法人保険で損出し節税、益出しすれば赤字が黒字に。

法人保険で損出し節税、益出しすれば赤字が黒字に、簡単に利益が調整できます。

法人で契約している保険は事業保障ばかりが目的ではありません。

財務的な調整弁としてとても有効です。

損金で簿外に資産を積み立てているケースでは解約返戻金がそのまま雑収入となり益出しが可能となります。本業で赤字になるような場合非常な助けになります。

逆の場合は保険積立がある逓増定期保険を名義変更するとき損が出ます。損出しできるものは他にも変額保険や証券、不動産、ゴルフ会員権などもあります。

しかし最も手っ取り早いのは保険料を損金処理ができる保険です。法人保険を活用することで会社の利益をある程度コントロールすることも可能になります。CIMG2023

事業承継・相続設計だけでなくあらゆる場面で法人保険は使い勝手があります。

実質返戻率を理解できる人はいない|法人保険の真価について。

保険の強みは契約ですので解約返戻金などは契約時点で景気変動に関係なく確定しています。またわずかの手間でキャッシュに早変わりします。

例え契約している保険会社が破綻しても別の保険会社に契約が引き継がれたり生命保険契約者保護機構がセーフティーネットとして機能します。

また保険独特の融通性として部分解約や契約者貸付、失効等の活用範囲はとても多彩なのです。

資金準備には法人保険が一番である理由が3つ。

法人保険の機能は保障、節税、財務コントロールの3つに集約。

 

Pocket

「法人保険で損出し節税、益出しすれば赤字が黒字に。」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です