月別アーカイブ: 2014年12月

相続税の大衆化時代がやってきた。

相続税の大衆化時代がやってきたと言えるでしょうか。     平成27年1月1日より相続税の基礎控除が変わります。多くの方が思いがけない相続対策に取り組んでおられることと思います。 巷間、書籍も氾濫して … 続きを読む

カテゴリー: 相続と保険 | コメントする

養老保険のハーフタックスは退職者注意。

養老保険のハーフタックスは退職者注意です。 会社の福利厚生として養老保険を社員全員にかけるケースがあります。養老保険ですから満期には払込保険料以上に戻ってきますから当然資産計します。これを 契約者:会社 被保険者:社員 … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | 2件のコメント

贈与で子供に金を残すくらいなら使い切りなさい。

子供に金を残すくらいなら使い切りなさい。 お金というものはあったらあっただけよいというものではないように思います。   少し足りないくらいがもめ事が少なくなります。子供は可愛いからお金を渡したくなるのが親心です … 続きを読む

カテゴリー: 贈与と保険 | コメントする

退職社員の解約はいつすればよいか、悩ましい問題でもあります。

退職社員の解約はいつすればよいか、保険契約の管理を担当すると退職社員の保険の解約時期が問題になります。 一般的にがん保険で考えると最初の数年は解約返戻率が低いためできれば引っ張りたいところです。 でも心配なのは税務調査で … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

引退間際の経営者の本音は、やめたくはない。

引退間際の経営者の本音は、格好だけでやめたくはないのです。 ホラ吹き3兄弟といわれるカリスマ経営者である孫正義・永守重信・柳井正の3氏は引退など頭の中に実はないのです。 オーナー経営者はみな同じ、本音で引退したいとは思っ … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

生命保険 | 払込免除特約の功罪。

払込免除特約の功罪、保険会社は各社保険料払込免除特約を普通に付けてきます。 三大疾病になれば保険料はそれ以降不要になる特約です。   この特約は当然その後の保険料負担リスクをを前払いしていることになります。 業 … 続きを読む

カテゴリー: 保険余話 | コメントする

贈与者と受贈者の気持ちは、えこひいきが贈与の本音。

贈与者と受贈者の本音、贈与者は通常親か祖父母になりますが贈与する立場で本音を言うと 節税はしたしされど無闇に贈与はしたくないといったところです。 贈与する側が自分で通帳も印鑑も管理して定期的に贈与証書を作成して念のために … 続きを読む

カテゴリー: 贈与と保険 | コメントする

教育資金一括贈与は無意味か安心確実か?

教育資金一括贈与は安心確実か? 2015年12月31日までの時限措置として孫への教育資金贈与が1500万円まで非課税ということです。 (同制度は平成30年3月31日まで延長されています。) 但し金融機関を窓口として学校を … 続きを読む

カテゴリー: 贈与と保険 | コメントする

感謝される贈与のやり方をこっそり伝授

 感謝される贈与のやり方をこっそり伝授しましょう。 贈与はもらう側にとってとてもうれしいのです。現金を手渡してくれるのは実感が伴うので感謝の気持ちも倍増です。 でも普通は大事に遣うつもりがしばらくすれば大方なくなって何に … 続きを読む

カテゴリー: 贈与と保険 | コメントする

贈与の基本的な考え方私見

贈与の基本的な考え方私見です。 贈与はよく考えて安易に行わないことが大事です。知り合いの経営者がぼそりと言いましたが 「汗水垂らして稼ぐのと違ってお金をただでやるとろくなことがない。」 確かに不労所得を手にすると後継者の … 続きを読む

カテゴリー: 贈与と保険 | コメントする

兄弟姉妹に贈与|公平か内緒か、間違うと一大事。

兄弟にどう贈与するか公平主義か秘密主義か、内緒にすべきか誰しも悩むところです。 子どもに贈与する場合独りならよいのですが兄弟姉妹がいる場合は公平にしたくてもそうはいかないケースの方が多いですね。 もともと嫁にいったり独立 … 続きを読む

カテゴリー: 贈与と保険 | コメントする

贈与は孫にするとゼッタイお得な理由。

贈与は孫にするとお得な理由があります。 財産を贈与すると贈与税という税金がかかります。相続財産として子に残すと相続税がかかる場合、贈与を考えます。贈与には基礎控除として受贈者一人一年あたり110万円の非課税枠があります。 … 続きを読む

カテゴリー: 贈与と保険 | コメントする

親不孝┃この子にはあげたくない贈与。

親不孝、この子にはあげたくない贈与。 贈与税は相続税の補完税的性格があります。相続財産の前渡しのような仕組みですから税率的にも額が大きくなると相続税より不利になるようになっています。 相続税より贈与の税金が安ければ生前贈 … 続きを読む

カテゴリー: 贈与と保険 | コメントする

気安く贈与する失敗が招く家庭不和。

気安く贈与する失敗、贈与税がかかるかからないに関わらず贈与すれば何も考えていない子等が相続財産を意識するようになります。 親の方がまだ十分に財産を把握していないうちに子供は相続関係の本を購入して勉強を始めあれこれ言ってく … 続きを読む

カテゴリー: 贈与と保険 | コメントする

贈与、贈る気持ちともらう側の腹積もりが複雑怪奇。

贈与、贈る気持ちともらう側の腹積もりはどうしても複雑な心理になります。 何の見返りも求めるつもりもなく純粋にあげたい気持ちで贈与しても、気がついたら、頼んだことは気持ちよく何もしてくれない、自分の用事がなければ帰ってもこ … 続きを読む

カテゴリー: 贈与と保険 | コメントする

生命保険は失効するのもテクニック。

生命保険は失効するのもテクニックです。 個人ではあまり失効テクニックを使うことはないと思います。例えば保険料が払えなくなった結果、意図せずに失効してしまった場合でも3年以内にそれまでの保険料をまとめれ払えば復活できるとい … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

贈与は生命保険で受けるのがベスト|安全確実ムダ遣いなし。

贈与は生命保険で受けるのがベストだと言えます。 親が子に贈与するとき一番の心配は贈与したお金を無駄に使うのではないかということだと思います。   できれば貯金しておいて大きなお金が必要になったときの足しにして欲 … 続きを読む

カテゴリー: 贈与と保険 | コメントする

生命保険の名義変更は使えるスキーム

生命保険の名義変更は使えるスキーム、保険の名義変更といえば二つのことがあります。 一つは逓増定期の名義変更で一時所得を得るスキームです。 これはまだ有効な節税効果の高い方法です。 もう一つは会社で保険をかけある程度経過し … 続きを読む

カテゴリー: 相続と保険 | コメントする

生命保険は減額の賢いやり方が使える技になります。

生命保険は減額の賢いやり方が使える技になります。 生命保険には減額というテクニックがありますがついつい忘れがちになります。 保険料が払えなくなって減額ではなく法人の場合は解約返戻金を分割で受け取り一気に雑収入がでることを … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

生命保険契約残す書類いらない書類。

生命保険契約残す書類いらない書類、保険を契約すると様々な書類が手元に残ります。 どれを見てもよくわからないというのが実際のところでしょうが残す書類とそうでない書類を区別する必要があります。 一件二件の契約なら全部残せば良 … 続きを読む

カテゴリー: 保険余話 | コメントする

生命保険の残高証明は出せるわけがない。

生命保険の残高証明は銀行預金の残高とは違います。 生命保険の残高証明は出せないのです。生命保険はその種類に応じて経理処理が変わります。費用で落とせないものは資産計上します。終身保険や養老保険では全額資産計上ですが長期平準 … 続きを読む

カテゴリー: 法人保険 | コメントする

OB税理士の先生、有税で節税保険はかけまへんで。

OB税理士の先生、有税で節税保険はかけまへんで! OB税理士さんのことは前回書きました。 税務署上がりのOB税理士の先生です。よくある話ですがガン保険を既得権で抱えている企業は退職慰労金の支給時期までなるべく解約したくな … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

OB税理士さんそれでは節税になってまへんが!

OB税理士さんそれでは節税になってまへんが、元税務署税理士さんという資格があります。   れっきとした税理士の先生には違いないのですが普通の税理士試験に合格した正規の税理士さんとは違い税務署を資格を満たして定年 … 続きを読む

カテゴリー: 経営と保険 | コメントする

逓増定期の名義変更による雑損失はおいしい仕組み

逓増定期保険の名義変更による雑損失はおいしい仕組みです。 利益のでている企業にとって雑損失の項目は中身にもよりますがありがたいこともあります。 なぜなら雑損失で落とした分は税金を払わなくてよい、つまり税金というコストがか … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

保険営業経費は自分持ち、金はかかるがケチればジリ貧。

保険営業経費は自分持ち、保険の営業職員はほとんどの会社で成果報酬型で、暮らしていけないほどの基本給に契約獲得の多寡に応じて成績給がONされる仕組みです。 社会保険や退職金の制度はありますが毎年3月には個人事業主として確定 … 続きを読む

カテゴリー: 保険余話 | コメントする

養老保険 | 逆タックスの終焉。

逆タックスの終焉、P社が売り止めを決めて他社も追随する形です。 直近では近く社名が変わるI社も同様の対応となりました。 養老保険を売り止めにするのではなく満期保険金を被保険者が受け取る契約形態が売り止めというわけです。 … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

相続時精算課税制度は節税できる仕組みではない。

相続時精算課税制度の勘違いについて。 相続時精算課税制度はどうも適用例が少ないようでが中小企業の自社株を後継者に贈与する時などに有効です。 相続税の先払い的な性格がありますが、本質的には制度自体に節税機能はないので一般的 … 続きを読む

カテゴリー: 相続と保険 | コメントする

生命保険嫌いについて考察しました。

生命保険嫌いと言う人は保険の営業をしていると結構いらっしゃいます。 保険嫌いという方は飛び込みで行くと時々出くわします。愛想のよい顧客よりよほど見込み客に近いのです。 しゃべってみると保険嫌いと言うからにはそこそこ保険の … 続きを読む

カテゴリー: 保険余話 | コメントする

法人保険で節税する基本的な考え方は全損から返戻率へ変わる。

法人保険で節税する基本的な考え方、法人保険は各社とも全損商品がなくなり設計が難しくなりました。 一部の会社には全損商品がありますが使い勝手が悪いし被保険者の被齢が高いと返戻率がかなり悪くなってしまいます。 保険で節税する … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする

一時所得の税率より特別控除が毎年できない理由が重大。

一時所得の特別控除が毎年できない理由、一時所得は特別控除の50万を引いて残りの半分に所得税がかかります。 一時所得の税率から言えばの半分は非課税ということです。 これはホントに利用価値があります。逓増定期保険の名義変更で … 続きを読む

カテゴリー: 節税保険 | コメントする