生命保険は減額の賢いやり方が使える技になります。

CIMG1835

生命保険は減額の賢いやり方が使える技になります。

生命保険には減額というテクニックがありますがついつい忘れがちになります。

保険料が払えなくなって減額ではなく法人の場合は解約返戻金を分割で受け取り一気に雑収入がでることを回避する手段でもあります。

減額をうまく使えば雑収入を分割して次の保険加入で消していくようなこともできます。あまり得なやり方には見えませんが税金というコストを一気に払うよりは溜飲が下がります。

法人税の減税が進めば解約するという選択肢も検討すべき時代になりつつあります。

大事なことは保険の考え方として、一気に解約するのではなく法人契約では部分解約を繰り返し利益調整をしたり、個人では年金のように分割で解約返戻金を受け取るテクニックがあるということをご理解いただきたいのです。そのことは全くコストがかからず、保険会社の担当者か代理店に申し出るだけで簡単に対応できます。何の遠慮もいらない契約者の権利なのです。

ただ注意すべきは生命保険の種類によっては部分解約しているとピークを過ぎてしまうもののありますから解約返戻金の推移を確認しつつ損が出ないように管理する必要があります。

減額とは部分解約はいつでも自由にできる。

ここがポイントです。お忘れなく。

 

Pocket

カテゴリー: 法人保険 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA