医療費控除をスマホで確定申告。

医療費控除をスマホで確定申告、e-Tax完結が来年から可能に。

DSCF1776保険業界で保険営業は基本的に個人事業主として確定申告が必要です。給料は会社から出ますが、経費は自己管理になりますから確定申告で調整します。しかし普通のサラリーマンが確定申告をすることはあまりないと思います。

しかし会社の給料以外の収入が発生したり、医療費が大きくなったりして医療費控除の確定申告をするときは申告書の提出が必要になります。申告書の作成は国税庁の確定申告書作成コーナーでとても便利に作成できるようになりました。

■国税庁 確定申告書等作成コーナー

ネットで確定申告書を作成すると、印刷して郵送する方法とe-Taxでオンライン提出する方法があります。e-Taxの簡便化により税務署で発行されるIDとパスワードがあれば今後はスマホで提出ができて、確定申告があっさり完結します。

スマホのような小さな画面でできるかどうか心配になりますが、かなり改善と工夫がされたようです。令和2年1月から利用可能になりますので、ぜひチャレンジしてみたいところです。

◆ 医療費控除の確定申告をスマホでe-Tax。

税務署スマホe-Tax1裏 (2)税務署スマホe-Tax1裏 (1)

 

 

 

 

 

 

 

先日、国税統括調査官がチラシを2枚持ってやってきました。

来年から確定申告がスマホでできるようになるのでご利用いただきたいという案内です。

もちろんマイナンバーカードを読み込めるリーダー機能があるスマホであればわざわざICカードリーダーを購入しなくてもe-Taxで申告書の提出が完結します。

マイナンバーカードを読み込めないスマホでも税務署でIDとパスワードを発行してもらえばe-Taxが簡単に利用できますというわけです。PCを持たない世代や家庭が増えているそうで、スマホさえあれば日常生活では困らないんだそうです。

税務署の悩みは人手不足、これを解消するにはe-Taxの普及と浸透しかないそうです。署をあげて優良申告法人まわりをされているとか。まだサイトがオープンしていないので使ったことはないが、とてもスマホで使いやすく改善されているそうです。その国税統括調査官はいまどき珍しいガラケイをお持ちでしたが。

税務署確定申告裏 (1) 税務署確定申告裏 (2)

 

◆ 医療費控除のツボ、気が付いた医療費控除のポイントを列記しました。

 ・生命保険料控除は会社でする年末調整、医療費控除は自分でする確定申告。

生命保険会社から送られてくる生命保険料控除証明書を年末調整の用紙に貼り付けて会社に提出するのが生命保険料控除、医療費の領収書を集めて自分で確定申告をするのが医療費控除、なんとなく言葉は似ていますが完全に別ものです。

 ・医療費控除は医療費分の所得税の還付、医療費が戻るわけではありません。

医療費控除は医療費の払い戻しをするわけではありません。医療費として支払った費用分の所得税を還付する制度です。原則的に税金を払ってなければ還付はありません。

 ・意外に広い医療費控除対象の費用、補聴器に通院タクシー代、風邪薬まで。

医療費控除の対象となる費用は医療費だけではありません。鍼灸やマッサージ、補聴器、通院費用、薬局で買った風邪薬でも治療目的であれば対象です。

 ・医療費の通知書は期間が不一致、健康保険適用の医療費だけで役立たず。

毎年年明けに協会けんぽなどの保険者から送られてくる「医療費のお知らせ」は健康保険が適用される医療費だけが記載されており、確定申告の期間と内容が一致しません。結局、集めた領収書を集計して自分で医療費控除の明細書を作ることになります。

 ・医療費の通知書だけでは集計できないので領収書は捨てないで。

「医療費のお知らせ」がくるからと安心して領収書を捨てないでください。医療機関の領収書だけでなく薬局の領収書や通院タクシー代の領収書まで怪しい(?)領収書はしっかり残すようにしてください。領収書がないと医療費の集計と確認ができません。

 ・セルフメディケーション税制は労多く還付少なし、でも住民税は安くなる。

セルフメディケーション税制は医療費控除の10万に届かない人のための還付制度です。ややこしい薬局の領収書を集めてOTC医薬品だけを選別して集計する手間はかなり煩雑になりそうです。申請できる金額の範囲が小さいので還付額も少額、せっかくの制度も利用者が伸びていません。

 ・e-Taxの簡便化で確定申告は一気に便利に、IDとパスワードは税務署で。

e-Taxの簡便化でマイナンバーカードやICカードリーダーがなくてもe-Taxで申告書を提出できるようになりました。そのためには免許証持参で税務署に出向いてIDとパスワードを発行してもらう必要がありますが。

・医療費控除の明細書は必要、やっぱりエクセルダウンロードが何より便利。

スマホしかないというなら仕方がないですが、PCでエクセルを使って医療費を集計するとミスが少なくなり結局作業がはかどります。医療費控除の明細書を作成してe-Taxの結果と比較すると間違いが少なくなります。

 ・医療費控除の還付申告は年中可能、さかのぼって5年前まで申告OK。

医療費控除の確定申告は、納税申告ではなく還付申告ですからe-Taxなら年中24時間提出OKです。忘れていても5年前まで申告可能ですから領収書は捨てないでください。

・医療費の領収書は証拠物件、調査に備えて5年保存義務。

e-Taxになって一番面倒なのは領収書保管です。医療費の通知書があれば領収書保存は不要と言いますが、そもそも期間や領収項目が一致しないので結局領収書は全部保存してしまいます。医療費の申告では、よほど異常値かどう見ても保険金か給付金が出ていると思われるケースぐらいしか税務調査できないと思います。税務署も人手不足で困っているからe-Taxを進めているわけですからね。

 ・生命保険などから補填される分はマイナスすることを忘れずに。

多くの場合保険金や給付金がでるとかかった医療費を上回ります。その場合は還付金がありませんので、素直にあきらめてください。自分が加入している生命保険や医療保険から給付金がでるのにそれをマイナスするのはなかなか納得できないと思いますが、それにはそれなりの理屈があります。

 ・医療費は家族合せて、収入の多い人からが原則。

医療費の確定申告は家族の中で一番収入の多い人からが原則です。税率が高い方が還付率もよくなりますからまとめてください。他の家族に収入があってもかまいません。一人にまとめることで10万円の壁が越えやすくなります。

 ・医療費控除の対象となるものならないものは結構ややこしいので都度確認。

医療費控除の対象となる費用は結構判断が難しいのでその都度確認する必要があります。差額ベッド代などは基本的に対象外ですが、医者が治療に必要だと言えば対象になります。見方としては治療なのか治療ではないで判断します。健康診断や健康維持のための費用であれば対象外になります。

 ・所得税なしでも医療費控除の確定申告で翌年の住民税が安くなる。

マンションなどの購入時に住宅ローン減税を適用すると所得税が0円ということがあります。その場合でも医療費控除の確定申告をしておくと所得税の還付金はありませんが、翌年の住民税が安くなる場合があります。

 ・医療費の明細書と医療費控除の明細書は別のもの、区別してください。

医療費の明細書と医療費控除の明細書は別のものですが、内容的には同じものと考えてよいと思います。要するに医療費の人ごと、医療機関ごとの明細書です。

 ◆ 医療費控除をスマホで確定申告、まとめ。

DSCF1777

医療費控除の確定申告をしていない人を結構見かけます。やり方がわからない、めんどう、還付額が思ったより少ない、PCが苦手など理由はいろいろあります。しかしひと手間かければ遣った医療費のいくばくかは戻ってきます。

これまで医療費の確定申告は領収書を集めて整理すれば、あとは国税庁の確定申告コーナーで申告書を作成してプリントアウトしていました。医療費の領収書を添付して税務署に郵送するのです。それがe-Taxの簡便化という改善により税務署でIDとパスワードを手に入れれば、オンラインで申告が完了するようになりました。

マイナンバーカードとICカードリーダ機能付きのスマホならそれだけでe-Taxまで完了できますが、まだICカードリーダー機能付きのスマホは一般的ではないですし、マイナンバーもいまだに写真のないマイナンバー通知書のままという方も多いのではないかと思います。

来年からはさらに進んで、申告書の作成からe-Taxまでスマホで完結できるようになります。そのためには手間がかかりますが、免許証持参で税務署に出向いてIDとパスワードを発行してもらうことが必要です。こればかりは税務署の職員による本人確認が必須になります。

いまだにキーボード引き出しタイプのスマホにこだわるhokenfpもICカードリーダー機能付きのスマホに買い替えようかと思案しています。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です