経営はモグラたたき生命保険は身を助けるハンディ。

経営はモグラたたき生命保険の解約返戻金はハンディ。

中小企業はもちろんのこと大手企業でも経営は思い通りと言うことはまずありません。

多かれ少なかれ問題やらトラブルやらの連続であり闘いです。

もともと経営に安定などということは期待するほうが無理で、次から次へと重大な問題が持ち上がります。

まるでハインリッヒの法則のごとくヒヤリハットは連続します。特に中小企業は基盤がしっかりしていませんから一つ一つの問題が重大化します。

言ってみれば経営はモグラたたき(所によってはワニたたき)そのものです。

あちらを解決すればこちらから新たな問題が起こります。

CIMG2021多くの場合問題を解決するにはそれなりの出費が伴います。

機械故障から労災事故、幹部の退職、お客様からのクレーム、公的機関からの改善指導等々何でもありですが余裕資金がないと解決できないこともあります。

法人保険の解約返戻金はいわば経営という勝負の場でのハンディです。

ゴルフのハンディと同じで後少し足りない分を補ってくれます。ハンディとしての余裕資金が経営に安心感を持たせます。

法人保険は加入したら忘れてしまうぐらいなら余裕がある証拠です。厳しい経営を続けていると半期に一度くらいは会社で契約している保険の解約返戻金を集計して頭に入れるくらいになります。

私が法人保険の活用をおすすめする大きな理由が緊急予備資金としての解約返戻金が会社を助ける大きな力になるからです。

繰り返しになり誠に相済みませんが、経営はモグラたたき、生命保険の解約返戻金はハンディと申し上げておきます。

Pocket

カテゴリー: 経営と保険 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA