問検査権。

電子帳簿保存法の狙い、恐怖の質問検査権。

すでにご承知の方も多いと思いますが、税務書類の保管ルールを一新する改正電子帳簿保存法の施行が来年(2022年)の1月1日に迫ってきました。

多くの中小企業ではまだ対応が終わっていないものと思います。これが施行されると税務調査はどう変わるのでしょうか。検索機能などの対応がきちんとできていないと、調査官による帳簿のダウンロードが要求されるなど、情報の全開示となりそうです。本来開示する必要のない情報まで税務署に収集されるかもしれないということは、実質的に調査官の質問検査権が強化されることに他なりません。 続きを読む

死因贈与とは、相続・遺贈の違い、メリットデメリット。

死因贈与とは、相続・遺贈の違い、メリットデメリット。

死因贈与とは、遺言書とは別に贈与者の死亡を原因として贈与が発生する契約です。前回の記事に続き、死因贈与を取り上げます。相続には関係しますが遺言書と直接の関係はありません。

◆ 意味不明な「死因贈与」の補足。

またまたですが、死因贈与というだけでは意味することがよくわからない言葉について補足が必要になります。実は被相続人の財産を引き継ぐ方法として、前回解説した相続や遺贈だけでなく「死因贈与」という方法があります。 続きを読む

遺贈と贈与・相続人と受遺者の違い、ここを具体的にくわしく。

遺贈と贈与・相続人と受遺者の違い、ここを具体的にくわしく。

いろんなサイトに遺贈と贈与・相続人と受遺者の違いがかかれています。しかし何度読んでもすっきりわからない不思議な感覚が残ります。もう少し普通の人間がすんなり理解できる説明はできないものかと思案しました。

言葉の意味や権利関係はその通りなのですが、要するに何が違うのか素人がすんなり理解しやすい説明にチャレンジしてみました。

自分が分かっていないのに人に説明できるかと言われればまったくその通りですが、遺言書の記事を発信している立場で遺贈と贈与・相続人と受遺者の違いが分からないと、さすがに無責任の誹りをまぬかれないと思います。 続きを読む

予備的遺言の効果、受遺者死亡の場合遺言が無効に。

予備的遺言の効果、受遺者死亡の場合遺言が無効に。

遺言書の書き方に踏み込んでいくといろんなケースが想定されます。被相続人よりはるかに若い相続人に災難が降りかかり先に亡くなるようなこともあり得ます。

遺言で相続財産をもらう人は相続人とか受遺者と呼ばれますが、単純な遺言では想定外の事態が発生した場合、遺言者の意思どおりにいかないこともあります。

そういう不慮の事態を想定した場合、念には念を入れた遺言が予備的遺言というわけです。予備的とはいえ遺言書として法的な効力をもちますからその効果は変わりません。これから遺言書をお書きになる方、すでに遺言書を書いて保管されている方へのアドバイスとして耳を傾けていただける話だと思います。 続きを読む