ローンは繰り上げ返済するな!

ローンは繰り上げ返済するな!

保険は相談するな!とは申し上げましたが、今回、ローンは繰り上げ返済するな!などと意味不明なことを言い出しております。決してコロナウイルスに頭をやられたわけではなく賭け麻雀で負けた訳でもありません。相続税がかかるような場合はローンの繰り上げ返済しないほうが良い場合があるのです。相続税がかかるかどうかの分岐点が相続税の改正以後下がりました。かなり多くの方に影響があるように思います。

◆ 相続税対策は節税より納税資金対策。

相続対策は相続税の節税対策ではなく納税資金対策が重要であることは、過去の記事の中でも再三申し上げてきました。不動産屋や建設会社の口車に乗って節税のためにお金を借り、賃貸アパート経営に失敗して元も子もない人のことが法事で話題になることがあります。確かに相続税は無くなりましたが虎の子の財産をなくしてしまったのでは意味がありませんね。景気は水ものです。いつまでも右肩上がりというわけにはいかないのです。今回のコロナ危機のように新型のコロナウイルスだけであっさりと景気の先行きは不透明になりました。

◆ 納税キャッシュがあるかどうか。

相続税がかかるということは、相続税を期限までに現金で納税しなければならないということです。ところが財産といえば親の家屋敷ばかりでキャッシュはそれほどお持ちでないケースがあります。普通にサラリーマンをして、子供を大学にやりマンションのローンを払っていれば手元にキャッシュが残るはずがありません。繰り上げ返済をしたくてもまとまったお金は宝くじくらいしか期待できないですから、もともと相続税の納税キャッシュが潤沢にあるわけではないのです。

それでも地価の高い都心の周辺や交通至便な駅前などは、そこそこの評価になり、相続すれば相続税がかかる場合があります。相続財産は換金性の低い不動産が主体というのはよくあるパターンです。それゆえ相続税がかかるなら手元資金が必要になります。もし退職金などで一時金が手に入っても今一度よく考えて繰り上げ返済をすべきか、納税のための手元資金として残すかをお考えください。

◆ 保険金は確実な納税資金。

そうは言ってもローンは心の重荷、70歳までのローンを抱えていると、繰り上げ返済したいと思う気持ちはわかります。経験がありますから言えますが、ローンは目に見えない重荷であると同時に、抱えていると自由がないのです。新しい人生の選択肢が制限され、気が重いのです。

 生命保険金で納税資金が用意できているなら、退職金でローンの繰り上げ返済をすることは、利払いを減らすことになりお得になります。相続人の納税資金対策として生命保険はやはり有効な手段なのです。ここでは詳しく触れませんが、生命保険金は受取人の固有の財産です。相続税の課税対象の財産にはなりますが、遺産分割で分ける必要がないありがたいお金になります。

 特に、兄弟姉妹がいて遺産分割を要求されそうなときは、生命保険金で代償分割を行うことができます。この場合は、兄弟姉妹に支払ったお金には贈与税がかかりません。生命保険は何かと万能でかつ安全確実な資金を提供することができるのです。

◆ まとめ

思いがけない相続税で苦労しないためには、まず相続財産の評価が必要です。でも節税に興味のない被相続人に正確な相続財産の目録をお願いするのは骨が折れます。何度必要性を説明しようとも、相続対策もしない遺言書も書かないというかたくなな親の気持ちもよくわかりますから、ここが大きな壁になることは間違いがありません。少なくとも相続税が足りないからと言って銀行では納税資金のためのローンは組めないと思います。大枠で財産額を把握しておき相続税がかかるかどうか、かかるとすればいくらくらいか、遺産分割の落としどころ、納税資金を生命保険で確保する設計をじっくり考えてみることをおすすめします。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です