医療費控除、還付金は8万円。

医療費控除e-Taxで国税還付金を1月中にゲット完了。

CIMG3629追記3/1:◆ 確定申告1カ月延長、4月16日(木)まで。e-Taxが便利で安全、郵送でも感染リスクなしです。

いよいよ税務署の申告書の受付が始まります。 2020年(令和2年)の確定申告期間は2月17日(月)~3月16日(月)までとなっています。申告後の所得税は確定申告の期限日である3月16日(月)までに納付しなければなりません。

個人事業者などの納税が必要な方は、この期間に税務署に出向いて申告書を提出し、納税します。しかしe-Taxで確定申告をすれば、1月から申告することも可能です。

医療費控除などの納税を伴わない還付申告は上記の確定申告期限に縛られることはありません。したがって1月中に申告から国税還付金の入金まで終えることも可能です。一月末には早くも医療費控除の国税還付金85,677円をゲットしました。

 ◆ 税務署の申告書受付まで(1月31日)に還付金をゲット。

hokenfpは協会けんぽの医療費の通知書を待たずに医療費の領収書を整理して、e-Taxで医療費控除の申告を1月11日に済ませました。その結果、1月31日には国税還付金が振り込まれました。申告書のコピーや領収書、関係書類はファイリングしてあります。領収書は5年間保存義務がありますので、かさばりますが捨てないで下さいね。

国税庁からは国税還付金振込通知書というハガキが来ます。hokenfp家の還付金通知の見本です。

国税還付金振込通知書

還付金額がなんと85,677円、一体いくら医療費がかかっているか人には言えません。もちろんこの間の保険金や給付金はありませんでしたから、医療費はすべて控除対象となりました。人によって還付金額は異なりますが、こずかい程度にはなります。我が家にとって8万円はこずかいどころではなくもはや生活費です。

所得税が還付されると所得税を基準に算定している翌年の住民税もお安くなりますから決してバカにできない金額なのです。

 ◆ 医療費控除の申告は必要な情報資料が揃えば1月頭から可能。

医療費控除の申告は早く出せば出すほど処理も早くなるようです。毎年、確定申告時期の前後にはe-Taxの利用時間が24時間可能になります。実際は、 2020年(令和2年)の確定申告期間は2月17日(月)~3月16日(月)までですが、e-Taxは確定申告期間よりも1ヶ月以上早い、1月6日(月)から24時間利用可能です。いつでも夜でも申告ができるというわけです。

ただ予定表によると毎週月曜日は午前0時から翌朝8時半までメンテナンスになっています。日曜の夜から始めて、もし深夜になるとシステムが停止して困ることになるかもしれません。ご注意下さい。

 ◆ 医療費控除などの還付金の申告は5年以内、いつでもOK。

(納税の申告は期間指定2/17-3/16です。)

毎年、申告時期になると憂鬱な方も早めにe-Taxですませれば、申告期間を気にせずにゆったり過ごせると言うものです。しかし、実際は納税を伴わない還付金の申告は5年間いつでもOKです。慌てる必要はないのですが、締切りがないことはなかなか手がつかないものです。思い立ったが吉日、すぐにe-Taxで医療費控除の確定申告を始めてください。

◆ e-Taxでの申告手順はこちら。

■医療費控除e-Tax全手順まとめ。

込み合う税務署の申告会場を避けてスマートに医療費控除の確定申告を行うためには何と言ってもe-Taxが便利です。自宅にいながらすべてが完結してしまいます。国税庁の確定申告等作成コーナーはパソコンが苦手な方でもわかりやすいサイトになっています。(とは言っても初めての方には敷居が高いかもしれません。)ただ、e-Taxをするためには税務署に出向いて利用者識別番号とパスワードを設定する必要があります。税務署に行く時間がない方は確定申告書作成コーナーで申告書を作成し郵送で提出することも選択できます。

■国税庁 確定申告書等作成コーナー

◆ 医療費控除、国税還付金ゲットまとめ。

CIMG3628

医療費控除の確定申告はここ数年で大きく変わりました。もっとも手軽に申告する方法を模索しつつ、生命保険金や給付金を受け取るとその分は控除しなければならない理由を調べていくうちにずいぶん詳しくなりました。税務署で利用者識別番号とパスワードを設定してもらいe-Taxも使えるようになりました。

この経験を発信できれば皆様のお役にたつのではないかと思いいくつもの記事を書いてきました。法人保険からは少し外れますが、一部保険の知識が必要なところもあります。それで分かったことは、まだまだ医療費控除の申告のやり方をご存じない方が多く、医療費が10万円以上かかっているにもかかわらず泣き寝入りされている方も見かけます。

手間はかかりますが、じっくり取り組めば必ずクリアできます。hokenfpは毎年1月中に国税還付金をゲットしています。ぜひe-Taxで医療費控除の確定申告をされてあなたも還付金をゲットしてください。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です