相続税で不動産を売却するのは愚の骨頂。

相続税で不動産を売却するのは愚の骨頂です。

相続税の納税資金を準備することは相続税の節税以前にやって置かなくてはなりません。

相続税がかからない程度なら良いのですが地価が高くなったのと相続税の増税によりにわか成金じゃなかったにわか相続税の皆さんはめぼしい資産なし、自宅とわずかな現金というケースも多いようです。

こういう場合唯一の不動産たる自宅を処分するほかなくなります。それも相続が発生してからの売却は難しく、

いやな言い方ですが足元を見られて買いたたかれるのが落ちです。相続発生から相続税の納税期限までわずか10ヵ月という短さです。

よほど立地の良い物件でない限り、不動産の売買では期限があれば確実に不利になります。CIMG2034

それゆえに相続税を試算してみて納税資金のめどがたたないようなら早めの対策を打っておく必要があります。

地価の高そうな自宅不動産をお持ちのケースは相続発生前に不動産の換金手段について専門家に相談されるのが良いと思います。

とにかく相続が開始してからでは時間的に選択肢が限られ、焦りが損失を招かないとも限りませんからね。

それよりは生命保険ですね。

◆相続対策は生命保険が圧倒的に有利な9つの理由

Pocket

カテゴリー: 相続と保険 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA